PR

慶余年2│あらすじ全話を最終回まで分かりやすく紹介│第二季シーズン2

歴史 / 時代劇
(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

「慶余年2」(第二季/シーズン2)の全話あらすじ/ネタバレ/感想を最終回まで紹介。本作は現代の記憶を持つ主人公が、数々の難局をクリアしていく痛快時代劇です。

本国の中国ではもちろんのこと、日本やアジア圏でも圧倒的な人気を誇る「慶余年」の新シーズンはどのような展開を迎えるのか!?

PR

「慶余年2」1話のあらすじネタバレ感想

Movie Poster
*自動翻訳で視聴したため、本記事のあらすじは間違っている場合があります。

北斉から慶国に戻る途中、二皇子の配下に包囲された范閑は背後から言氷雲に刺されて倒れました。(←シーズン1のラストシーン)

慶国には范閑が死亡したとの知らせが届き、それを聞いた慶帝は取り乱します。

同じく范閑の死の知らせを受けた陳萍萍と范建も動揺していました。范建は范閑を使者として北斉へ送り込んだ陳萍萍を責め、そのせいで范閑の命が危険にさらされたのだと怒りをぶつけます。

そこへ、新しい知らせが届き、范閑を殺したのが言氷雲らしいと知った陳萍萍らは言氷雲を慶国に呼び戻すことにします。しかし、よくよく考えてみた結果、范建と陳萍萍は范閑が死を偽造した可能性に行きつきました。

同じく、范閑の死の知らせを受けたニ皇子も死の偽造を疑います。

そして実際、范閑は生きており、范閑を刺した言氷雲も偽造作戦の協力者でした。范閑は言氷雲に、なぜ二皇子ではなく自分サイドについたのかと尋ねました。言氷雲は慶国に対する忠誠心からだと答え、二皇子が私欲のために北斉と手を組んだことを批判します。

范閑は言氷雲と別れ、王啓年と共に慶国へ戻りました。すると、都ではなぜか范閑の死が大々的に広まっており、范閑の関連品を売る人々で溢れ返っていました。そんな中、范閑と王啓年は隠し通路を使って王啓年の屋敷へ向かいます。

その頃、言氷雲の父親は自ら牢に入っていました。

感想

待ちに待った「慶余年」のシーズン2/第二季がついに配信されました!中国では歴代トップの「視聴予約数」を記録したほどの熱量なのだとか。日本のファンも連日盛り上がっており、慶余年の人気を改めて実感します。

それにしても、これだけのキャスト陣がよく再び揃いましたね。一部のキャストは変更となりましたが、ほとんどのキャストはシーズン1からの続投ということで、それだけでもテンションが上がります。

第一話はストーリーはそれほど進んでいませんが、范閑を溺愛するおじ様たちがそれぞれ、范閑の死の知らせを受けて取り乱しまくっている様子にクスッときました。でもすぐに、死が偽造だろうと見抜くあたりはさすがですね。

それにしても、言氷雲が范閑サイドについてくれて良かったです!言氷雲が范閑の味方についたのは慶国への忠誠心からですが、言氷雲は本当は肖恩の孫なので、慶国人ではなく北斉の人間なんですよね。いつか自分の本当の出自を知った時、言氷雲はそれでも慶国に忠誠を誓うのでしょうか。

PR

「慶余年2」2話のあらすじネタバレ感想

Movie Poster

王啓年は范閑が死を偽造したことについて、慶帝を欺いた罪に問われるのではないかと懸念します。范閑は自分には考えがあると言い、王啓年に引き続き滕梓荊の妻子を探すよう頼みました。

宮中に侵入した范閑は慶帝お付きの侯宦官に接触し、慶帝に謁見させてほしいと頼みます。しかし侯宦官は、陛下は激怒しているから謁見すれば死ぬだけだと言い、范閑に帰るよう促しました。

その直後、陳萍萍が范閑の前に現れます。陳萍萍は死を偽造し慶帝を欺いた范閑を叱りつつも、慶帝に謁見できるよう説得してみると言いました。

范閑は感謝し、慶帝に渡して欲しいものがあると言って図面のようなものを陳萍萍に預けます。

慶帝に謁見した陳萍萍は、慶帝を欺いた范閑を許すべきではないと前置きしたうえで、范閑に会ってはどうかと取りなしました。そして、范閑から預かった先ほどの図面を慶帝に渡します。

陳萍萍の取りなしが成功したのか、范閑は慶帝の居所へ通されました。ただ、直接の謁見はできず、范閑は手前の部屋で跪いて慶帝に聞こえるよう大声で謝罪し、死を偽造せざるを得なかった理由を説明します。また、ニ皇子と長公主が北斉と結託していたことや、“神廟の場所”についても報告します。

それまで無反応だった慶帝は神廟の話になると少し反応しますが、結局は范閑を追い払いました。
(范閑に死罪を言い渡さなかったということは、許したということなのかも?)

