【燕雲台】34話・35話・36話ネタバレ感想|三系統の攻防(えんうんだい) | Dramas Note
スポンサーリンク

【燕雲台】34話・35話・36話ネタバレ感想|三系統の攻防(えんうんだい)

歴史
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

燕雲台えんうんだい-The Legend of Empress-】34話・35話・36話のあらすじとネタバレ感想。蕭烏骨里は、耶律喜隠が射鬼箭の台の準備を買って出たのは蕭燕燕を陥れるためだと気づきますが、それを言い出せないまま、射鬼箭の日を迎えてしまいます。一方、耶律喜隠の怪しい動きを知った韓徳譲は刑場へと馬を飛ばしますが……。

スポンサーリンク

34話のあらすじとネタバレ

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

景宗は耶律休哥を呼び、ある頼み事をしました。

耶律休哥は女里を訪ね、蕭思温の死に不審な点があることをちらつかせて自分を政事令に推挙するように脅したのです。

それを聞いた高勲は女里に、景宗に近しい耶律休哥を抱き込むのは危険だと忠告しますが、女里は自分が耶律休哥を手なずけてみせると言うのでした。

一方、蕭烏骨里は、耶律喜隠が屋敷で、侍従に蕭燕燕が射鬼箭の台に登る時に階段が崩れる細工をするよう指示しているのを立ち聞きしてしまいます。

蕭烏骨里はなぜそんなことをするのかと詰め寄りますが、耶律喜隠に私の帝位への道を支持するんじゃないのかと言われ、何も言えなくなってしまうのでした。

そして迎えた射鬼箭の日。

射鬼箭の台を調達したのが耶律喜隠だと知った韓徳譲は不安を感じ、刑場へと馬を飛ばします。

刑場に着き、蕭燕燕が階段を登っているのを見て「ご注意を」と叫ぶ韓徳譲。

その時、階段が崩れますが、蕭燕燕は後ろにいた蕭烏骨里に腕を掴まれて落下せずに済むのでした。

蕭胡輦は刑の延期を提案しますが、蕭燕燕は予定どおりに執行することを望みます。

姉たちとともに父の仇をとることができた蕭燕燕でしたが、蕭烏骨里が自分を助けることができたのは耶律喜隠の企みを最初から知っていたからだと考え、蕭烏骨里を信じられなくなるのでした。

スポンサーリンク

その頃、屋敷に帰った耶律喜隠は、蕭燕燕を助けたことで自分と息子の立場が危うくなったと蕭烏骨里を責めていました。

蕭烏骨里は帝位への道は支持しますが、自分の姉妹には手を出さないでと言い返すのでした。

宮廷では景宗と韓徳譲が、耶律喜隠にどう対処するかを思案していました。

その話を聞いた蕭燕燕は、今、耶律喜隠に手を出せば皇族たちが不安になり、国が揺らぐと忠告します。

代わりに蕭燕燕は、耶律喜隠を牽制するために耶律罨撒葛を呼び戻そうと提案するのでした。

その案を危険視する景宗に蕭燕燕は、耶律罨撒葛に見えないところで挙兵の準備をされる方が脅威となる、また、都で耶律罨撒葛と耶律喜隠がにらみ合って動けない間に、自分たちは力を養えばいいと言います。

韓徳譲は、もし耶律罨撒葛を呼び戻してすぐに攻められたらと心配しますが、蕭胡輦がいるから大丈夫と答える蕭燕燕。

さらに、韓徳譲は国のために姉妹が反目することになるのではと不安を口にしますが、蕭燕燕は姉妹の情より国が大事、姉上も同じ思いのはずだと答えるのでした。

蕭胡輦は、景宗の命を受けて耶律罨撒葛を迎えに行きます。

都に戻った耶律罨撒葛に、景宗は自分の病は悪化していく一方だが、自分の子どもが小さいうちは帝位を継いでも守れない、皇太叔となって蕭燕燕と子どもを守ってほしいと申し出るのでした。

