ライアン・ゴズリング主演の「グレイマン」続編、Netflixでスピンオフ映画開発中 | Dramas Note
スポンサーリンク

ライアン・ゴズリング主演の「グレイマン」続編、Netflixでスピンオフ映画開発中

Movie
© Netflix

予算2億ドルを投じて製作されたアクションスリラー「グレイマン」がストリーミングサービスに上陸した数日後、Netflixはこのシリーズの続編とスピンオフ制作を発表し、その両方が現在開発中であることを明らかにした。

スポンサーリンク

「グレイマン」続編、スピンオフ制作へ

ライアン・ゴズリングと監督のルッソ兄弟は、続編に復帰する予定で、「キャプテン・アメリカ」や「エンドゲーム」などを手がけた脚本家のスティーブン・マクフィーリーが務める。

「グレイマン」に対する世界の反応は驚異的で、ルッソ兄弟は声明で「世界中のファンがこの作品に抱いている熱意にとても感謝している。この映画には素晴らしいキャラクターがたくさん登場するので、私たちは常に「The Gray Man」を拡張された世界の一部にするつもりでした。”Netflixがライアンとの続編を発表し、さらに私たちがもうすぐ話すことになる2つ目の脚本にも感激しています 」と述べている。

「The Gray Man」は、マーク・グリーニーのベストセラー本シリーズを原作に上司の腐敗の秘密を知った”グレイマン”が、サディスティックな傭兵から逃亡する姿を描く。クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、ジェシカ・ヘンウィック、レジ=ジーン・ペイジといったキャストが賞賛を浴びたものの、批評家からは非常にさまざまな評価を受けたようだ。

Variety誌によると「デッドプール」の脚本家ポール・ワーニックと映画プロデューサーのレット・リースによるスピンオフ作品は、「グレイマン」ユニバースの別の要素を探求することになるようだが、現段階でのログラインは伏せられている。

© Netflix

Variety誌の映画評論家ピーター・デブルージ氏は、「グレイマン」を “ボンド”レベルの夏の超大作”と賞賛し、「これはNetflixが「ブライト」以来配信した最もエキサイティングなオリジナルアクションだ」と高評価している。

「アベンジャーズ:エンドゲーム」のアンソニー&ジョー・ルッソ監督の制作会社ABGOは、以前Netflixと組んで、2020年のクリス・ヘムズワース主演の「タイラー・レイク -命の奪還-」を手がけたが、その続編も2023年にNetflixで公開されることが決定している。

Netflixのグローバル映画責任者のスコット・スタバー氏は「”グレイマン”でルッソ兄弟は、世界中の視聴者が愛してやまないハラハラドキドキのスペクタクルを提供しました 。我々は、彼らとAGBOのチームが ”The Gray Man” の世界を構築していく中で、引き続きパートナーになれることに興奮しています。」と述べている。

この記事はVarietyのニュースを抜粋(翻訳)してお伝えしています。