PR

「長歌行(ちょうかこう)」30話・31話・32話ネタバレあらすじと感想。

歴史 / 時代劇
©2021 China Huace Film & Tv Co.,Ltd.

「長歌行」30話・31話・32話ネタバレあらすじと感想。阿詩勒隼は流雲観で”李長歌”について尋ねますが、李長歌は偽名を使っていたため知らないと言われてしまいます。そこへ来た司徒郎郎は本当は李長歌のことを知っていましたが知らないふりをし……。

PR

30話:火事の噂

©2021 China Huace Film & Tv Co.,Ltd.

阿詩勒隼は流雲観に引き返し”李長歌”について尋ねますが、李長歌は”阿離”という偽名を使っているためここにはいないと言われてしまいます。それでも阿詩勒隼は強引に建物の中に入って探しますが、李長歌は見つかりません。

そこへ司徒郎郎が来て建物への侵入を咎めたため、阿詩勒隼は謝罪して帰ることにします。司徒郎郎は本当は”阿離”の本名を知っていましたが、知らないふりをするのでした……。

その頃李長歌は街で、洛陽でもうすぐ火事が起こるという噂を耳にします。李長歌は噂話をしていた男を尾行しますが見失ってしまうのでした。

一方、街で同じ噂話を聞いた晧都も杜如晦に報告していました。杜如晦は皇太子に、梓微宮で一晩中ロウソクを灯しているのが噂の原因だと忠告します。

最近体調が優れなかった杜如晦は都の学者、李淳風りじゅんふう(コン・チーリー)から洛陽に行ったら孫思邈に診てもらうようにと勧められていました。そこで杜如晦は晧都を伴って流雲観に行くことにします。

診察を待っている時、晧都は李長歌らしき人物が薬房の中にいるのを見かけました。その時、孫思邈たちの会話から杜如晦が来ていることを知った魏叔玉が薬房の扉を閉めて李長歌を隠します。

晧都は薬房の中を確かめようと近づきますが、靜澹真人が機転を利かせてそれを阻みました。薬房の中で魏叔玉は李長歌に一緒にここから逃げようと言いますが、李長歌は自分で身を隠せるからあなたは任務に戻ってと言うのでした。

孫思邈は杜如晦を診て正直言って寿命はもうあまり長くないが、自分が治療すれば3年は延ばせるだろうと言います。それを聞いた杜如晦は李世民の世直しを補佐するのに3年あれば十分だと答えました。

その言葉をそばで聞いていた靜澹真人は、その後、李長歌に杜如晦もあなたと同じ信念を持っていると伝えるのでした。

杜如晦が洛陽に来たのにはもう1つの目的がありました。洛陽にいる将軍、李靖りせい(ティエン・ジュンチォン)に会い、都に戻って自分の後任になってほしいと頼みたかったのです。ところが李靖は屋敷を留守にしがちでなかなか会うことができずにいました。

その頃、李靖もまた街で洛陽でもうすぐ火事が起こるという噂を耳にしていました。李靖は噂話をしていた男を尾行します。また偶然近くで話を聞いていた阿詩勒隼も同じ男を追うのでした。

李靖と阿詩勒隼は互いの素性がわからないまま協力して男を問い詰めますが、その男は自害してしまいます。洛陽で火事が起こると噂されている夜、李長歌は李楽嫣の手引きで祈祷師を装って梓微宮に行くことにします。

その頃、梓微宮では晟辛が怪しい男たちを宮殿内に招き入れていました。男たちは宮殿に油を撒いて火をつけます。火事の騒ぎを聞いた阿詩勒隼と李靖も梓微宮に向かいました。

男たちは宮殿に火をつけた後、皇太子を拘束しようとしますが見当たりません。梓微宮に到着した李長歌は皇太子を助け出そうと寝室に行きますが、そこには皇太子の服を着た藁人形があるだけでした。寝室を出る時に宮殿の使用人に顔を見られてしまった李長歌は一旦流雲観に戻ることにします。

感想

皇太子を助けた大道芸人の少年は最初からこれが目的だったのですね。怖いですね……。それにしても敵も李長歌も見つけられなかった皇太子は一体どこに行ってしまったのでしょう。

PR

31話:命令か愛か

©2021 China Huace Film & Tv Co.,Ltd.

梓微宮に到着した阿詩勒隼と李靖は宮殿の侍衛の1人が怪しい男たちと密談しているのを目撃。2人はその侍衛を捕らえて連行しました。

一方、李靖の屋敷で帰りを待っていた杜如晦と晧都は火事の知らせを聞いて慌てて帰ります。宮殿の使用人たちへの聞き取りから、火事の中、皇太子の寝室から祈祷師が出てきたことが判明。

祈祷師の人相を聞き李長歌が生きていると知った杜如晦は吐血してしまいます。晧都は杜如晦を流雲観に運びました。

流雲観で杜如晦と晧都は李長歌に鉢合わせします。逃げる李長歌を晧都が追いますが、司徒郎郎が行く手を阻みました。晧都は流雲観の外へ李長歌を追いますが、外にはなぜか李楽嫣がいたのです。

李楽嫣は杜如晦が心配になってここに来たが、怪しい者は見なかったと言って晧都に流雲観の中に入るように促します。物陰に隠れていた李長歌はその隙に逃走するのでした。

その後、晧都は配下に流雲観の周囲を捜索するように命じますが、李長歌は裏をかいて流雲観の中に戻ります。

阿詩勒隼と李靖が捕らえた偽侍衛は前王朝の残党だと判明。2人はこの事件の黒幕は前王朝の関係者だと睨みます。

杜如晦は皇太子が李長歌の手中にあると思い込み、晧都に一刻も早く李長歌を捕らえるように言いました。晧都は洛陽では李楽嫣が何かと助けているので李長歌を捕らえるのは難しいと報告します。それを聞いた杜如晦は晧都にある策を授けるのでした。

