【COLONY/コロニー】シーズン3ネタバレと解説。スッキリしない結末に不満が残る。 | Dramas Note

【COLONY/コロニー】シーズン3解説。スッキリしない結末に不満が残る。

COLONY/コロニー(出典:Amazon)

【COLONY/コロニー】シーズン3ネタバレと解説。

シーズン1で姿を見せなかった地球外生命体がシーズン2で徐々に触れられ、シーズン3ではそれらしき物体が登場。

しかし、支配者であるホストは依然として姿を現さない。

さらに、ホストは別の恐ろしい敵から人間を守るために侵略しているという……。

シーズン3で打ち切りが決定したものの、その結末は謎に包まれている。

スポンサーリンク

【COLONY/コロニー】シーズン3あらすじ

『COLONY/コロニー』シーズン1ネタバレ解説。地球侵略系ドラマなのに緊張感なし!でも観たくなる理由は?

シーズン2から半年後。

ウィル一家とスナイダーは、籠手を所持したまま山小屋で自給自足の潜伏生活を送っていた。

山小屋の周りには川や森がある。川では魚などの食料を得られる。人は木に溶け込むことが出来るため、森は身を隠すのに最適な場所。*ドローンは低く飛ぶことが出来ない。

ある日、山小屋から数キロ離れた場所で、攻撃を受けた宇宙船が墜落し大爆発が起こる。

ウィルとスナイダーは少し離れた場所にある展望台に様子を見に行った。

スナイダーは、墜落した宇宙船はホストのものとは流線形が違う。

さらに、ファクトリーは宇宙兵器の工場だという噂があると話した。

ウィルはここで初めてラップに敵がいることを知り、墜落したのはラップと戦争中の敵船ではないかと考えた。

ホストは、レジスタンスにはクリック、シアトルではモーク、ロサンゼルスではラップと呼ばれている侵略者の総称。

この爆発により政府が動く、そうなれば山小屋が見つかるのも時間の問題だと、一家とスナイダーは山小屋から脱出することにした。

ところが、ウィルとスナイダーが戻る直前に政府が山小屋を襲撃。

スナイダーがチャーリーとグレイシーを預かり、あらかじめ決めておいた合流場所に向かう。

ウィルとケイト、そして長男ブラムの3人は政府の兵士と銃撃戦を行い、前もってブラムが用意していた「銃撃音」のテープを流している間に逃げ出す。

一足先に合流場所に到着していたスナイダーは、ブラムの到着と共にウィルとケイトを助けに行くとその場を離れ、スナイダーと入れ替わりにウィルとケイトが戻って来た。

実は、スナイダーは2人を助けに行ったのではなく、山小屋に戻り政府の人間とコンタクトを取っていたのだ。

スナイダーは、レジスタンスの中枢部に潜り込むため、仲間のフリをしていたのだった。

スポンサーリンク

ホストがやって来た理由と目的。

ホストは、デミスという外来種に襲撃され故郷(惑星)から脱出した。

デミスに対抗する同盟国を求めて地球にやって来て、人類を協力者、アウトライアー(異端児いわゆる兵士に分類)、労働者に分類した。

ウィルは、かつて優秀な兵士だったためアウトライアーに分類されている。偽名を使ってシアトルに入ったが、正体を知られているにも関わらず見逃されてシアトル入りした。

シーズン3では、ホストが人型のロボットであることや、人の言葉を理解していることも判明する。

ホストの数は数百ほどで、ドローンなどを含む機械は自動化され、ハイブマインドで動いている。

ハイブマインドは、蟻や蜂のように何かしらの理由で脳と脳が直結した通信方法のこと。

スナイダーの説明によると、ホストは外来種から人間を保護しようとしているとのことだが、事実上ホストは独裁体制によって強制している。

地球を軍事基地として利用し、人類を守ることでホストも守らせるというケースバイケースが目的。

また、コロニーは安全地帯として使用されているため、高い壁に覆われていると考えられている。

なお、協力者は豪邸を与えられ何不自由のない生活を約束されている。

ホストは敵が襲来してきた際、アウトライアーを防衛の前線で使おうとしていた。(アウトライアー計画)

元軍人の多くはアウトライアーに選別されている。襲来前から政府の監視対象となっている戦いのプロ。難民キャンプで登録した時にアウトライアーに特定されている。

シアトル入りを見逃したのも、外来種との戦いが迫っているが故のもの。

また、シアトルにアウトライアーを集めていたのは、まさにシアトルが拠点となっているためで、世界政府にとって最も重要な場所となっている。

スポンサーリンク

ホストの敵、最前線とは?

最凶最悪となるホストの敵は、一瞬見た限りでは人の姿をしているが、映画【プレデター】に登場した異星人のように姿を透明にすることが出来る。

近くに寄らずとも数十人を瞬時に殺害することが出来る能力があるようだが、どのような武器や能力を使用しているかは分かっていない。

11話で女性兵士が攻撃されたところでは、顔に青いレーザーのようなものを当てていることが分かる。

*スコープを通して敵の姿は確認できるが、完全に捉えることは難しいようだ。

ただ、「カインズが彼女に会いたい」と、マスクのようなものを付けて会った者。

後姿しか確認できなかったが、左頭部についているカプセルのようなものから、ソレはホストの敵である外来種であろうと思われる。

つまり、カインズは外来種と手を組んでいたと言うことになるのだ。

また、最終話はウィルがカプセルに入った状態で終わっているが、11話でウィルが入っていたものと同じカプセルに入れられた男性が兵士として送られたのと同じ場所に送られるのだろう。

いわゆる、スナイダーのいう「最前線」がまさにその場所なのかもしれない。

スポンサーリンク

【COLONY/コロニー】シーズン3の感想

シーズン1ではホストが表れず、本当の敵が何なのかは不明だった。

シーズン2では、ホストらしき姿が現れるも一部の人間は裕福な暮らしをしていることなどから、完全征服というわけでもなさそうな空気感が漂っていた。

シーズン3では、ホストと政府との協力関係が明らかになりつつ、ホストの目的も分かってきた。

最終的に、状況を聞かされたウィルは世界政府に協力する選択をし、アウトライアーにも協力を求めた。

結局は、世界政府に協力をすることで家族をも守ることが出来ると判断したのだろうが、だとすれば、ホストを敵対視していたレジスタンスは完全に空回りしていたと言うことになる。

ただ、今後もし外来種を倒せたとしても、ホストらが故郷に戻るとは限らない。

いずれにしろシーズン3で打ち切りということもあり、この先どうなったのかは予想するしかない。