PR

「卿卿(きょうきょう)日常」27話・28話・29話のあらすじとネタバレ感想

卿卿日常 恋愛
(C) 2022 New Classics Media, All rights reserved. 
この記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

「卿卿(きょうきょう)日常」27話・28話・29話のあらすじとネタバレ感想。

尹崢はわずか4日間で陳錫という密売人が偽札製造の主犯だとを突き止めます。尹嵩は陳錫に将来必ず官職を与えると約束し密かに新川から逃がそうとし……。

PR

27話 境界の新鉱脈

Movie Poster

尹岸の依頼を受け、尹崢は偽札の調査に協力することにします。

尹崢は偽札売りを捕らえて拷問。自白により偽札の工房を捜索して製版工に証言させ、わずか4日間で陳錫ちん・しゃくという密売人が主犯だとを突き止めます。

尹嵩は陳錫に将来必ず官職を与えると約束し密かに新川から逃がそうとしました。陳錫が口約束だけでは信用できないと言ったので、尹嵩は直筆の契約書を渡します。

そんな中、黛川との境界の山に新鉱脈が見つかりました。同盟の合意ではその山は新川の領地でしたが、黛川が越境してきているという報告があります。

尹嵩は川主に山へ通じる道を全て遮断するように進言しました。尹峻も尹嵩に同調し、その山は新川、黛川、丹川の3川の境界なので九川事務司の名で他の2川へ通知するべきだと言います。

尹崢と尹岐が境界へ派遣されることになりました。境界で尹崢たちが話し合いをしていると丹川の女官が訪ねてきます。丹川では明日から祭りがあり、民は市で稼ぎを得ているので封鎖をしないでほしいとのこと。

丹川へ話し合いに行って戻ってきた尹岐は尹崢に、丹川は道を封鎖しなくても自分たちが黛川の者が山に入らないように通行人を検査すると言っていると報告します。

今から川主に封鎖撤回を求めるふみを送っても祭りには間に合わないことから、尹岐は先に丹川の通行を認めて後から川主に詫びるという提案をします。尹崢は尹岐の提案を受け入れました。

尹崢たちが都に戻る前、川主に無断で丹川の通行を認めたことがすでに家臣たちに弾劾されていました。そんな事態になっているとは知らない尹崢は1人で参内し、尹岐は九川美食薈に向かいます。

九川美食薈に居合わせた尹崡が尹岐に、郝葭の離縁の一因が尹岐だという噂があると言ってきました。上官婧は2人の会話を聞いてしまい、黙って店を出て行きます。

尹岐はそれに気づいて慌てて追いかけようとしますが、川主の使者に呼び止められてしまうのでした。

尹崢と尹岐は”勅令に背く独断的行為”をしたとして川主に拘束されてしまいます。尹嵩はここぞとばかりに義父を通じて黛川主を説得し新鉱脈を諦めさせた自分の功績を報告しました。

