PR
PR

「楽游原(らくゆうげん)」37話・38話・39話のネタバレ感想

ロマンス
(c)Beijing Qishuo Film Co., Ltd
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

「楽游原(らくゆうげん)」37話・38話・39話のあらすじネタバレ感想。

妻が殺される幻覚を見た崔倚は吐血して正気を取り戻しました。その後、崔倚は蕭妃や李玄沢と一緒に暮らし始め平穏な日々を送ります。

PR

37話のネタバレあらすじ

*自動翻訳で視聴したため、役職名や固有名詞などが正規の日本語字幕とは異なる場合があります。

Movie Poster

妻が殺される幻覚を見た崔倚は吐血して正気を取り戻します。胸に溜まっていた血を排出したことで、病から回復したのです。

その後、蕭妃と李玄沢が暮らしている清雲観に崔倚も住むこととなり、崔倚は李玄沢に武芸を教えたりしながら平穏な日々を送ります。

その頃、顧相は掲碩人の烏延と密会していました。顧相は崔琳を殺してくれたら望むものを何でも与えると交渉すると 烏延は快諾します。ただ、柳承鋒が崔琳を慕っているため、柳承鋒が邪魔をするのではないかという懸念がありました。

そこで、烏延は顧相に、柳承鋒は崔琳を拉致して駆け落ちする計画を立てているから、その計画に乗って崔琳を拉致したあとで殺せばいいと提案します。

一方の柳承鋒は阿恕に自分と同じ「柳」の姓を名乗るよう勧め、そうすれば家族になれると言いました。阿恕は感激した様子で「柳恕」と呟いてみます。


現在、崔家軍の兵は各地で辛い目に遭っており、譚副将軍が崔琳に会いたがっていました。崔琳は桃子と一緒に譚副将軍に会いに行きましたが、実はこれは崔琳を拉致するための柳承鋒の罠で、崔琳と桃子は眠らされて攫われてしまいます。

崔琳の身に何かが起こったことを察知した李嶷は、ただちに西長京の門をすべて閉じるよう命じました。

柳承鋒は拉致した崔琳と桃子をひとまず、烏延がいる掲碩の隠れ家に連れて行きました。そして柳承鋒は、桃子をどうするかは烏延に任せると言うと、烏延の配下が桃子を剣で突き刺します。

感想

崔倚の心の病が治って良かったです!李玄沢に武芸を教える崔倚が生き生きしているのを見て安心しました。

孤児で両親も名前もなかった阿恕にとって、柳承鋒は兄代わりのようなものだったのかな。だからこれほどまでに柳承鋒に忠実なのかと合点がいきました。

ラストシーンで桃子が刺されていましたが大丈夫でしょうか。

PR

38話のネタバレあらすじ

*一部ストーリーが前後しています

Movie Poster

李嶷は兵を動員して崔琳と桃子を捜索します。そんな中、刺された桃子は死体置き場に捨てられます。

宮中では皇帝が、門を閉鎖し兵を動員している李嶷の動きを知り謀反を起こすのではないかと不安に駆られていました。

一方、柳承鋒は烏延に殺されそうになっていました。なぜ殺すのかと聞かれた烏延は柳承鋒が貪欲だからだと答え、柳承鋒の私欲のせいで多くの精鋭隊が死んだことを責めます。

すると柳承鋒は、もし自分に何かあれば阿恕が、掲碩と顧相が結託していることや掲碩の拠点を李嶷に密告する手筈になっていると言いました。

烏延は柳承鋒を縛り上げて拷問にかけ、阿恕の居場所を吐かせようとします。しかし柳承鋒が口を割らないのを見て、烏延はそれならば崔琳を殺すと言いました。

柳承鋒は崔琳を殺すのなら自分の手でやらせて欲しい、ただし彼女の体を美しいまま残したいと交渉すると、烏延は柳承鋒に体を綺麗に保ったまま死ねる毒薬を渡しました。

柳承鋒は崔琳を腕に抱きながら「もし来世があるなら少しでも好きになってもらえたら嬉しい」と言い、崔琳に毒薬(たぶん偽物)を飲ませます。外では李嶷が捜索中で、それを察した烏延たちは崔琳の体をこの場に残したまま抜け道から撤退しました。

残された柳承鋒は渾身の力で門に体当たりし門を突き破ります。しかしここは上階にあるため、柳承鋒は門を突き破った勢いで落下しました。ちょうど付近を捜索していた李嶷が駆け寄ると、柳承鋒は最期の一声を振り絞り崔琳を助けて欲しいと伝えて死亡します。

崔琳を見つけ出した李嶷はすぐさま宮中へ連れ帰ったものの、医師たちは崔琳が死亡していると告げるのでした。李嶷は深く悲しみます。

感想

柳承鋒は決して美しい死に様ではなかったけど、心に残る死に様でした。最期の最期まで崔琳を助けようとしていたことから、柳承鋒が崔琳に飲ませた毒薬はたぶん偽物ですね。おそらく、仮死状態にする薬ではないでしょうか。

PR

39話のネタバレあらすじ

Movie Poster

謝長耳は死体置き場で桃子を見つけたものの、桃子は瀕死状態でした。診察した医師によれば、桃子は事前に何かしらの薬を服用しておりそのおかげで息があるとのこと。謝長耳はどうにか桃子を救ってほしいと懇願しますが、医師は助けられる確率は低いと言うのでした。

李嶷に会いに来た阿恕は、顧相が孫靖と結託していたことや、顧相が掲碩とも手を組んだことを話します。そして、すべてを話し終えた阿恕は柳承鋒の遺体を埋葬させてほしいとお願いし、李嶷はそれを承諾しました。

その頃、顧相は烏延から事の成り行きを聞き、もしも阿恕が李嶷にすべてを密告したら一族が滅亡してしまうと危惧します。そこで、顧相は皇帝に会いに行き、李嶷を廃太子にして軍権を取り上げるべきだと訴えます。皇帝はすべてを顧相に任せることにしました。

顧相が皇帝を護衛するために私兵を配置する中、李嶷は崔琳の棺とともに皇帝のところへ乗り込みます。そして、李嶷は顧相が孫靖と結託していたことや、その後は掲碩と手を組み崔家軍を解散に追いやったこと、さらには皇太子妃の殺害を企てたことを明らかにしました。

皇帝が戸惑う中、顧相は私兵に李嶷への攻撃を命じますが、李嶷は顧相の私兵が揭碩人だと暴きます。すると、揭碩人の烏延らは皇帝と皇后を人質に取り逃げようとしました。

李嶷が一瞬の隙をついて皇帝と皇后を救い出す中、棺の中で目覚めた崔琳も参戦します。李嶷と崔琳は揭碩人を一掃し、逃げようとした顧相も殺害しました。

そうして事態が収束した後、李嶷は崔琳が生きていたことを喜びキスをします。

感想

顧相が孫靖と結託していたとは驚きました。でも確か、李嶷が孫靖から西長京を奪還した際、顧相は奪還に貢献していましたよね。ということは、顧相は孫靖を裏切ったのでしょうか。

それにしても、「私をたくさん悲しませ、たくさん泣かせた」といじける李嶷が可愛かったです。その後のキスも感情がこもっていて素敵でした。

「楽游原」(c)Beijing Qishuo Film Co., Ltd
本ページの情報は2024年5月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。