【燕雲台】37話・38話・39話ネタバレ感想|都の噂(えんうんだい) | Dramas Note
スポンサーリンク

【燕雲台】37話・38話・39話ネタバレ感想|都の噂(えんうんだい)

歴史
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

燕雲台えんうんだい-The Legend of Empress-】37話・38話・39話のあらすじとネタバレ感想。数々の罪が露見した耶律喜隠は流罪になりました。しかし、韓徳譲は蕭思温殺害については、耶律罨撒葛が耶律喜隠に罪をかぶせたものだと気づきます。そんな中、都で蕭燕燕と韓徳譲が恋仲だという噂が広まり……。

スポンサーリンク

37話のあらすじとネタバレ

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

韓徳譲は耶律喜隠の屋敷に行き、景宗からの外出禁止令を伝えます。

耶律喜隠が軟禁状態に置かれると、同盟を結んでいたはずの女里と高勲は耶律喜隠の罪を追求し、厳しい罰を与えるようにと蕭燕燕に進言するのでした。

耶律罨撒葛の意見で、耶律喜隠は流罪となります。

耶律喜隠の刑を聞いた蕭烏骨里は、蕭燕燕のところに怒鳴り込みました。

蕭燕燕から耶律喜隠が蕭思温殺害の黒幕だったと聞かされた蕭烏骨里は、屋敷に帰って耶律喜隠を問い詰めます。

耶律喜隠から騰里に誓って蕭思温は殺していないと言われた蕭烏骨里は、必ず濡れ衣を晴らすと約束しました。

しかし、景宗にも蕭燕燕にも取り合ってもらえなかった蕭烏骨里は、韓徳譲に助けを求めることにします。

韓徳譲は蕭烏骨里の頼みを聞いて、耶律喜隠にもう一度話を聞くことにしました。

スポンサーリンク

自暴自棄になっている耶律喜隠は、屋敷を訪ねて来た韓徳譲に刀を向けますが、韓徳譲は冷静に狩りに向かう景宗一行を襲ったのかと尋ねます。

もし、自分が景宗を襲えばそれを口実に耶律罨撒葛が自分を殺して息子は皇帝になれない、そんな愚かなことはしないと答える耶律喜隠。

韓徳譲は重ねて、刺客の遺留品の中にこの屋敷にしか納められていないものがあったと言います。

耶律喜隠は、自分が黒幕だとしたら証拠となるようなものを残すはずはないと答えました。

また、韓徳譲は耶律喜隠が女里と高勲と組んでいたことを指摘。

耶律喜隠は思わず、女里と高勲が蕭思温殺害の黒幕だと知って脅しただけだと言ってしまいます。

それを聞いた蕭烏骨里は、耶律喜隠が女里と高勲が黒幕だと知っていながら自分に黙っていたことに大きなショックを受けるのでした。

韓徳譲は本当に潔白を証明したければ自分が力を尽くすと言いますが、耶律喜隠は私はハメられた、もう釈明できないと言って座り込んでしまいます。

結局、耶律喜隠は流罪として幽州に送られることになりました。

その後、韓徳譲は耶律喜隠の屋敷の者たちを調べさせ、蕭思温の屋敷から女里と高勲に関する告発状を盗み出した者が行方不明になっていることがわかります。

そして、その者の部屋から耶律罨撒葛の腹心である粘木袞でんぼくこんの名が記された手紙の破片が見つかりました。

韓徳譲は耶律喜隠を罠にかけたのは耶律罨撒葛だと確信し、それを景宗に報告します。

そんな中、蕭胡輦の懐妊が判明し、耶律罨撒葛は帝位を奪い返すために急いで動き出すことにしました。

しばらくして、都で蕭燕燕と韓徳譲が恋仲だという噂が広まります。

それは、朝廷から韓徳譲を引き離そうとする耶律罨撒葛の策略でした。

蕭燕燕と韓徳譲は冷静に受け流しますが、景宗は口では2人を信じていると言いながらも噂を気にせずにはいられません。

スポンサーリンク

37話の感想

今更、蕭思温殺害の黒幕に仕立て上げられていたことに気づく耶律喜隠。浅はかですね。

しかし、そんな耶律喜隠の話も冷静に聞こうとする韓徳譲がかっこいいです!

