【武則天-The Empress-】あらすじネタバレ33話・34話。 | Dramas Note

【武則天-The Empress-】あらすじネタバレ33話・34話。

©2014 ZheJiang Talent Television & Film Co., Ltd. All Rights Reserved

 オフィシャルサイト


【武則天-The Empress-】33話・34話。

闇落ちした徐慧は次から次へと悪事を重ね、ついに殺人まで犯してしまいます。

徐慧の変貌に気づかない武媚娘は、自身の知らぬところでワナに嵌められ……。

この記事ではネタバレ感想をお届けします。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ33話

徐慧の大きすぎる罪

【武則天 The Empress】あらすじ全話一覧。キャストも総まとめ!
【武則天 The Empress】あらすじ全話エピソード一覧。中国で歴代1位(時代劇部門)の視聴率を記録し、絢爛豪華な衣…

♦伝言(紙)の内容♦

「皇太子を廃する場合は棺に“黒布”、廃さない場合は“白布”をかける」

徐慧が書き換えたものは、白布と黒布がになっている

文娘は、徐慧の指示に従って紙をすり替えたものの、ずっとモヤモヤしていました。

瑞安ずいあんを欺いて紙をすり替えたうえに、このことによって瑞安の身にも災難がふりかかるのではないかと心配なのです。

それに、徐慧と武媚娘は親友なはずなのに、なぜ武媚娘を陥れようとしているのか文娘には分かりません。

徐慧に理由を聞いてみると、「扇子に毒を塗って陛下を奪ったことが許せない」と返ってきます。

文娘は、人を陥れるのは良くない、やめないのなら全てを武媚娘に報告すると徐慧に言いました。

それを聞いて動揺した徐慧は、たまたま目に入った燭台(ロウソクを置く台)を手に取り……。

そして、文娘の頭を殴って殺してしまったのです。

徐慧は、凶器に使った燭台を自分の部屋に持ち帰って血を拭き取ると、他の燭台と同じように並べました。

徐慧は気づいていませんが、凶器に使った燭台の底には“文”と名が彫られている。

その後 徐慧は、文娘の死体のことを李泰りたいの部下に話すと、溺死に見えるよう偽装するから安心するようにと言われました。

陛下と皇太子

皇太子は、称心の一件があってからというもの、酒浸りのフリをして候君集(将軍)の帰りを待っていました。

謀反を起こす場合、候君集の軍力が必要となるからです。

ようやく候君集と再会した皇太子は、皇太子を廃された場合だけ謀反を決行することを伝えました。

一方の李世民(陛下)は、皇太子と候君集の親しすぎる間柄を警戒している様子です。

謀反を予期しているのか、陛下は理由をつけて候君集を牢獄しました。

瑞安の不信感

宮殿内の池から、文娘の溺死体が見つかりました。

瑞安と武媚娘と徐慧は、文娘の遺体の前で彼女の死を悲しみます。

瑞安は、頭にだけ傷があることや、機敏な文娘が誤って池に落ちるなどありえないと死因を疑い、誰かに殺されたのではないかと言い出しました。

実際に文娘を殺してしまった徐慧は気が気ではありません。

その後。

文娘の遺品を整理しにいった瑞安は、部屋に“文”と彫られた燭台がないことに気づき、ますます彼女の死を不審に思うのでした。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ34話

楊淑妃について

李元吉とは、李世民の弟のこと。

牢獄された候君集は、陛下に楊淑妃の話をします。

かつて、楊淑妃は李元吉り・げんきつの妻になるもその3か月後に李世民(陛下)の妃になったと。

それを知る者は全員殺された、と候君集は言います。

「つまり、楊淑妃は不貞行為をした上に、朕に嫁いだあとも反心を抱き続けていたと?」

そう言葉にしたものの、陛下はその可能性はまったくないと思い込んでいるようで「ありえない」と笑い飛ばしました。

白布か黒布か

魏徴の棺が出棺されました。

棺には、白布がかかっています。

本来ならば、白布=皇太子を廃さないという合図ですが、逆に書き換えられたメモを読んだ皇太子は意味を逆にとってしまいます。

“白布だから皇太子を廃されてしまう”

そう誤解してしまった皇太子は、翌日に謀反を起こすことを決意するのです。

一方で、別の場所で出棺を見届けた武媚娘は、白布がかかっていることに安堵しました。

かたや徐慧は、皇太子が謀反を決行することを陛下に密告するのです。

翌日。

武媚娘は、徐慧から「皇太子が謀反の準備をしている」と聞いて驚きます。

白布だったのだから謀反を起こすはずがないと思いながらも、とりあえず皇太子のもとへ行き謀反を止めることに。

武媚娘は皇太子に剣を向けて謀反をやめさせようとしますが聞き入れられず、どこかの部屋に監禁されてしまいました。

その後 皇太子は、大勢の兵を率いて陛下のいる承慶殿へ。

ところが、陛下は謀反を予期していたらしく、あらかじめ大軍を潜ませており……!?

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想33話

瑞安のラブストーリーは独立した話かと思いましたが、ドラマの軸としっかり繋がっていました。

まさか、例の燭台(底に“文”と彫られている)が殺人の凶器に使われるとは……。

底に名前が彫ってあることを知るのは瑞安だけなので、徐慧の罪を暴けるのは瑞安しかいないということになります。

だとすると、瑞安はこれからキーパーソンになっていきそう!

それにしても、ついに徐慧は人を殺してしまいました……。

100歩譲って、人を陥れるだけならまだ更生する余地はあると思うのですが、殺人まで犯してしまった徐慧はもう以前のようには戻れない気がします。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想34話

徐慧の闇落ちは残念ですが、彼女が暗躍し始めたことでドラマとしてはかなり面白くなりました。

聡明な徐慧が講じる策は、敵ながらに素晴らしい。

嵌められた武媚娘も皇太子も、ワナにかけられたことを知らないまま大罪(謀反)を犯してしまったわけですからね……。

今までは何だかんだ陛下に守られてきた皇太子ですが、謀反を決行してしまったことで、さすがに今回は皇太子を廃されてしまうはず。

もしも皇太子が廃されたら、誰が次の皇太子になるのでしょう。

おそらく、李泰→稚奴という順で皇太子になるのではないかと予想します。

※次回35話・36話のネタバレ感想はこちら。

【武則天-The Empress-】あらすじネタバレ35話・36話。
【武則天-The Empress-】ネタバレ感想35話・36話。武媚娘は、謀反の罪に問われるという最大のピンチに陥ってし…

記事内画像:公式サイト