【トンイ】4話・5話・6話。王様役(チ・ジニ)の詳細とNGエピソード。 | Dramas Note

【トンイ】4話・5話・6話。王様役(チ・ジニ)の詳細とNGエピソード。

トンイ


韓国ドラマ【トンイ】ネタバレ4話・5話・6話。

トンイが大人のキャストに変わり、舞台も宮殿内へと移りました。

雑用係として入宮したトンイは、ここからどのようにして側室まで登り詰めるのでしょうか?

この記事では、あらすじ感想と王様役のチ・ジニに関する情報をお届けします。

スポンサーリンク

【トンイ】あらすじネタバレ

ネタバレ4話

【トンイ】あらすじとキャスト(1話・2話・3話)女性の一代記を綴った宮廷時代劇。
【トンイ】あらすじ1話・2話・3話。本作は、日本でも名高い『宮廷女官チャングムの誓い』の監督が送る、女性の一代記を綴った…

ヨンギ従事官の父親が殺され、その罪は剣契こむげ(トンイ父やトンイ兄)に着せられました。

他の剣契の家族も役人によって捕らえられます。

今回の剣契騒動により、都の民は大混乱。

ヨンギ従事官は混乱を治めるため、オ・テソクに今回の剣契事件を一任させてほしいと申し出ます。

数日後。

林に逃げ込んだトンイヨンギ従事官と遭遇し、涙ながらに「助けて下さい。お父さんは濡れ衣を着せられたんです」と訴えました。

100%は信じきれていない様子のヨンギ従事官でしたが、「一度限りだ」と言ってトンイを見逃してくれます。

その後トンイは、兄の恋人ソルヒに助けられました。

トンイは、“手信号”を使っていた宮女を宮廷内で探すために、宮廷入りしたいとソルヒに頼み込みます。

妓生キーセンのソルヒは、お得意様のコネを使い、トンイを宮廷入りさせるのでした。

妓生とは、朝鮮時代の芸妓のこと。

ネタバレ5話

【掌楽院】

ソルヒの手助けにより、掌楽院チャンアグォンの奴隷(雑用係)として入宮したトンイ。

掌楽院とは、宮殿内の宴や儀式で音楽を担当する官庁のこと。

慣れない仕事にアタフタしながらも、文句ひとつ言わずに真面目に働きました。

トンイが入宮して数年がたった現在、掌楽院の楽師たちは皆トンイに頼りきり。

あちこちで「トンイ~ちょっと来てくれ」という声が飛び交います。

【朝廷】

西人派……大妃(王の母)、重臣チョン

南人派……テ・オソク(高官殺人の黒幕)、オクチョン、ユン

朝廷では、チャン・オクチョンの再入宮について議論が行われていました。

オクチョンを寵愛している王様(肅宗スクチョン)は、再入宮させた後はオクチョンを側室にしたいと主張。

南人派のオクチョンを側室にさせたくない西人派たちは、毎日のように言いがかりをつけ、オクチョンの再入宮を阻止しようとします。

王様はそんな家臣たちを見事に納得させ、オクチョンの再入宮を決定事項とするのです。

王様が強引に再入宮の件を決定させたのは、オクチョンを寵愛しているからという理由もありますが、南人派と西人派の勢力を均衡にするためでもありました。

【宮殿内の宴】

オクチョンが再入宮したその日、宮殿では大妃主催の宴が開かれていました。

西人派の大妃はオクチョンを敵視しており、わざとオクチョンを宴に来させないよう画策。

その後、宴の場に到着した王様は、オクチョンが欠席しているのを見て部下にこっそり命じました。

今すぐ楽師たちをオクチョンのもとへ向かわせ、恋歌を贈るように」と。

オクチョンの前で恋歌を演奏するよう命じられた楽師たち。

ちょうど掌楽院に居たトンイは、楽師たちと共にオクチョンのもとへ向かいます。

オクチョンの顔を見たトンイは、オクチョンが“手信号”を使っていた女性だと気づくのでした。

その後、宴の場では演奏中に音変が起こります。

音変は、国が滅ぶ凶兆とされている

音変を仕組んだのは、オクチョンを入宮させたくない西人派たちで……?

ネタバレ解説6話

オクチョンが“手信号の女性”だと気づいたトンイは、オクチョンの住居の周りをウロつき探りを入れていました。

すると何者かに捕らえられ、倉庫(小屋?)に閉じ込められてしまいます。

トンイが目を覚ますと、目の前には楽器匠の遺体が……。

検視の知識があるトンイは、遺体を見て毒殺だと気づきました。

トンイを捕らえたのは、どうやら西人派のようです。

おそらく、楽器匠は大妃に命じられて、宴の席で音変が起こるよう仕組んだのでしょう。

そして口封じのために楽器匠は殺害され、その遺体をトンイが見てしまった。

このような流れだと推測します。

トンイは何とか小屋から逃げ出せましたが、西人派たちはトンイを始末しようと躍起になるのです。(楽器匠の死体を見られたから?)

