PR

「慶余年」シーズン2第23話・24話のあらすじネタバレ

歴史 / 時代劇
(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
*この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

「慶余年」シーズン2第23話・24話のあらすじネタバレと感想。

林若甫が京都を去る日、范閑は林若甫の身の危険を案じて林若甫の馬車を追いかけました。すると、慶帝直属の黒騎が林若甫の馬車を取り囲んでおり……。

PR

「慶余年」シーズン2第23話のあらすじネタバレ

Movie Poster
*自動翻訳で視聴したため、本記事のあらすじは間違っている場合があります。

大宝は范府で暮らすことになり、故郷を失った史闡立も范府に滞在していました。

史闡立は范閑に「故郷の史家鎮を焼き払った犯人を突き止めたい」と言い、范閑は史家鎮の火災を調査することを約束します。

その頃、都察院に着任した賀宗緯は手土産を持って同僚に挨拶回りをするも相手にされません。賀宗緯は頼名成の席の前で涙を流し、頼名成の死を嘆いてみせます。同僚たちは賀宗緯を慰め、頼名成の死の発端が范閑にあることや、頼名成の処刑を監督したのが范閑であることを教えました。

それを聞いた賀宗緯は「范閑 許すまじ!」とばかりに范府に乗り込んだものの、范閑の前では態度を一変させて跪きます。そして、賀宗緯は范閑に自分を殴ってほしいと頼み、「今や都察院全体が范閑を敵と見なしている。だから私が范閑から殴られて帰れば都察院での私の立場がよくなる」と言うのでした。

范閑が賀宗緯を追い払うと、陳萍萍がやって来て黒騎の動員記録を范閑に渡しました。黒騎は軍の支配を受けずに独立して存在するチームで、一人一人の戦闘能力は高く 向かうところ敵なしであり、陳萍萍と慶帝だけが黒騎を動かすことができます。

陳萍萍は范閑に「宰相(林若甫)が故郷に帰るようだが、少し前にも故郷に帰った大臣がいた」と意味深なことを言って帰っていきました。

林若甫が故郷に帰る日、范閑は林若甫の乗る馬車を大宝と林婉児のいる野原へ連れて行きます。馬車に気づいた林婉児は馬車に向かって礼拝を捧げ、大宝も林婉児のマネをしました。

そんな2人の姿を馬車の中から覗いて見ていた林若甫は目に涙を浮かべます。林若甫は范閑に、林婉児と幸せになるようにと言って出発しました。

范閑は大宝や林婉児と野原で楽しい時間を過ごした後、もう一度 黒騎の動員記録に目を通します。そしてふと、陳萍萍が言っていた「故郷に帰った大臣がいた」という言葉を思い出した范閑は、王啓年にその大臣のことを知っているかどうか尋ねました。

王啓年は、少し前に退職して故郷に帰った大臣がいたが 故郷に帰る道中で死亡したことを教えます。その日の黒騎の動員記録を確認してみると、黒騎が出動していました。

慶帝が黒騎を動かしてその大臣を殺したことに気づいた范閑は 林若甫の命も危ないことに気づき、急いで馬を走らせます。すると途中で第一皇子の軍隊と遭遇し、范閑は第一皇子とともに林若甫のもとへ急ぎました。

范閑が林若甫の馬車に追いついた時、すでに慶帝派の黒騎が林若甫の馬車を取り囲もうとしていました。范閑は黒騎に撤退するよう要求すると、黒騎の統領は味方全員に撤退を命じます。

そして、この場に残った黒騎の統領は馬から降りたかと思うと范閑の詩集を取り出し、范閑にサインをもらいました。そして、「あなた(范閑)が生きていて良かった!」と言って去っていくのでした。

范閑は林若甫を故郷まで送り届けようとしますが林若甫は、慶帝は自分を殺そうとしたのではなく、宰相という職を廃したかったのだろうと推測を述べます。

そして、林若甫は范閑に自分の門生のリストを渡し、慶帝に届けるよう頼みました。(林若甫が辞職を申し出た際、慶帝は林若甫の門生のリストを欲しがっていた)

感想

林若甫の馬車に向かって礼拝を捧げる大宝と林婉児の姿にウルッときました。そして、そんな2人の姿を見て涙ぐむ林若甫にももらい泣きしてしまいました。

ただ同時に、林若甫が死ぬフラグなのではないかとハラハラしましたが、林若甫が死なずに済んで良かったです。

それにしても、王啓年の足が速すぎて笑ってしまいました。馬を走らせている范閑と同じスピードで走っていましたよね(笑)

