【ダメージ】シーズン2あらすじと解説。復讐に燃えるエレンにパティは逃げ切れるか? | Dramas Note

【ダメージ】シーズン2あらすじと解説。復讐に燃えるエレンにパティは逃げ切れるか?

ダメージ シーズン2(出典:Amazon)


【ダメージ】シーズン2あらすじと解説。

ホテルの一室で酒を片手に何者かに話しかけるエレン。

「真実を話してほしいだけだけど、無理なようね。」

そう言うと彼女は銃を手に取り…。

エレンが銃を向けた相手は誰なのか?

なぜこのような状況になったのか?

時間を遡って暴かれていくフラッシュバックサスペンス【ダメージ】シーズン2のあらすじと感想をお届けします。

スポンサーリンク

【ダメージ】シーズン2のあらすじ

パティに利用され婚約者デイヴィットを失ったエレンは復讐すべきか全てを許すべきか迷っていました。

そんな中、パティ逮捕のため陰で動いているFBIから協力を依頼されます。

FBIと手を組み、弁護士として再びパティの事務所で働き始めることにしたエレン。

今シーズンのメインとなる訴訟は、エネルギー会社アルティマ・ナショナル・リソース(UNR)の環境汚染問題です。

被害者側の弁護を引き受けているパティは、訴訟を勝ち取るためなら手段を選びません。

今回もあらゆる手で攻めていくのですが、今シーズンでは彼女もまた裏切られることになるのです。

以下、結末に関する重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。

スポンサーリンク

【ダメージ】シーズン2の見どころ

エレンはパティを襲ったのか?

冒頭でエレンが銃を向けていた相手。

これが今シーズンの中でも気になる事のひとつだと思います。

最初は誰なのか映し出されませんが、ストーリーが進むにつれて銃の先にいたのがパティであることが分かります。

婚約者が殺されたり、自分が襲われたのはパティが黒幕だと思っているので、疑惑が確信となった時にエレンの感情が爆発してしまう気持ちも分かります。

最後のシーンに至るまでに、お互いが騙し騙されという駆け引きが続くのですが、実はここにUNRの株価を操作していた男が絡んでいたのです。

エレンの部屋を訪ねていく直前に、エレベーターの中でパティは男に刺されてしまっていました。

ここもフラッシュバックで、真相はエレンと会ってから明かされるという手法を使っています。

エレンはパティの敵なのか?味方なのか?

とにかく最後の最後まで真実が分からずにドキドキです。

エレンに近寄る男

エレンが通っているカウンセリングに、同じく参加者として来ていたウェス。

実はカウンセリングに参加したのはエレンに近づく口実で、最初は敵サイドの人間でした。

よくあるパターンですが、エレンと付き合ううちに本当に愛してしまうようになり、仲間を裏切ってエレンを守る人へと変わっていきます。

エレンもウェスには心を許し、亡くなったデイビットのお墓で彼の事を話していましたが、今後エレンを守る守護神となってくれるのか、シーズン3に期待です。

パティの秘密

パティと関わり不幸になっていく人が多いのですが、パティ自身もまた100%幸せな人ではありません。

シーズン2では、パティの私生活の秘密も色々と明らかになっていきます。

35年前に女の子を出産するも亡くしていました。

生きていればエレンと同じくらいの年です。

この事はパティにとって大きな心の傷となっていたようで、一度もお墓を訪れたことがなかったようです。

そして反抗的な息子も、実は今の夫との子どもではありませんでした。

その息子は、大学の願書は出さなかったり年の離れた恋人を連れてきたりと、パティの母心をかき乱します。

さらに、夫の浮気騒動で離婚問題が勃発したりと、弁護している事件に負けず劣らず私生活も荒れ放題のシーズン2となっています。

スポンサーリンク

【ミニ情報】

ウェス役のティモシー・オリファント

今シーズンでエレンに近寄ってきたイケメンのウェスを演じているのは、数々の映画やドラマに出演しているベテラン俳優ティモシー・オリファントです。

1968年生まれで現在51歳のティモシーですが、ドラマの中ではもっと若くみえました。

今作ではエレンに味方して助けてくれましたが、映画【ダイハード4.0】や【ヒットマン】などでは悪役を演じるなど、多様な役をこなしています。

私生活では3人の子どもを持つ優しいパパさんのようです。

アメリカでの訴訟問題

パティは問題を法廷に持ち込まずに和解で処理する能力に長けています。

訴訟大国と呼ばれるアメリカ。

ちょっとしたことでも、すぐに訴訟沙汰になるイメージがあります。

日本と比べて訴訟件数が何倍も多いアメリカですが、途中で和解になる事が多く、アメリカでの判決率は僅か3.3%ほどで、日本の47.4%に比べて非常に低くなっています。

法廷での争いを描いたリーガルドラマがたくさんありますが、実際にはパティのような和解に持ち込むケースが多いようです。

スポンサーリンク

【ダメージ】シーズン2の感想

冒頭にラストシーンが描かれているにも関わらず、今シーズンも最後までどうなるのか分からないドキドキのストーリーでしたが、シーズン1で残っていた謎もほぼ明らかとなりました。

フロビシャーも生き残り、今回の事件にも少し絡んできたものの、それほどメインのキャラにはなっておらず。

ずっとパティの事を恨んできたエレンでしたが、最後はパティサイドについて終わりとなりました。

次のシーズンではこの2人がどのような関係になっていくのか楽しみです。