『ゴシップガール』シーズン5の見どころと感想。相変わらずスキャンダル満載!シンデレラガールのブレアに悲劇が! | Dramas Note

『ゴシップガール』シーズン5の見どころと感想。相変わらずスキャンダル満載!シンデレラガールのブレアに悲劇が!

出典:www.amazon.co.jp


【ゴシップガール】シーズン5ネタバレ。

プリンセスへの道まだあと一歩のブレア。

このまま結婚して幸せになれるのか?ブレアの選択に注目です。

また、アイヴィーによって財産を狙われ、家庭をひっかき回されるセリーナ家の行く末も見逃せません。

スポンサーリンク

『ゴシップガール』シーズン5のあらすじ

セリーナは夏休みを利用して、映画撮影のアシスタントという自分にピッタリな仕事を見つけました。

LAでアシスタントとしてバリバリ働いているところへ、気ままに世界旅行を楽しんでいるチャックとネイトが訪ねてきます。

ニューヨークのアッパー・イースト・サイドでは、ブレアがルイとの結婚準備を進めていました。

しかし、伝統を重んじるルイの母親と意見が合わずストレスが募るブレア。

しかも、母親に逆らえずいいなりになるルイに不満がたまります。

一方、チャックへの気持ちが残っていると感じるルイは、自分をとるか、チャックをとるかという究極の選択をブレアに迫るのでした。

そのころダンは、ヴァネッサのおかげで、念願の小説を出版できることになりました。

しかし、自分の生活をモデルにしていることで色々とトラブルが起こってしまうことに……。

セリーナの家族にも遺産を巡る揉め事が起こります。

ずっと疎遠だったリリーの姉キャロルの娘チャーリーが現れ、祖母シシーの莫大な財産を狙おうとしたのです。

しかし、チャーリーと思われていた人物は、シシーの財産を手にするためにキャロルに雇われていた赤の他人でした。

驚くセリーナ一家でしたが、シシーの遺言がさらなる混乱を招きます。

そして、衝撃の事実が発覚。

なんと、目の前で死んだはずのチャックの父親が生きていたのです。

商売敵によって仕組まれた事故にあったバートはそれを利用して、家族を守るために死を装い姿をくらましていたのでした……。

スポンサーリンク

『ゴシップガール』シーズン5の見どころ

ブレアの結婚そして事故……

前シーズンでゴミ箱に捨てられていた陽性の妊娠検査薬はブレアのものでした。

メイドのドロータも同じ時期に二人目を妊娠して、一瞬あの検査薬はドロータのものだったのか!と思いましたが、ウェディングドレスの採寸係から妊娠を指摘されてしまいました。

ドロータの妊婦健診に付き添うブレアは、妊娠についてあれこれ質問してしまい、ドロータに妊娠がバレてしまいます。

「誰にも話さないで。少し考えたいの。」というブレア。

手放しで喜べない理由がありそうです。

ルイの子なのか、チャックの子なのか……迷いつつも検査してみるブレア。

結果、ルイの子だと判明しますが、ブレアの心はチャック寄りのようです。

チャックとブレア、また心が通い合ったと思った矢先、二人の乗った車が事故にあってしまいます。

そしてブレアはおなかの子どもを流産してしまいました……。

結局ルイと色々ありつつも結婚式をあげるのですが、散々裏切られたルイはもう我慢の限界。

ブレアの結婚生活は最悪な方向へと向かっていく事になります。

ルイサイドから見たら、ブレアに対する酷い仕打ちも理解できるところはあります。

世界が注目する結婚式で大恥をかかされたのですから。

ですが、愛しているのなら揉めずにブレアを自由にしてあげて欲しかったなとも思いました。

次々と起こるビックリなマッチング

同じ仲間内でくっついたり離れたりが繰り返される本作ですが、ありえないと思っていたダンとブレアが付き合うことになるとは!ビックリな展開です。

全てにおいて共通点が一つもないような二人ですが、だからこそ惹かれ合ってしまったのでしょうか?なんだかんだいっても、ブレアに似合う人物はチャック・バスただ一人!と感じている視聴者も多いことでしょう。

全て失って絶望状態のチャックに、「今度は私があなた追う番よ。あなたを信じて全てを賭けるわ」といってチャックの隣に座るブレア。

良い雰囲気で終わった二人はファイナルシーズンではどうなるのかと楽しみです!

散々対立していたチャックの叔父・ジャックが、チャックのためにブレアに連絡したところは、ジャックを少し見直してしまいました。

チャックのパパが生き返った!?

飛行機事故で亡くなったはずのチャックの父親バートが実は生きていたことが発覚!

トラブルに巻き込まれ、死んだふりをして身を隠すしかなかったようですが、動揺するチャック。

当たり前の反応ですね。

しかも、チャックがバートの為にと必死で継いだビジネスを、また自分のものにしようとする父。

息子を褒めるどころかダメ出し連発!家庭に恵まれないチャックが不憫で仕方ありません。

この父が、次シーズンでもひっかき回すことになりそうです……。

スポンサーリンク

遺産争いで荒れるセリーナの家族

アイヴィーは、シシーの前に現れ、自身のことを“孫娘のチャーリー”だと偽りました。

チャーリーに成りすましたのは、シシーの財産を手に入れるためのキャロルの策略です。そしてアイヴィーは、セリーナの身辺を荒らしに荒らしまくります。

ずっと疎遠だったため、家族は誰も、キャロルの娘であるチャーリーの顔を知りません。

本物のチャーリーではないことがいつバレるのだろうとハラハラしましたが、なかなかバレることなく話は進んでいきました。

その後、本物のチャーリーが登場したことで追い詰められたアイヴィーでしたが、実はシシーは初めからアイヴィーの存在に気づいていたというオチでした。

そして、それを承知で財産をアイヴィーに託したのです。

お金持ちほどお金に細かいといいますが、そんな富裕層の世界を垣間見た気がしました。

「お金なんていらないから、このまま家族の愛に浸っていたい」と言っていたアイヴィーでしたが、徐々にブラックな面も見せはじめます。

といっても、最初から悪役で登場したのですが。

その後、敵対していたリリーと手を組んで、味方だったキャロルを刑務所送りにしてしまいました。

一番敵にしてはいけないのはリリーなのかもしれません。

スポンサーリンク

『ゴシップガール』シーズン5の感想

ジェニーとヴァネッサがいなくなった穴埋め的にアイヴィーが登場しました。

ストーリーが進むにつれて、メイクや衣装も派手になっていきましたが、ブレアやセリーナを前にすると、影響力はやはり少し弱いと感じます。

次回はファイナルシーズンです。

ゴシップガールの正体がついに明らかにされる時がきました。

一体誰なのか?意外な人物な予感もします。