范閑は皇太子のもとを訪ね、ニ皇子と長公主が北斉と結託して密輸&横領していたことを伝えます。皇太子は信じられませんでしたが、范閑は「史家鎮」という村を調べれば密輸の証拠が出てくるはずだと教えます。

そして、范閑は皇太子に手を組もうと持ちかけると、皇太子は承諾し「史家鎮」を調べることも約束しました。

范閑が王啓年の屋敷に戻ると、王啓年は滕梓荊の妻子が「抱月楼」にいるようだと報告します。しかし、抱月楼は会員制で店に入るには専用の札が必要でした。

そこで、范閑と王啓年は、王啓年と面識のある抱月楼の歌女・桑文に会いに行くことにします。ただ、抱月楼の中に入ることはできないため、桑文の行きつけの衣服店で待ち伏せすることにしました。

感想

そう言えば、范閑はシーズン1の後半で陳萍萍に反発心を抱いていたのでしたね。(滕梓荊の存在や、范閑の身に起きたすべてのことが陳萍萍たちの用意した策であり駒だったことから)
そのため范閑は以前ほど陳萍萍を信用していないようですが、陳萍萍のほうは以前と変わらず范閑を支援しており、今回も慶帝に取りなしてくれました。

PR

「慶余年2」3話~10話あらすじネタバレ

あらすじ

范閑は抱月楼の一室に侵入します。するとそこへ、オーナーと思しき人物が入ってきますが、その人物は范閑の知る人物でした。

抱月楼にいる范閑を捕らえるため、二皇子が兵を引き連れて乗り込んで来ます。さらにそこへ、皇太子が兵を率いてやって来て……。

PR

「慶余年2」11話~20話あらすじネタバレ

Movie Poster
あらすじ

抱月楼で殺人事件が起きました。現場に駆けつけた范閑が被害者の遺体を確認すると、金頭の娘でした。范閑は事件と同時に姿を消したという袁夢を探し出すよう命じます。

都察院にも殺人事件の知らせが届き、抱月楼のオーナーが范思轍であることを知った頼名成は范家を調査することにしますが……。

PR

「慶余年2」21話~30話あらすじネタバレ

Movie Poster
あらすじ

春季の科挙の合格者が発表されました。楊万里と侯季常は合格したものの、史闡立は試験に落ちてしまいました。

そんな中、賀宗緯が未亡人を連れて范閑に会いに来ます。未亡人は、自分の夫は過去の科挙に合格したものの林若甫の弟子に取って代わられ、その上、林若甫の手の者に殺されたことを話しました。

PR

「慶余年2」31話~35話あらすじネタバレ

Movie Poster
あらすじ

范閑の出自に関する噂が京都中に広まりました。范閑が“慶帝と葉軽眉の息子”だというのです。

この噂を知った長公主は「范閑を殺してやる!」と激昂し、葉軽眉と范閑に対する憎しみを露わにします。

また皇后は、葉軽眉を殺したのは自分の一族であるため、もしも范閑が葉軽眉の死の真相を知れば自分たちの敵になるのではないかと危惧しました。

PR

「慶余年2」最終回(36話)のあらすじネタバレ

Movie Poster
あらすじ

明家に潜入していた鄧子越は范閑に、三大坊が別の場所に移されたことを報告し、現在の三大坊の場所を教えます。

范閑は王啓年を連れて三大坊へ向かうと、途中で影子が現れ、葉流雲が范閑を殺しに向かっているというのです。しかし范閑は構わず三大坊へ乗り込み……。

「慶余年2」(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
本ページの情報は2024年6月のものです。最新の情報は公式ページまたは動画配信サービスにてご確認ください。