スポンサーリンク

34話の感想

蕭燕燕が射鬼箭の台を登る場面は本当にドキドキしてしまいましたが、蕭烏骨里が腕を掴んでくれてホッとしました。

しかし、勘の鋭い蕭燕燕のこと、そんなことがあったら蕭烏骨里が最初から計画を知っていたことに気づいてしまいますよね。

喧嘩しても仲直りしてきた姉妹の絆が今度ばかりは容易には元に戻らないかもしれないと思うと悲しいです。

また、耶律罨撒葛を呼び戻すことになり、韓徳譲が心配するとおり、蕭胡輦と蕭燕燕の関係がどうなっていくのかも気になります。

スポンサーリンク

35話のあらすじとネタバレ

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

景宗は大臣たちの前で、皇太叔の称号を耶律罨撒葛に授けると正式に宣言します。

散会後、女里と高勲は早速、耶律罨撒葛に近づき、「お帰りを待っていました」と言って取り入るのでした。

私も2人と景宗を支えたかったと同意する耶律罨撒葛。

実は耶律罨撒葛は、景宗が自分を皇太叔にしたのは耶律喜隠に対抗させるためだと気づいていて、女里と高勲との同盟を壊してやろうと企んでいるのでした。

その後、耶律罨撒葛の屋敷へ、突然、安只が訪ねてきます。

表向きは長旅を労うための料理を届けに来たかたちでしたが、権力争いに興味をなくした耶律只没を見限って耶律罨撒葛に取り立ててもらおうという魂胆なのでした。

耶律罨撒葛は忠誠を誓う代わりに栄華を与えると安只に約束します。

スポンサーリンク

しばらくして、蕭燕燕が男子を出産します。

景宗は喜びますが、娘だったらよかったのに、息子は周りから標的にされると心配する蕭燕燕。

皇子の満1ヶ月の祝宴の日、蕭燕燕の心配が的中。

祈祷が終わり、シャーマンから皇子を受け取った侍女がつまずくふりをして熱湯の中に皇子を落とそうとしたのです。

シャーマンがとっさに火傷を負いながら皇子を抱き留め、助けました。

蕭燕燕は見ない顔の侍女を誰の差し金かと問い詰めますが、侍女は口を閉ざしたまま自害してしまいます。

この事件をきっかけに、蕭燕燕は息子を守るために強大な皇后になると決心するのでした。

また、祝宴に招かれていた耶律罨撒葛は、耶律喜隠と侍従の会話から、その黒幕が耶律喜隠だと気づきます。

耶律罨撒葛は景宗の注意が耶律喜隠に向けられているのを好機に、密かに自分も動き出すことにしました。

そんな中、景宗が倒れます。

耶律罨撒葛は、景宗の見舞いに来た自分の異母弟である耶律敵烈に、我が系統で唯一の子孫であるお前の息子を頼りにしていると言いました。

耶律敵烈の妻は、今まで異母弟ということで冷たくされてきたのに、景宗と耶律喜隠に息子が産まれた途端、態度を変える耶律罨撒葛に不信感を抱くのでした。

スポンサーリンク

35話の感想

耶律喜隠と同盟を結んでいたのに、耶律罨撒葛が戻ってきた途端に取り入る女里と高勲は狡猾ですね。

そして、耶律罨撒葛の手先の侍女を毒殺したにもかかわらず、再び耶律罨撒葛に近づいていく安只もなんとふてぶてしいのでしょう!

