『なつぞら』11話あらすじと視聴率。拓北農兵隊って何? なつの必死の訴えに泰樹は…!? | Dramas Note

『なつぞら』11話あらすじと視聴率。拓北農兵隊って何? なつの必死の訴えに泰樹は…!?

なつぞら 上(出典:Amazon)
動く漫画の上映が終わっても、しばし放心状態だったなつ。

そんななつに心配事が舞い込む。

同じクラスの天陽から家に遊びに来ないかと誘われ、行ってみることに。

天陽の兄は絵が得意で、父は苦労しながらも兄のために絵具を買っていると聞いたなつ。

実は天陽一家は、拓北農民として十勝に入植してきたのでした。

NHK連続テレビ小説『なつぞら』

スポンサーリンク

11話あらすじ

なつが通う学校では「ポパイ」や「アリババと40人盗賊」のアニメーション映画が上映されました。

保護者も招待され、狭い教室の中に笑い声が広がります。

上映が終わった後も、なつはニヤニヤしながら余韻に浸っていました。

夕見子に声を掛けられ我に返ったなつ。

すぐさま天陽に「面白かったね!」と話しかけるとそこには、あの郵便屋さんがいたのです。

実は、その郵便屋さんとは天陽の父の山田正治(戸次重幸)で、妻のタミ(小林綾子)と一緒に来ていました。

「やっぱりアメリカの映画は進んでるな~。兄ちゃんが言ってたけど、アメリカにはディズニーっていう漫画映画があるんだって。それはすごいらしいよ。」

「わあ~見たいなぁ。」

NHK連続テレビ小説『なつぞら』11話から引用

剛男がなつに帰ろうと声を掛け、山田一家とあいさつを交わした後、天陽がなつに言います。

「今度うちに遊びに来いよ」

「え?」

「うちに絵具があるんだ。絵を書かせてやるよ」

「本当に?いいの?行っても?」

出典:NHK連続テレビ小説『なつぞら』11話から引用

そんなやり取りがあり、後日なつは天陽の家に遊びに行くことに……。

天陽の家は本当に小さく、天陽と兄は馬小屋で絵を描いていました。

兄の絵はいろいろな色を使っているものの、天陽の絵は白黒。

絵具は高価なもので、天陽の父は兄のために無理して絵具を買っているとのこと。

畑がうまくいかないから……。天陽の話しを聞くと、どうやら山田家は拓北農兵隊で十勝に来たということが分かりました。

拓北農兵隊とは、東京で(空襲により)家を亡くした人は、北海道に行って開拓しましょうと日本政府が薦めたもの。

ただ、当時使える土地はほとんど開拓されており、土が悪く開拓が難しい場所しか残っていなかったのです。

正治は幾日も幾日も畑を耕していましたが、どうにもすることが出来ず開拓を諦め、家計を支えるために郵便配達の仕事をしていました。

生活は厳しい状況が続いることから正治は、仕方なく北海道出ることにしたようです。

しかし、天陽はここで生きていきたい、ここが好きなんだ、土に勝ちたいと、悔しい想いをなつに話しました。

その想いを何とか叶えてあげたい、なつは泰樹に「天陽君を助けてほしい」と頭を下げたのです。

スポンサーリンク

『なつぞら』11話の見どころ

なつは、何とか天陽の力になりたいと泰樹に頭をさげました。それはかつて泰樹が言った言葉を思い出してのこと。

「ちゃんと働けば必ずいつか報われる日が来る。報われなければ働き方が悪いか、働かせる者が悪いんだ。そんなとこは、とっとと逃げ出しゃいいんだ。だが一番悪いのは、人が何とかしてくれると思って生きることじゃ。逆に自分の力を信じて働いていればきっと誰かが助けてくれるもんじゃ。」

出典:NHK連続テレビ小説『なつぞら』4話から引用

なつは、一生懸命でした。柴田家では、なつが天陽のことを好きだって夕見子が言っていましたが、なつ自身は気づいていないようですし、なつが本当に天陽を好きなのかは不明です。

”絵”に共通する憧れみたいなものかもしれませんし……。

きっと誰かが助けてくれる、それは今、泰樹ではないだろうかと思ったのでしょう。

若かりし頃の泰樹の苦労を知っているから、助けてくれた人がいるから今がある。

なつは泰樹に天陽の未来を託したのかもしれませんね。

スポンサーリンク

『なつぞら』11話を観た感想

なつにとって、天陽のことは他人事ではないように感じたのでしょう。

また、泰樹が十勝を開拓した苦労も、助けてくれた人がいたからこそ今がある。

それと同じように、天陽を助けてくれる人がいれば、きっとそれは報われると考えたのかもしれませんね。

助けてくれる人がいたから、自分も幸せに暮らすことが出来ている、なつにとって助けというのはとても重要なことだと感じているはず。

なつの熱意が泰樹に伝わるのか……。

泰樹は「見ないでも分かる」と言うほど、山田家が開拓しようとしている土地は”悪い”ものなのかもしれません。

これに対してなつは泰樹に「うそつき!」と。なつの感情が豊かになりましたね。見もしないで決めつけたことに怒ったなつ。

手を貸したとしても、土地が開拓できるとも限りません。

ただ、公式サイトの人物紹介によると「貧しく進学せずに農業を手伝う」と書かれていたので、山田家は土地が開拓できる可能性がありますね。

たった15分のなかに、様々な出来事や人の想いが描かれていたりと朝から癒されるドラマです。

まだご覧になったことがない方のみぜひおすすめしたい作品です。

『なつぞら』は毎週月~土、朝8時~8時15分放送。11話の視聴率は22.0%でした。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)