『家売るオンナの逆襲』第2話の見どころと感想。ワケあり客に万智が取った奇想天外な販売法が驚き! | Dramas Note

『家売るオンナの逆襲』第2話の見どころと感想。ワケあり客に万智が取った奇想天外な販売法が驚き!

テーコー不動産新宿営業所に返り咲いた伝説の女・三軒家万智。奇想天外な手法で家を売りまくっています。

そんな無敵の万智の前に現れた謎の男・留守堂。

今回は、どんな手法で家を売るのでしょうか!?

『家売る女の逆襲』2話のあらすじや見どころ感想をご紹介します。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』2話のあらすじ

最近、庭野が担当している客・神子巴(泉ピン子)は、希望に合う物件を紹介するも、全て却下されてしまいます。

その客に目をつけた万智は、その日から家に帰らず夜の街に出ていきます。

神子に気に入ってもらえる物件探しで残業し、終電を逃してしまった庭野は、仕方なくインターネットカフェに一泊することにしたのですが、狭い部屋や色んな音のため、眠れぬ一夜を過ごします。

万智がめずらしく鼻歌をうたっていることに驚くテーコー不動産の社員達ですが、留守堂だけはその歌について何か知っている様子。

実はその歌が流れている場所は、庭野が泊ったインターネットカフェの店の歌だったのです。

再び終電に乗り遅れた庭野はまた同じインターネットカフェへ行くのですが、そこには万智も現れます。

そして、なんと神子にも遭遇!神子は住んでいたアパートが取り壊され、次に住む場所が見つからずネットカフェ住人となっていたのでした。

さらにそのカフェには留守堂も常連として泊っていることが判明します。

万智と留守堂の目的はどうやら同じ様子。

万智は神子に最適な家を見つけるために、またもや大胆な行動にでるのでした。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』2話の見どころと感想

サンチーの主婦姿

課長・屋代の話から、万智の家での様子が少し垣間見れたエピソードでした。

家事などやらないようなイメージの万智ですが、屋代の食事は常にフルコース、完璧な……完璧すぎる手料理を振舞っていることが判明。

屋代は、この万智の完璧な手料理に少しお疲れ気味の様子で、BARちちんぷいのママが作る”べちゃっとした焼きそば”に癒しを求めていました。

家に帰れない時も、万智は夫のために世界各国の料理を作って冷蔵庫に入れておくという、なんとも完璧な主婦なのですが、ある夜、屋代とスーパーで鉢合わせ。

万智が不在の夜に、カップラーメンを食べようとしている屋代に万智は自分の料理が嫌だったのかと屋代に問いただし、屋代はタジタジ……。

仕事だけでなく、家事も一生懸命な万智が少し可愛く思えた一面でした。

鼻血だしまくりな人々

ドラマ『家売るオンナの逆襲』最終話(10話)サンチーがあのイスに昇りつめる!VS留守堂との結末は?
万智のことを自分を助けてくれた”女神”だと思っていた留守堂でしたが、全ては彼の勘違いだったことが発覚しました。ショックで…

今回は、色んな人が鼻血をだしまくっちゃいました。

フェンシングクラブで留守堂と仲良しの足立は、留守堂に見つめられて鼻血がツー。

BARちちんぷいで働く白洲美香は、足立が連れてきた留守堂を見て鼻血ブー!

テーコー不動産社員時代に大好きだった足立とのダブルイケメンに興奮してしまったのです。

そして、足立とちちんぷいのママの白洲に対する態度がすごーくきつくてめちゃくちゃ笑えました。

足立さんは、同僚だったときはきっと遠慮していたのですねー。今回は、白洲に対して毒吐きまくりです!

さらにインターネットカフェの個室で万智と二人きりになった庭野も鼻血が……。

鼻血について真剣に悩む足立は万智に相談します。

なんで万智に相談??と思っちゃいましたが、意外と的確なアドバイスを与える万智。

足立もスッキリしたようです。

奇想天外な販売

神子に最適な家を探すために、まず万智がしたことは、屋代がお金を下ろそうとATMに行ったところで判明します。

なんと、二人の預金を全額おろしていたのです!持ち逃げか!?と動揺する屋代でしたが、万智はそのお金でインターネットカフェをまるごと買い取っていたのです。

社会の吹き溜まり、人間のクズが集まるような場所は潰した方がいい!という万智。

それに対し、そんな人たちだって吹き溜まりは必要だという神子に、このインターネットカフェを買い取るよう提案。みごと売ることに成功します。

神子は”インターネット ばばぁ”というネットカフェを開き、利用する人たちに愛される人となってイキイキと生きて行ける場を見つけることができました。

夫婦のポケットマネーを勝手に引き出した万智でしたが、結局600万円+で通帳に戻すという、さすがサンチー!です。

今回の万智VS留守堂

足立とフェンシングを通して仲良くなってきた留守堂は、BARちちんぷいにも出入りするようになりました。

そこにやって来るテーコー不動産の社員達の会話から色んな情報を聞き出している様子。

今回の客・神子に関しては、取り合うということはありませんでした。

留守堂は、神子の気持ちに寄り添い、インターネットカフェに住むことを賛成してあげます。

一方万智は、ネットカフェを神子に見事買わせることに成功。

さらに家を持たない人達が集まるネットカフェは宝の山だと、そこの人たちに家を売りまくります。

その手法は留守堂も考えていたことで、神子の店に集まる客たちの三分の一は留守堂に奪われてしまうという結果に。

万智と留守堂は、安定したライバル関係になってきたようです。