黒騎の統領が范閑のファンなのも面白かったです。チョイ役でも個性を出してくるあたり、さすがは「慶余年」です(笑)

PR

「慶余年」シーズン2第24話のあらすじネタバレ

Movie Poster

范閑は林若甫の馬車を見送った後、林若甫を守るために手を貸してくれた第一皇子に感謝を述べました。

范閑が第一皇子と一緒に野原へ戻ると、慶帝からの呼び出しがかかります。どうやら、慶帝は范閑が無断で黒騎を撤退させて林若甫を救ったことや、第一皇子が范閑に手を貸したことを知ったようです。第一皇子は、もし慶帝が怒ったらすべての罪は自分が背負うと言いました。

宮中に到着すると、案内役の宦官 洪竹がわざと転んだフリをして范閑にこっそり慶帝が怒っていないことを伝えます。

慶帝は最初に第一皇子だけを召喚し、最近は范閑と親しいようだなと言いました。第一皇子は家族や友情を大切にする范閑のことを褒めると、慶帝は特に追及することなく第一皇子を帰します。

慶帝は次に范閑と范建を同時に呼び出しました。范閑は無断で黒騎を動かしたことを謝罪した後、林若甫から預かった門生のリストを慶帝に渡します。

慶帝は今回のことで范閑を咎めることも追及することもなく、ただ3日以内に林婉児と結婚するようにと命じるのでした。范閑は歓喜し、范府のみんなも結婚のことを聞いて喜びます。

その頃、信陽に逃亡した袁宏道は長公主に会っていました。范閑への結婚祝いに内庫の帳簿を贈るつもりだという長公主は、信陽中の会計士を集めて帳簿を整理させている最中ですが、長公主は帳簿の整理が終わったら会計士たちを花の肥料(死体)にするつもりでした。

葉霊児は二皇子のもとを訪ね、林婉児と范閑の結婚式を邪魔しないようにと忠告します。ニ皇子は邪魔しないことを誓いますが、葉霊児は信じられない様子。

すると、ニ皇子は「お互いに1つずつ質問し、お互いに必ず本心を答えよう」と提案します。葉霊児は合意し、結婚式を邪魔する気はあるかと質問しました。

ニ皇子は邪魔する気はないと答えた後、葉霊児に「君は林婉児と姉妹同然だと言っていたが、それならば林婉児に隠し事をするべきではない」と言い出しました。

隠し事なんてするわけがないと言う葉霊児にニ皇子は、林婉児の次兄 林珙が死んだ日のことを持ち出し「あの日、范閑が君に会いに来ただろう。何を話した?これが私の質問だ」と追及します。

葉霊児は「なぜそれを?」と驚き、言葉を失いました。

実はニ皇子は以前から、“林珙が牛欄街暗殺事件の黒幕であること”を葉霊児が范閑に教えたために范閑が林珙を殺したのではないかと疑っていたのです。

王啓年は陳萍萍に命じられ、鑑査院六処で起きた殺人事件を調べました。被害者の検視をおこなったところ、被害者の体の傷は 林珙の遺体の傷とまったく同じでした。

感想

范閑をかばって自分ひとりで罪を背負おうとする第一皇子が素敵でした。よくよく考えてみると、皇子たちは皆 范閑のことが好きですよね。

ニ皇子は范閑と敵対してはいるけど、范閑の能力を認めているし范閑本人のことはたぶん好きなんじゃないかな。もし敵対していなければ、普通に仲良くなっている気がします。

洪竹は慶帝の手先かと思いましたが、結局范閑の味方っぽい??范閑の結婚が決まった時も、洪竹は本心から喜んでいるように見えました。

袁宏道は長公主のスパイだったようです。ということは、もしかすると今回の件(林若甫を辞職に追い込んだ件)は、長公主と慶帝が結託して画策したことなのでしょうか?

それと、シーズン1で林婉児が言っていた「長公主が心を寄せている殿方」とは、もしかして慶帝のことなのでしょうか?

五竹きたー!でも一瞬しか出てこなかったのは残念です。次回の登場に期待!

「慶余年2」(C)Tencent Pictures Culture Media Company Limited
本ページの情報は2024年5月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。