【花不棄〈カフキ〉】21話・22話のあらすじとネタバレ感想。 | Dramas Note

【花不棄〈カフキ〉】21話・22話のあらすじとネタバレ感想。

出典:www.amazon.co.jp

作品紹介

【花不棄〈カフキ〉】あらすじ21話・22話。神医をさがしに蘇州へ赴いた陳煜は、その地で花不棄と出会うも気づかず去ってしまいます。一方で朱府の商売敵たちや、朱府の親族たちは、突然現れた花不棄の存在を疎ましく思い……!? この記事では、ネタバレ感想をお届けします。

花不棄<カフキ>作品情報 ➤

©2019 Kashi Feibao Culture Media Co., Ltd.
 公式サイト

製作

製作:2017年 中国

原題:小女花不弃

監督:チャー・チュンイー

キャスト:アリエル・リン、チャン・ビンビン、リン・ボーホン、クリス・スン、シン・オン、ソン・ウェンズオ、シャオ・シャンフェイ

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2020年9月現在のものになります。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

関連記事

【月に咲く花の如く】
【永遠の桃花~三生三世~】

スポンサーリンク

【花不棄〈カフキ〉】あらすじ21話

朱家の借金

花不棄は、母親の薛菲せつひが本当は朱家の人間であることや、謎の男蕭九鳳しょうきゅうほう)が薛菲に執着していたことを朱八華からすべて聞いた。

そしてどうやら、朱家にはいまだに膨大な借金が残っているらしい。

花不棄が借金について朱寿たちを問い詰めると、流通権のために借金した額を合わせると合計1100万両の借金があるという。

朱寿いわく、流通権を持っていれば民からの絶大な信用を得ることができ、民が安心して銭荘にお金を預けられるとのこと。

ゆえに今回、流通権を得るために明月山荘と手を組んだと朱寿は話す。

それを聞いた花不棄は、明月山荘は九おじさんを殺した相手だと教える。

すると朱寿はすぐにでも明月山荘を監視しようとするのだが、花不棄はそれを制して「表向きは手を組んだフリをして、証拠が揃ってから一気に倒そう」と提案した。

柳青蕪の誓い

信王のもとにやってきた柳明月は、碧羅天へきらてんに案内する準備ができたと伝える。

だが余命わずかの信王は自ら足を運ぶことができないため、別の者を遣わせると答えた。

一方で陳煜ちんいくは、信王の病を治せる神医を探しに蘇州へ。

蘇州へは、友人の元崇げんすうも同行してくれることとなった。

出発前。

柳青蕪りゅうせいぶから呼び出された陳煜は、「柳明月が碧羅天に案内するようですが、素直に案内するとは思えないのでご注意を」と忠告をうける。

陳煜と柳青蕪は一時的に手を組んでいるのだが、柳青蕪は陳煜が裏切るのではないかと多少の不安があるようだ。

陳煜が「手を組んでいる間は裏切らない」と言うと、柳青蕪は安心したような表情を見せたあと口を開いた。

この先もずっと陳煜に仕えて支えていくつもりだと。

雲瑯は、花不棄を迎えにきた者たちに南の訛りがあったことから、花不棄はいま江南にいるのではないかと予測し、馬で江南へと向かった。

その後ろを、丹沙が追ってきて同行したいと告げる。

江南に向かう途中で、丹沙は雲瑯との距離を縮めようと必死に努力するが、雲瑯はなかなか受け入れそうにない。

花不棄の作戦

朱家の後継ぎ(花不棄)が突然現れたことで、朱家の商売敵や、朱家の財産を狙う身内が花不棄を襲うであろうと予想された。

そこで花不棄は、自分に敵意を抱く者たちを一斉におびき寄せる作戦を思いつく。

小蝦しょうかに令嬢の格好をさせ、花不棄自身は侍女に扮して街を練り歩こうというのだ。