歴史ドラマにはありがちですが、ヒロインの周りは本当に腹黒い人物ばかりですね……。

また、生後間もない皇子まで狙われることになり、蕭燕燕が後世に”鉄血紅顔”(鉄の血を持つような強い美女)と言われるほど強くなっていったのがわかる気がしました。

スポンサーリンク

36話のあらすじとネタバレ

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

景宗を見舞いに来た耶律罨撒葛と耶律敵烈に何か不穏なものを感じた蕭燕燕は、今は安静が必要だと言って断ります。

耶律罨撒葛は不服そうにしますが、蕭燕燕は毅然とした態度で見舞いを拒むのでした。

景宗の回復に時間がかかるため、翌日の朝議は蕭燕燕が1人で執り行うことになりました。

蕭燕燕は韓徳譲ら腹心の家臣を集めて事前に朝議の対策をたてることにします。

耶律罨撒葛と耶律喜隠に同時に対処するのは難しいので、まずは耶律喜隠を抑えたいと言う蕭燕燕。

韓徳譲は、抑えるのではなく逆に形だけの職を与え、耶律喜隠がますます傲慢になって支持する者たちが離れていくのを待つ案を進言します。

その頃、耶律罨撒葛は景宗が病床にあるうちに、蕭燕燕と耶律喜隠の対立を深めさせようと画策していました。

耶律罨撒葛は侍従を通じ、女里と高勲に朝議で蕭燕燕と耶律喜隠の対立をあおるように指示するのでした。

スポンサーリンク

そして迎えた朝議。

最初に耶律喜隠が、景宗が倒れたそうだが、その間政治はどうするつもりかと皮肉ぽっく尋ねます。

景宗から代行するように仰せつかっていると答える蕭燕燕。

耶律喜隠は産後の体で務まるのかと異議を唱え、摂政は血縁の者がなるべきだと進言します。

それを聞いた高勲が、臣下は皇帝のめいに従うものだと反論しました。

耶律喜隠は、この国に漢人の補佐など要らないと言い返し、皇帝は病床にあるのに誰が下した聖旨かわからないと言いがかりをつけます。

蕭燕燕は口頭で下した命だと言い、景宗を診ていた韓匡嗣も聞いていたと言いました。

韓匡嗣も確かに聞いたと言って、蕭燕燕を援護します。

耶律喜隠は、病床で下した命を真に受けて国が乱れても責任をとれるのかと突っかかります。

それを聞いた高勲は皇后の国を治める才を疑うのかと言い、女里も国を乱したいのかと耶律喜隠に詰め寄りました。

耶律喜隠は蕭燕燕に、こんな臣下では政治は混乱するばかり、どうやって治めるつもりかと尋ねます。

高勲が皇后の代行を阻むとは、まさか自分が取って代わるつもりかと大声を出し、他の大臣たちもざわつき始めました。

その時、大臣たちを静かにさせた蕭燕燕は、なんと自分は景宗の代行として力不足だ、摂政は耶律喜隠がふさわしいと言ったのです!

また、大臣たちがざわめきますが、韓徳譲が重大な事なので本日は保留にして景宗の決断を待つことを提案して散会になりました。

耶律喜隠は満足げに帰って行く一方、女里は予想外の展開に首をかしげます。

高勲は、そんな女里に、これには裏があるに違いないと言うのでした。

朝議での策を聞いて感心する景宗に、蕭燕燕は実は韓徳譲の発案だと打ち明けます。

蕭燕燕は韓徳譲を、旅に出て政治についてさらに深い見識を持ったと称賛するのでした。

高勲と女里は朝議での件について耶律罨撒葛に相談に行きました。

朝議で蕭燕燕の腹心たちが1人も反論しなかったことから、すでに耶律喜隠を摂政にする筋書きができていたと指摘する耶律罨撒葛。

耶律罨撒葛は、まずは耶律喜隠を片づけようと言うのでした。

スポンサーリンク

その後、景宗の皇子を殺そうとした侍女の部屋から、耶律喜隠の指示が書かれた手紙が見つかりました。

また、韓徳譲が侍従に調べさせていたシュロの葉の靴の中敷きを作れる都で唯一の職人が見つかり、中敷きは全て耶律喜隠の屋敷に納めていると証言します。

韓徳譲は景宗と蕭燕燕に、皇子の件も刺客の件も耶律喜隠が真犯人だと指し示す証拠が急に出てきたことがかえって怪しいと進言しました。

蕭燕燕も同意して、耶律喜隠を摂政にしないために誰かが裏で動いているのかもしれないと言います。

しかし、景宗は韓徳譲に、耶律喜隠を処罰するように命じるのでした。

蕭燕燕は韓徳譲に、くれぐれも蕭烏骨里と留礼寿は傷つけないようにと頼みます。

摂政への道が確実になったと思った耶律喜隠は、屋敷で上機嫌で酒を飲んでいました。

蕭烏骨里が図に乗ってはいけないと言っても耶律喜隠は聞き入れず、怒った蕭烏骨里は部屋を出て行ってしまいます。

スポンサーリンク

36話の感想

朝議に向けて、蕭燕燕側も耶律罨撒葛側も策を練っていましたが、蕭燕燕側の方が一枚上手でしたね。

二系統の攻防に気づかず、形だけの摂政の座に1人で浮かれる耶律喜隠の姿が哀れです。

そして、そんな耶律喜隠と結婚してしまったために、これから数奇な運命をたどりそうな蕭烏骨里が可哀想になります。

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
本ページの情報は2022年11月時点のものです。最新の情報は公式ページまたは動画配信サービスにてご確認ください。