『いだてん』6話ネタバレ。金なし出場者なしのオリンピックで嘉納治五郎が取った行動とは? | Dramas Note

『いだてん』6話ネタバレ。金なし出場者なしのオリンピックで嘉納治五郎が取った行動とは?

金栗四三が世界レコードを22分も更新し、日本中が喜びで沸き上がる中、世界では測定を間違えたとの厳しい意見も……。

測定は正確だと断言する嘉納治五郎でしたが、金栗四三はおろか、短距離走で期待していた三島弥彦も辞退。

この事態に嘉納治五郎はどうするのか!?

『いだてん』6話のネタバレをお届けします。

スポンサーリンク

『いだてん』6話あらすじ

明治44年12月。金栗四三の世界レコード更新と、三島弥彦の飛び抜けたタイムに期待をかけ、日本体育協会では出場者を誰にするか審議されていました。

その頃、金具る四三は足袋の一件で怒らせてしまった”播磨屋”の店主(ピエール瀧)に謝ろうと店先でウロウロ……。そんな時、”田せ早”と書かれたゼッケンをつけ予選会で一緒に走った清さん(峯田和伸)に声を掛けられ、播磨屋の店主に謝ることに成功。

ところが店主は、四三に改良した足袋を渡したのです。四三は大喜びしながら、そのまま外に走り去ってしまいました。

オリンピック出場者は、嘉納治五郎の猛烈プッシュもあり、長距離走は金栗四三、短距離走は三島弥彦に決定します。翌日、呼び出された金栗四三は嘉納治五郎の元を訪れ、オリンピックへの参加を告げられたのです。

ところが、金栗四三はオリンピックに出場を喜ぶどころか、オリンピックのことすら知りません。四三はオリンピック出場を目指していたと、誰もが思っていた最中の出来事。

では何のために走ってきたのか、という問いに”自分がどこまで走れるかを試していた”とのこと。さっきまで、校庭を走っていたのも、新しい足袋を試していただけだったというのです。

先日行われた予選会もオリンピック出場者を決めるものであることも知らず……。すべてが自分を試すために走っていただけだと知った大日本体育協会の面々は愕然とします。

後日、嘉納治五郎は三島弥彦に短距離走の選手として出場してほしいと伝えましたが、三島弥彦は1か月も外国に行っていたら勉学に遅れをとるという理由で出場を辞退すると言うのです。

後にも先にも出場者が確保できず、挙句の果てにストックホルムオリンピック出場にかかる旅費も確保できないという状態に、嘉納治五郎は頭を抱えてしまいました。

そんな中、金栗四三が予選会で手にしたトロフィーを返却すると言い出します。加納治五郎は、憔悴しながらももう一度、四三にオリンピック出場を期待したのです。

すると四三に思いが通じたのか”出場します”と返答が……。しかし、旅費はどうするのか?そこで可能治五郎はある秘策をとったのです。

スポンサーリンク

『いだてん』6話の見どころと感想。

金栗四三が出場を決めた理由とは?

金栗四三が、オリンピックに出場しようと決めたのは嘉納治五郎の思いが通じたという事もありますが、実は嘉納治五郎に”出場を迷っているのは旅費ではないか?”と言われたのが決断に繋がりました。

嘉納治五郎は旅費が捻出できずに、自分の金で行くならたとえ負けても切腹しなくてもいいし、日本を背負っているというプレッシャーも負わなくて済む。それの方が、自分らしく思いのまま走れるのではないかと言われたことにありました。

日本を背負ってく以上、負けたら切腹しなくてはいけないと思い込んでいた四三に、時代を感じます。当時は、武士としての風習が残っていたんですね。とは言うものの、海外の方からすれば、日本は”切腹”という印象も強いでしょうから。

スポーツと切腹というかけ離れた関わりがまた、時代を象徴するシーンでもありました。嘉納治五郎の言葉によって、四三はそれなら気軽に行ける!と考えて、喜んで引き受けました。

しかし、ストックホルムへの滞在は1か月で、旅費は1000円かかるとのこと。この金額は、当時、學校の金庫番の7~8年分の給料に値する金額でした。

四三は、熊本の兄に手紙を書いて借りようとしましたが、さすがにその金額を用意するのは難しいどころか、勉強するために高等學校に行かせたはずの弟が、カケッコで海外に行くとなれば出してもらえるはずがありません。

出場できるのに金がない。四三は、一体どうやってストックホルムに行くのでしょうか……。

三島弥彦の旅費は実費?

大河ドラマ『いだてん-東京オリムピック噺』全話エピソード。
1912年、日本が初めてオリンピックに参加したのはストックホルム。 しかし結果は大惨敗。 ...…

一方で、三島弥彦の家は金持ちなので、嘉納治五郎は弥彦に実費で行ってもらおうとしていましたが、弥彦からは辞退するという返事。文科省からすでに声が掛かっているという弥彦は、オリンピックに出ずとも、出世コースまっしぐらの明るい未来が待っています。

出場できるのに金がない、金はあるのに出場しない。四三と弥彦は、まったく逆の立場となり嘉納治五郎をさらに頭を抱え込むことに……。

史実では、金栗四三も三島弥彦もオリンピックに出場しているので、ドラマでもその流れになると思いますが、四三は資金をどのように調達したのか?

三島弥彦をその気にさせたのは一体だれなのでしょうか……?次回がまた楽しみです。

視聴率は9.9%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)と初回15.5%から最速で1桁に急落してしまいました。この要因はいったい……。

スポンサーリンク

まとめ

四三がオリンピックを知らなかったとは意外で、これまでの話の流れから絶対にオリンピック出場を狙っていると思っていたことでしょう。

ところがやはり四三。

純粋に自分なりに”走り”を開拓していたということでしょう。

だからこそ、その走りも現代にも受け継がれているのだと思います。

視聴率は後日公開されますので、公表され次第追記します。

オリンピックまでもう少し。四三と弥彦の行く末は……?