晧都は李楽嫣に、自分は兵を率いることになって護衛ができないから外出しないようにと言います。李楽嫣はそれは李長歌を捕らえるための兵だと悟り、危険を知らせるため侍女に変装して流雲観に向かいました。

流雲観で李長歌は不在だと聞いた李楽嫣は、”晧都が兵を動員した。茶楼に来て”という伝言を残します。実は晧都は李楽嫣を尾行させていました。

晧都は兵を率いて李楽嫣が李長歌と落ち合う茶楼に向かいます。街で偶然兵を率いる晧都を見かけた阿詩勒隼は李長歌の手がかりになると思い、後を追いました。

茶楼の個室には李長歌が逃走するための通行証を持った魏叔玉も来ていました。そこへ晧都が踏み込んできます。晧都は李楽嫣と魏叔玉の口を塞ぎ、兵と共に部屋で李長歌が入って来るのを待ちました。

ところが李長歌は扉を開ける直前で逃走してしまったのです。李楽嫣と魏叔玉が窓から外を見ると阿詩勒隼に手を引かれて走る李長歌がいました。

晧都に追われた阿詩勒隼は李長歌を連れてとある酒楼の個室に逃げ込んで鍵をかけます。再会を喜び合う2人。その時、外から扉を開けようとする者が……。

阿詩勒隼が用心深く鍵を開けると部屋に入ってきたのはなんと皇太子だったのです!

実は皇太子はこの酒楼の外国の踊り子が見たくて火事より前に宮殿を抜け出していたが、火事のことを聞いて怒られると思ってずっと隠れていたとのこと。

呆れた李長歌はしつけ直してやるといって皇太子を相撲館に預けるのでした。

感想

火事は前王朝が絡んでいたんですね。梓微宮は前王朝の宮殿だと言っていましたが燃やしてしまってよかったんでしょうか。これまで、李長歌暗殺をことごとく李楽嫣に妨害されてきた晧都でしたが、杜如晦はそれを逆手にとって利用するとは!さすがに年の功ですね。しかしこのことによって李楽嫣の晧都への信頼が崩れてしまいました。李楽嫣を想う晧都には辛いですね。そして皇太子が行方不明だったのは自分で宮殿を抜け出していたとは……。予想外の展開にびっくりです。

PR

32話:意外な犯人

©2021 China Huace Film & Tv Co.,Ltd.

自分が利用されていたと知った李楽嫣は戻ってきた晧都の頬を平手打ちします。晧都は養父の命令と李楽嫣への想いの板挟みになり悩むのでした。

阿詩勒隼は李長歌を雁行門へ連れて行きました。皆再会を喜びつつも、李長歌に追手のいる洛陽を離れることを勧めます。

ある日、延利可汗の側室である錦瑟きんしつ夫人が寄付をしたいと言って流雲観を訪ね、靜澹真人に面会を求めました。同じ頃杜如晦も、心が揺れている晧都はあてにならないと言って自ら兵を率いて流雲観を訪ねてきます。

李長歌はまだ戻ってきていなかったため、靜澹真人は落ち着いて杜如晦の応対をしました。杜如晦が梓微宮での火事のことを切り出すと、別の部屋にいた錦瑟夫人が突然火事を起こしたのは自分だと言って部屋に入ってきます。

また流雲観には多数の錦瑟夫人の配下が流民に扮して潜り込んでいて、観内の人々はすでに捕らえられていました。錦瑟夫人はここで李世民の重臣である杜如晦を殺すと宣言します。

実はこの時、洛陽を発つことに決めた李長歌が別れの挨拶をするために流雲観に来ていました。李長歌は静まり返った流雲観を不審に思い屋根の上から様子をうかがっていたのです。

李長歌は屋根から飛び降り、錦瑟夫人に自分が杜如晦への復讐を果たすと言って剣を受け取りました。

ところが李長歌は杜如晦を斬ると見せかけて、錦瑟夫人の配下を斬り杜如晦を助けたのです!それをきっかけに、流雲観の人々は反撃を始めます。

ちょうどその時戻ってきた司徒郎郎も応戦したので、靜澹真人は李長歌に杜如晦を連れて逃げるように言いました。

李長歌は杜如晦を流雲観の外に出すと助太刀に戻ります。外に出た杜如晦は狼煙を上げました。狼煙を見て流雲観へ向かう晧都、魏叔玉、李楽嫣。

また、城内の緊急事態を知らせる太鼓を聞いた阿詩勒隼も流雲観へ向かいます。李長歌が中へ戻ると靜澹真人が負傷していました。それを見た李長歌は司徒郎郎に靜澹真人を連れて行くように言って1人で応戦します。

1人で多くの敵を相手にした李長歌はとうとう捕らえられてしまいました。そこへ阿詩勒隼が飛び込んできたのです。

感想

放火の犯人が自分から名乗り出てくるとは!しかも阿詩勒部ではただの側室だと思っていた錦瑟夫人が唐の重臣を狙ってくるのも予想外でした。ずっと杜如晦に追われていた李長歌ですが、きっと靜澹真人が信念は同じだという言葉で助けることにしたのでしょう。それにしてもこの後李長歌と阿詩勒隼はたった2人で多くの敵から切り抜けることができるのでしょうか。

©2021 China Huace Film & Tv Co.,Ltd.
本ページの情報は2023年11月のものです。最新の情報は公式ページまたは動画配信サービスにてご確認ください。