『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン1ネタバレ。加害者か被害者か!? ラストまで分からないストーリーが謎過ぎ! | Dramas Note

『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン1ネタバレ。加害者か被害者か!? ラストまで分からないストーリーが謎過ぎ!

『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン1ネタバレ。

ビッグ・リトル・ライズ(出典:Amazon)

カリフォルニア州モントレーにある高級住宅街。

セレブたちが住むこの街で小学校のイベント中に謎の死亡事件が起こります。誰が”加害者”で、誰が”被害者”なのか……。

ニコール・キッドマン×リース・ウィザースプーン主演のサスペンスドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン1の見どころをお伝えします。

『ビッグ・リトル・ライズ』

スポンサーリンク

『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン1の登場人物

セレステ・ライト(ニコール・キッドマン):元弁護士。家庭を優先するために仕事を辞めて専業主婦に。美男美女の幸せそうに見える家庭の裏では、夫からDVを受けています。

マデリン・マーサ・マッケンジー(リース・ウィザースプーン):ちょっと出しゃぱりな主婦。優しいけれど無職の夫に不満を持っています。

ジェーン・チャップマン(シェイリーン・ウッドリー):シングルマザー。望まない妊娠で息子を産むも、息子を愛し必死に育てています。仕事を求めてセレブな街へ引っ越してきました。

ペリー・ライト(アレクサンダー・スカルスガルド):セレステの夫。外面は良いけれど、家庭内ではセレステを独占したいと思う気持ちが強いがゆえ暴力をふるっています。

レナータ・クライン(ローラ・ダン):弁護士のキャリアウーマン。愛娘に干渉しすぎるがゆえ、周囲を巻き込んで些細なことを大きくしていきます。

エド・マッケンジー(アダム・スコット):マデリンの夫。妻の一番の理解者という自負があり、優しく妻を支えています。

ボニー・カールソン(ゾーイ・クラビッツ):マデリンの元夫ネイサンの再婚相手。マデリンとネイサンとの間に生まれた高校生の娘アビゲイルと仲よくしていることをマデリンに快く思われていません。脇役と思いきや実は事件に大きく関わる人物となっています。

スポンサーリンク

ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』シーズン1あらすじ

街中を巻き込むことになった事件のきっかけは、ひとつの小さなウソでした。

カリフォルニア州のモントレーにある高級住宅街に、レベルの高い教育が受けれることで有名な小学校オッター・ベイ小学校がありました。

新学期がはじまり、新しく引っ越してきたシングルマザージェーンの息子ジギーも、オッター・ベイ小学校に通うことになります。

みんなが浮足立っている新学期早々、レナータの娘アマベラが首を絞められるというトラブルが起こります。

担任は、さっそく犯人捜しを始めます。子どもをお迎えに来た保護者の前で、アマベラに首を絞めた子を指差すようにいいました。

そして、アマベラが指差した先にいたのは、転入生のジギーでした。

やってないと否定するジギー。

その言葉を信じるジェーンでしたが、ボスママのレナータは娘の言葉を信じ、ジェーン親子を責めます。

他のママ達もレナータサイドにつく気配。見かねたマデリンは、ジェーンを擁護します。

こうして始まったママ対決。その後事態は誰もが想像しなかった方向へと進んでいく事になるのでした。

スポンサーリンク

ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』の見どころ

それぞれが抱える悩み

幸せそうに見えるセレブ家庭も、裏ではドロドロした問題が山積みです。

ライト家の家庭内暴力に始まり、マデリンは、娘の突拍子もない行動に悩まされたり、自身も浮気してしまうとか、ジェーンも母親との関係に問題を抱えていたり・・・などなど。

嘘や噂、嫉妬の渦の中で翻弄されていく小さな世界の中で生きる”ママ友”達。完璧に見える女たちの裏側が妙にリアルで怖すぎます。

最後の最後まで犯人も動機も分からない!

”子どもを守る”という共通点はあるものの、ママ達の人間関係は悪化の一途をたどっていきます。

アマデラをイジメたのが誰なのかという問題と、死亡事故で死亡したのは誰なのか?そして誰が犯人なのか?

全く見当がつきません。話が進めば進むほど、誰の言葉を信じていいのか……と悩んでしまいますが、アナベラをイジメていた犯人とその理由。そして小学校で起こった死亡事件。

最後に点と点が繋がっていくことになります。

DVの深い闇

夫のDVが日増しにひどくなっていき、1人で抱えきれなくなり追い詰められるセレステ。

カウンセリングを受け、子どもには危害を加えることは決してないし、子ども達も気づいていないと話すセレステでしたが、子どもは気づいていました。

どんなに取り繕っても、やっぱり子どもって気づいてしまいます。そして、それが子どもの心の闇となって、その影響が思いもよらない形となって出ているのを知ったマデリン。

そう、アマベラをイジメていたのはセレステの双子の息子の一人マックスだったのです。

夫のDVが自分だけでなく息子たちにも影響を与えていたと気づいたセレステは、家を出る決心をします。しかし、それを知ったペリーがとんでもない行動に……。

スポンサーリンク

『ビック・リトル・ライズ』シーズン1の感想

本作は制作権利をめぐってHBOとNETFLIXで熾烈な争いがあり、最終的にHBOが権利を獲得。

全米で社会現象を巻き起こしたほどのドラマだけあり、見ごたえ抜群のストーリーでした。

とにかく、豪華すぎるキャスト陣。ニコール・キッドマンを筆頭に代表作がありすぎて絞れないほど人気俳優が勢ぞろいしています。

少女がついた小さなウソがきっかけとなって、発展していく様々なトラブル。

アメリカ社会の闇を炙り出したようなこのドラマは、全米での賞レースを席巻しました。

ストーリー的には、全7話でスッキリ完結した感がありましたが、なんとシーズン2も制作されるとのこと。

しかも、この豪華キャストに加えて、シーズン2ではメリル・ストリープも出演するとか!? どんなストーリーになっていくのか、待ちきれません。

タイトルとURLをコピーしました