それにしても、蕭燕燕と韓徳譲は引き裂かれた辛い過去を背負っているのに、今頃そんな噂を流されたら余計に傷つくはず。

見ているだけでやるせない気持ちになります。

スポンサーリンク

38話のあらすじとネタバレ

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

蕭燕燕が1人で執り行う朝議で、女里が噂について言及します。

しかし、耶律休哥が根も葉もない噂話まで朝議に挙げるほど暇なのかと女里を揶揄。

女里は高勲に助け舟を求めて目くばせをしますが、高勲は口を開こうとしません。

蕭燕燕が女里に、ではどう対処するのかと尋ね、女里は韓徳譲を取り調べるべきだと答えます。

韓徳譲は私も賛成だが、それは女里の仕事ではなく、皇室の行いを管理をする職にある耶律休哥の仕事だと言い返しました。

孤立した女里は、皇族の名を汚した罪は流刑や死罪にも値するとわめきます。

そこへ景宗が現れたため、女里は黙り込み、事態は収束しました。

その夜、景宗は韓匡嗣を呼び出し、これ以上韓徳譲に噂話による屈辱を受けさせたくないと言って遠回しに婚姻を勧めました。

それを察した韓匡嗣は帰宅し、韓夫人に相談します。

韓夫人は、元はと言えば韓徳譲と蕭燕燕の仲を引き裂いたのは景宗なのに、と憤慨しますが、息子がいつまでも独り身でいることを心配して韓徳譲に李思との縁談を勧めることにしました。

スポンサーリンク

一方、朝議後、高勲とともに耶律罨撒葛に呼び出された女里は、朝議で援護してくれなかった高勲に不満をあらわにします。

言い合う2人を見て耶律罨撒葛は、景宗の蕭燕燕への信頼が思っていたよりも厚かったのに、事を急いだ自分のせいだと謝罪しました。

そこで女里の怒りは収まりますが、その後、韓徳譲をめぐって耶律罨撒葛と女里がたびたび漢族を侮辱する発言をし、高勲は気分を害するのでした。

引き続き刺客の黒幕について調べていた韓徳譲は事件の経緯を景宗と蕭燕燕に報告します。

  • 耶律罨撒葛は蕭思温が穆宗暗殺に関わった上、新帝として景宗を擁立したことを恨んでいた。
  • 景宗即位後、蕭思温に権力が集中しているのを女里と高勲が妬んでいるのを耶律罨撒葛は気づいていた。
  • 耶律罨撒葛は女里と高勲を焚きつけるために腹心の粘木袞に告発状を書いて蕭思温に届けさせた。
  • 焦った女里と高勲は、蕭海只と蕭海里を追い込んで海東青を雇って蕭思温を殺害させようとした。
  • 耶律罨撒葛は海東青が蕭思温を襲うと同時に、海東青を装った配下に景宗を狙わせた。
  • さらに、耶律罨撒葛は女里と高勲が蕭思温殺害に関与していることを耶律喜隠に知らせ、2人に関する告発状を耶律喜隠の配下が見つけやすいように蕭思温の屋敷に置いて、耶律喜隠が女里と高勲と結託するように促した。
  • その後、摂政を譲る話が出た途端に、耶律罨撒葛は耶律喜隠を黒幕と思わせる証拠を次々と出して罪を着せた。

報告を聞いた蕭燕燕は、このことは蕭胡輦には内密にしてほしいと頼みます。

スポンサーリンク

38話の感想

いつものことながら、直接自分が手を下さず、誰かにやらせる景宗のやり方が皇帝とはいえ、ちょっとズルいなと思ってしまいます。

憤慨する韓夫人の気持ちもよくわかります!