武術の腕がある小蝦ならば、万が一 街で襲われても対応できると考えてのことだった。

街に出た花不棄たちは、案の定多くの者たちに尾行され、入った飲食店では暴漢に絡まれてしまう。

ちょうど同じ店に居合わせていた元崇は、花不棄たちを助けようとするのだが……。

スポンサーリンク

【花不棄〈カフキ〉】あらすじ22話

同じ町にいるはずの2人

飲食店で花不棄たちを助けようとした元崇は、令嬢の格好をした小蝦に一目惚れをする。

「私が守ります」と意気込む元崇だったが、複数人を相手に苦戦してしまい、結局暴漢たちは小蝦が一掃した。

飲食店を出た花不棄たちは、商売敵たちに尾行され続ける。

その後、小蝦が街中で応戦している隙を狙って、ひとりの男が花不棄を害そうとした。

すると……。

神医をさがすため同じ町にいた陳煜(蓮衣客)が、どこからともなく現れて助けてくれた。

だが彼は、助けた相手が花不棄だとは気づかずすぐに去ってしまう。

花不棄が襲われたと聞いた朱八華は、黒幕であろう妹たちへの怒りをあらわにする。

妹たちが何をしようと度を越さない限りは見てみぬフリをするが、孫娘(花不棄)を襲うことは許せないのだ。

元崇の恋

花不棄たちが襲われた飲食店は、朱家の親族が営む店だった。

その店の息子である靖王は、陳煜や元崇と親交がある。

朱家の令嬢に一目惚れをした元崇は、彼女と親族である靖王に「引き合わせてほしい」と頼み込む。

元崇は、小蝦のことを朱家の令嬢だと思い込んでいる。

その後 元崇は、陳煜にも「朱家の令嬢を気に入った」と報告した。

後日。

靖王と元崇は朱家を訪ねるのだが、床にふせっているからと令嬢との面会を拒まれてしまう。

おばさんズの登場

靖王と元崇が朱家を去ったのも束の間で、今度は親族のおばさんズがこぞって現れる。

彼女たちは、花不棄が床にふせっていると聞いて見舞いにきたのだが、それはあくまでも表向きの理由で、本当は花不棄のことを探りにきたのだ。

四おばさん、七おばさん、九おばさん、大おばさん。

彼女らはみんな朱八華の妹で、花不棄とも血のつながりがある。

花不棄は体調不良を演じながら、おばさんたちが長居しないようにわざと部屋を蒸し暑くしてすぐに追い払う。

ところが、九おばさんだけは戻ってきて花不棄の仮病がバレてしまった。

スポンサーリンク

【花不棄〈カフキ〉】21話の感想

花不棄は朱家の後継ぎになったものの、まさかの借金まみれという状況。

とはいえ、ついこの間流通権を手に入れたのでまだまだ建て直すチャンスはありそうです。

ここから花不棄が朱家をどう再建するのかが大きな見どころとなりそう。

雲瑯と丹沙はすぐに結婚をするのかと思いきや、そうでもないようです。

丹沙は初めこそ脅す形で結婚を迫っていましたが、21話を見るかぎりでは雲瑯への愛は本物のように感じました。

雲瑯のほうも少しだけ気持ちが動いたように見えたので、この2人の進展具合も見逃せません。

スポンサーリンク

【花不棄〈カフキ〉】22話の感想

そろそろドラマも折り返しとなりましたが、いまだにストーリーの広がり方がとんでもないです。

またまた新しい登場人物が何人か出てきましたし、随所でサブキャラたちのラブストーリーが勃発。

物語の壮大さにワクワクするのは間違いないのですが、最終回までにすべてのエピソードを昇華させられるのだろうかと心配でもあります。

ストーリーが広がるということはそれだけ各々の登場シーンも減ることになるわけで、現にメインキャストの陳煜は最近たまにしか出てきません。

莫府のメンバーも出てきていませんし、この先ドラマの方向性がどうなるのか期待と不安が半々といったところです。

*次回23話・24話のネタバレ感想はこちら。