PR

「慶余年2」最終回(36話)のあらすじネタバレ感想を結末まで│シーズン2

歴史 / 時代劇
(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

「慶余年2」最終回(36話)のあらすじネタバレ感想を結末まで紹介。

明家に潜入していた鄧子越は范閑に、三大坊が別の場所に移されたことを報告し、現在の三大坊の場所を教えます。范閑は王啓年を連れて三大坊に乗り込みますが……。

PR

「慶余年2」最終回(36話)のあらすじネタバレ

*自動翻訳で視聴したため、本記事のあらすじは間違っている場合があります。
Movie Poster

范閑は三大坊にある工芸品や技術を世に広めたいと考えていました。三皇子と史闡立は、范閑の選んだ道を信じて従うことを決めます。

范閑は海棠朵朵に親友のように思っていることを伝え、自分の真気がまだ回復していないことを明かしました。

すると海棠朵朵は、「天一道」の一部が苦荷によって改変されたこと、改変された通りに修練すれば真気を回復できても9品に到達できないことを教え、改変された部分を正しく修正します。

その夜、ひそかに明家に潜入していた鄧子越が范閑に会いに来ました。鄧子越は三大坊が別の場所に移されたことを報告し、現在の三大坊の場所を教えます。

范閑は王啓年と黒騎を連れて三大坊へ向かうと、途中で影子が現れ、葉流雲(四大宗師)が范閑を殺しに向かっているというのです。

しかし、今行かねば明家がまた三大坊の場所を移してしまうため、范閑は三大坊へ行くことにします。

三大坊の倉庫に到着すると、責任者たちはこの場所は明家のものだと主張します。范閑はその責任者たちの悪事を並べ立ててこの場で処刑し、三大坊の管理権を引き継ぐのでした。

PR

「慶余年2」最終回(36話)の結末

Movie Poster

范閑は葉流雲を出迎えるため桟橋に向かいました。王啓年と影子も同行しましたが、范閑は1人で葉流雲と対峙することを決め、持ってきた銃(四大宗師を倒せる銃)も使わないことにします。

葉流雲は人間とは思えない超越した力を見せつけながら登場しますが、范閑は葉流雲が自分を殺す気がないことを見抜いていました。もし范閑を殺してしまえば、京都に残っている葉一族の身が危なくなってしまうから。

葉流雲はそれを認め、范閑を殺さずに立ち去ります。その直後、なぜか范閑に真気が戻っていたのでした。

<第二季 完>~シーズン3に続く~

PR

「慶余年2」最終話(36話)の感想

鄧子越はお気に入りのキャラなので、最終話で登場してくれて嬉しかったです。海棠朵朵と范閑の組み合わせも好きなので、この2人のシーンも見られて良かった!

全体を通して楽しめましたが、ただ、シーズン1を見た時のような大きな気持ちの盛り上がりは感じられなかったかも……。

その理由として、シーズン2では色々なことが起きたものの、大筋のストーリーはあまり進んでいないように感じたこと。(シーズン1の謎もほとんど解明されていない)

もう1つの理由は、今シーズンからのキャラがたくさん登場しましたが、すぐに出てこなくなったり、終わってみればただのチョイ役だったな、という人物が多かったように思うこと。

そうなってしまうなら、新キャラの数は最小限に抑えて 前シーズンからのキャラの登場を増やして人物像を深掘りしても良かったのでは?その点、皇太子や慶帝の描き方はとても良く、彼らの人物像はシーズン1の時よりもくっきりしたように思います。

でも普通に楽しめましたし、特に30~33話あたりの展開は思わず食い入ってしまうほど面白かったです。また、チョイ役であっても個性を出してくるあたりは流石でしたし、随所で慶余年らしさを感じられたのも◎。

日本に上陸したら迷うことなく再視聴するつもりですし、正規の日本語字幕で見るのが今から楽しみです。シーズン3も待ち遠しいですが、いつになることやら(笑)

「慶余年2」(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
本ページの情報は2024年6月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。