また、同盟を組んでいた女里と高勲の間に少しずつ亀裂が入り始めているようですね。

この亀裂が2人にとって命とりになるのでしょうか。

今後の動向が気になります。

スポンサーリンク

39話のあらすじとネタバレ

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

ある日、武術の稽古中の韓徳譲のもとを突然、李思が訪れ、汗拭き用に手巾を差し出します。

韓徳譲はそれを受け取らず、侍従が用意した布で汗を拭きました。

李思は噂話を聞き、あなたが心配で都に来たと言います。

自分ではなく、もっとふさわしい相手に嫁ぐべきだと言う韓徳譲。

李思は、韓夫人が婚姻相手を探していると聞いた、それならば見知らぬ女子ではなく私を選んでほしいと言いました。

韓徳譲は自ら進んで苦労する道を選ぶことはないと断ります。

後日、韓徳譲は侍従に連れられて噂の出どころだと言う酒楼に行きます。

そこでは講談師が大勢の客を前に、蕭燕燕と韓徳譲の恋物語を声高に語っていました。

侍従が客たちを帰そうとすると、講談師が韓徳譲は皇后との仲を盾に横暴な真似をするのかと突っかかってきます。

そこへ李思が現れ、客たちに韓徳譲は私と結婚すると宣言します。

韓徳譲は自ら厄介ごとに巻き込まれるなと忠告しますが、李思は構わずに幼い頃からの許嫁だったが、韓徳譲が国に尽くしているので婚礼が遅れていると続けました。

ところが、講談師が若い娘が軽々しく発言することではないと言い返し、李思はうつむいてしまいます。

それを見た韓徳譲は客たちに向かって李思との婚約は事実だから、これ以上の噂話は控えてほしいと堂々と宣言。

その言葉を聞いた客たちはつまらなそうに帰って行きます。

客たちが帰った後、韓徳譲は李思に嫌な思いをさせたと謝罪しました。

李思は自分の方こそ勝手なことを言ったと謝罪し、明日帰郷すると言います。

しかし、韓徳譲は李思の手をとり、もう屈辱は受けさせない、できる限り努力してよい夫となると言うのでした。

婚礼後、韓徳譲は李思とともに幽州へ帰ると蕭燕燕に報告します。

蕭燕燕は引き留めますが、景宗が韓徳譲に幽州行きを許可しました。

韓徳譲が宮廷を去った後、蕭燕燕は景宗が韓徳譲を追い出したかったのではないかと疑い、これでは野心を持つ者たちの思うつぼだと問い詰めます。

景宗は急ぎの用があると逃げ出すのでした。

スポンサーリンク

一方、耶律罨撒葛は太妃の蕭蒲哥に薬を手渡し、皇子にこっそり飲ませるように指示していました。

薬を飲まされた皇子は急に高熱を出し、景宗の侍医も韓匡嗣も熱を下げることができません。

話を聞いて皇子の見舞いに行こうとした蕭胡輦に、耶律罨撒葛はシャーマンを呼び、宮中に祭壇を置いて皇族総出で祈ることを提案しました。

蕭胡輦から話を聞いた景宗と蕭燕燕は一縷の望みをかけて、それを受け入れます。

祈祷の日、シャーマンによる祈りは夜中まで続いていました。

夜中に目を覚ました蕭胡輦は耶律罨撒葛がいないことに気づいて探しに行きます。

シャーマンが祈祷する天幕の中で、耶律罨撒葛が蕭蒲哥に薬を飲ませてから時間が経つのになぜ皇子は死なないのかと問い詰めているのを立ち聞きしてしまう蕭胡輦。

祈祷は皇子の回復の祈りではなく、呪いだったのです!

蕭胡輦が祈祷を止めさせようと祭壇を倒した時、燭台の火が天幕に燃え移ってしまいました。

耶律罨撒葛は配下に口封じのために太妃たちを始末するように命じ、蕭胡輦を連れて逃げます。

スポンサーリンク

39話の感想

とうとう強引な手段に出た李思。

しかし、李思の気持ちを受け入れるのが、今の韓徳譲にとっても、朝廷にとっても最善の策だったのかもしれません……。

韓徳譲が去った後、宮廷で大きな事件が起こり、蕭燕燕たちの運命は今後どうなっていくのでしょうか。

©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
本ページの情報は2022年11月時点のものです。最新の情報は公式ページまたは動画配信サービスにてご確認ください。