【宮殿の外】

王様は、ヨンギ従事官から「楽器匠の死体を見た者がいるらしい」と聞き、現場の小屋を偵察しに行くことに。

一方のトンイは、亡くなった楽器匠の家を訪ねるために宮殿の外に出ていました。

その後、小屋へ向かったトンイは、同じく小屋を探りにきた王様(身分は隠している)と鉢合います。

直後、西人派の手下たちが小屋にやってきて、外で控えていた王の側近たちと乱闘に。

外で乱闘が繰り広げられている中、トンイは王様の腕を引っ張り、小屋から離れた場所まで走って逃げます。

今まで一度も走った経験のない王様は、逃げている途中で動けなくなり地面に座り込みました。

そして

「あなたは誰なんですか?どうしてあの小屋に?」
「お前は誰だ?どうしてあの小屋に?」

と同じことを聞く2人。

王様はとっさに「私は漢城府の判官だ」と身分を偽るのでした。

スポンサーリンク

【トンイ】感想4話5話6話

感想4話

父親と兄を亡くして天涯孤独になったトンイですが、周りにはトンイを助けてくれる人もいて、何とか生きのびることができました。

前半~中盤はトンイの逃亡劇が中心でしが、後半では、いよいよトンイが宮廷入りを果たしました!

最初は雑用係(奴隷)として入宮したトンイが、側室の身分までどう登り詰めていくのか、とても興味を惹かれます。

ちなみに、トンイが配属されたのは、兄と同じ掌楽院。

掌楽院とは、音楽と舞踏を担当する官庁のこと。

トンイは、例の“手信号”を使った宮女を探すために入宮しました。(手信号は、高官殺しの黒幕のヒント)

その宮女は、実は、韓国の3大悪女として知られるチャン・オクチョン。

3大悪女のオクチョンを相手にトンイがどこまで戦えるのか、今から楽しみです。

感想5話

トンイが入宮したことで、いよいよストーリーが本格的に動き出しました。

入宮したての頃は、皆トンイのことを「使い物にならない」と言っていましたが、数年たった今では皆トンイに頼りきり。

他の部署の人間にも頼られているところを見ても、トンイの人柄の良さが分かります。

5話では、王様(肅宗スクチョン)の優れた判断能力に痺れました。

・オクチョンの再入宮の日、大妃は特別な宴を開く(オクチョンを歓迎する宴ではない)
・本来であればオクチョンにも出席する権利はあるのだが、出席させないよう大妃が画策

このような状況下で、普通なら王は何もしません。

王は後宮の争いには首を突っ込みませんし、大妃が関わっているとなればなおのこと見て見ないフリをするものです。

普通は、せいぜい宴のあとでオクチョンの顔を見に行く程度でしょう。(気にかけてるよアピール)

しかし肅宗は、宴にオクチョンが出席していないと分かった瞬間に部下を呼び、こっそり指示を出しました。

「楽師たちを今すぐオクチョンのもとへ向かわせ、恋歌を贈るように」と。

オクチョンからすると、ただでさえ心細い入宮初日に、大妃からあからさまな敵意を向けられ気分が沈んだことでしょう。

そんな時に、王様からの贈り物ですと言って楽師たちが演奏をしてくれたなら、王様の気遣いを感じてオクチョンも嬉しいはずです。

実際、この時のオクチョンの表情はとても嬉しそうでした。

オクチョンには特別な存在だと思わせ、大妃にも角を立てない、完璧な肅宗の対応に痺れます。

オクチョンの表情からは、嘘偽りのない肅宗王への愛情が感じられ、今のところとても悪女には思えません。

後に肅宗王に寵愛されるのはトンイだと分かってはいますが、今の段階ではオクチョンのことも応援したくなります。

感想6話

ストーリーが練られていてとても面白いです。

トンイが入宮したことで、黒幕オ・テソクvsトンイになるのかと思いきや、そんな単純ではありませんでした。

黒幕のオ・テソクも宮廷内で無敵というわけではなく、西人派の策略に日々悩まされています。

今回起きた音変事件も、西人派が南人派をつぶそうとして仕組んだこと。

話の流れを見ると、どうやらトンイが今回の音変事件を解決することになりそうです。

今回の6話は、トンイと王様の出会い方が最高でした。


トンイは王様だと気づいていないので、荒っぽい態度で接したり、オロオロしている王様のことをトンイが助けてあげたりと、微笑ましいシーンが満載。

気さくでお茶目な王様の人柄が、ドラマをより面白くしていると感じます。

スポンサーリンク

王様役のチ・ジニはどんな人?

本作でチ・ジニが演じる王様は、王らしからぬ気さくさとお茶目さがとても魅力的。

チ・ジニは王の肅宗スクチョンを演じるにあたり、これまで多くの俳優が演じてきた“肅宗像”を打ち破ろうと考えたそうです。


名前:チ・ジニ(지진희)

生年月日:1971年6月24日

配偶者:一般女性

身長:178cm

代表作:【宮廷女官チャングムの誓い】、【結婚できない男】、【最後から二番目の恋】、【サバイバー】ほか

チ・ジニは、【結婚できない男】や【最後から二番目の恋】といった日本のリメイクドラマにも出演しており、日本ファンにとっては嬉しい限りですね。

2019年には、Netflixオリジナル作品の【サバイバー】に出演しています。

【チ・ジニのNGエピソード】

NG番組の放送では、【トンイ】の出演者の中でチ・ジニのNGが一番多かったことから、番組アナウンサーから“NG大王”という名が授けられた。

トンイとのキスシーンの時、肅宗のヒゲがトンイの鼻に入ってしまい撮り直した。

トンイの懐妊を知った肅宗は、その喜びを高笑いで表現するが、直後に自らNGとした。その理由は、子を産めない正室の前で、肅宗がこんな笑い方をするはずがないと判断したため。