尹岐をかばった尹崢は1人で罪をかぶり、九川事務司を免職されてしまいます。

尹岐は慌てて義姉である丹川主のために自分が独断でやったことだと川主に言いますが、2人とも棒叩きの刑の後に牢に入れられることになってしまうのでした。

その後、川主は尹崢だけを釈放させますが、尹崢は尹岐の無実を訴えて雨の中でひざまずき続けます。

一方、尹峻の正室である安曦元は上官婧に”尹岐が死罪になる”と吹き込むのでした。

感想

やはり紙幣の偽造は尹嵩が命じていたのですね。

そして尹嵩の次の罠にとうとうかかってしまう尹崢と尹岐。お互いをかばい合いう尹崢と尹岐の姿が感動的でした。なんとか2人とも助かる方法はないのでしょうか。

PR

28話 尹岐の降格

Movie Poster

上官婧は槍を持って牢獄に乗り込み尹岐を助けようとします。門番たちと乱闘している上官婧のところへ李薇、元英、和夫人、淳夫人が駆けつけて止めました。

和夫人は川主は尹岐を死罪にしないと言い、元英もこれは誰かの罠かもしれないと言います。

翌日、淳夫人は白装束でひざまずいて川主に尹岐を一生牢につなぐくらいだったら庶民に降格してほしいと懇願しました。

少主が庶民に降格された場合、婚姻同盟の規定では夫人は離縁して帰郷することができましたが、上官婧は離縁しない選択をします。

尹岐の庶民への降格とともに九川美食薈の閉店も布告されました。

その後、尹岐が庶民となったと知った尹岳が配下たちを引き連れて屋敷を乗っ取りに来ます。上官婧が槍の柄で尹岳を威嚇すると配下たちはたじろいで逃げ出しました。

焦った尹岳は上官婧に「尹岐が好きなのは郝葭のようなしとやかな女子だ」と捨て台詞を吐いて自分も逃げようとします。上官婧が槍を投げつけ、尹岳は震えあがりますが、槍は尹岳の背後にあった的に命中するのでした。

一方、九川美食薈では董海棠が番頭に他の店に移ってもいいと告げていましたが、番頭は今までの恩に報いるために店に残りたいと答えます。

そんな中、尹崢は陳錫が新川に戻ってきたとの情報を得るのでした。

感想

尹岐は確かに庶民の方が自由にのびのび生きられるのかもしれません。それにしてもずっと郡主として育ってきたのに尹岐についていく決心をした上官婧はすごいですね。

PR

29話 兄への想い

Movie Poster

尹崢は陳錫と製版工たちの隠れ家を襲って全員を生け捕りにしました。陳錫は尋問されても尹嵩との関係を否定。ところが金に困っていないにも関わらず質店に行っていたことを指摘されると陳錫の顔色が変わります。

陳錫は尹嵩との契約書を質店に隠していたのです!

一方、尹崢に陳錫の隠れ家が襲われたと知った尹嵩は陳錫たちが連行される直前に刺客を差し向けました。製版工たちは全員口封じされますが、陳錫は隙を見て逃げ出します。

実はこの時、尹崢はひと足早く隠れ家を出てすでに質店に契約書を取りに行っていたのです……。

翌日、尹崢は尹嵩の契約書を添付し紙幣偽造について川主に報告しました。報告を見た川主は新川の法では尹嵩の罪は死罪になると嘆きます。

すると尹崢は有罪の少主が謝罪状を呈すれば死罪に代わり流罪が適用されるという条項があると進言しました。

川主は尹嵩をかつて学んだ学堂に呼び出して「言わねばならぬことはないのか?」と尋ねますが、自分の悪事が露呈しているとは知らない尹嵩は「ご自愛を」と答えるのでした……。

その後、尹崢は罪を問われ屋敷を出る直前の尹嵩に会いに行き、「大きすぎる野望は転落を招くものです」と告げました。

尹崢が立ち去るのと入れ違いに川主の使いと名乗る者が尹嵩に酒を運んできます。尹嵩はそれが毒酒だと察し、川主は本心では自分を死罪にしたかったのだと思って盃を手に取りました。

その時、引き返して来た尹崢が物を投げて尹嵩の手中の盃を弾き飛ばします。川主の使いと名乗った者が顔を上げると、それは陳錫でした。陳錫は隠し持っていた短剣で尹嵩の肩を刺しますが、尹崢に取り押さえられます。

陳錫は忠誠を誓っていたのに口封じされそうになった恨みを叫びながら連行されて行きました。

その後、川主が尹崢の屋敷を訪ねてきて玉牌を渡し「望みがあれば申すがよい」と言います。

尹崢は復職することになり、九川美食薈も営業を再開できることになりました。

感想

やはり紙で証拠を残したらダメですよねー。それにしても散々酷いことをされたのに、最後は尹嵩を助ける尹崢がかっこいいです!

また尹崢も復職し、九川美食薈も再開できることになってよかったです。尹嵩という敵が去り、このまま平和が続くとよいのですが……尹崢と李薇たちには今後どんな出来事が待ち受けているのでしょうか。

©2022 New Classics Media, All rights reserved.
本ページの情報は2024年5月時点のものです。最新の配信状況は公式ページまたは各動画配信サービスにてご確認ください。

次の話