【マジシャンズ】シーズン1。学園モノを通り越した魔法ファンタジーに釘づけ。 | Dramas Note

【マジシャンズ】シーズン1。学園モノを通り越した魔法ファンタジーに釘づけ。

「マジシャンズ」トレーラー

【マジシャンズ】は、日本でも有名な小説が原作になっているドラマ。

ファンタジーと魔法の世界が現実と交差していくシーンなどが見どころになっている作品です。

内気な主人公クエンティンを初めとする登場人物たちの活躍に注目してみてください!

スポンサーリンク

【マジシャンズ】作品情報

作品データ
公開年(製作国)アメリカ合衆国(2015)
原題THE MAGICIANS
監督セラ・ギャンブル
配給NBSユニバーサル・エンターテインメント
キャストジェイソン・ラルフ、ステラ・メイズ、オリヴィア・ダッドリー、ヘイル・アップルマン、アルジュン・グプタほか
公式サイト 公式サイト
スポンサーリンク

【マジシャンズ】シーズン1あらすじ

マジシャンズ

© 2016 Universal Studios. All Rights Reserved.

”フィロリー”という本が大好きな大学生のクエンティンは、幼なじみのジェーンに「本はフィクションだから現実の世界に目を向けるべきだ」と言いますがクエンティンは無視。

フィロリーとはクエンティンが好きな本の舞台となっている魔法の国のこと

その後、大学の編入試験に向かったクエンティンとジュリアは、なぜか別の場所へと案内され少し困惑していました。

試験を受けるように言われたクエンティンとジュリアは、言われるがままに試験を受けます。

試験が終わると、クエンティンは面談を受ける事になりましたが、ジュリアは狭い部屋に案内されたのです。

試験官はジュリアに魔法の適性を見る試験だったと明かすと、「君は不合格なので記憶を消す」と言われてしまいます。

魔法の学校(グレイヴス魔法学園)だと知ったジュリアは、どうしても入りたいと再試験を要望しますが、却下されてしまいまったのです。

その頃、クエンティンはトランプで自分の魔法を見せろと言われ困っていました。

しかし、試験官に追い込まれて感情を爆発させると、なんとトランプが宙に舞い上がった後、城のような形になったのです。

クエンティンは、ここで初めて自分に魔力がある事を知ります。

その後、魔法学園に入学する事になったクエンティンは、アリスとエリオットとマーゴとペニーという若者と出会いました。

こうしてクエンティンの魔法学園生活が始まったのですが、なぜか眠ると必ずフィロリーの本に登場するジェーン・チャットウィンという人物が夢に現れるようになります。

さらに、アリスという少女と親しくなったクエンティンは彼女から「学園で亡くなった兄に会いたい」と相談を受け、アリスの願いを叶える手伝いをすることにしたのです。

しかし、2人の魔法は失敗。

その為、学園にはビーストという存在がやって来てしまい、次々と生徒を殺していったのです。

ビーストは、魔物で魔法使いたちを殺す残虐な生き物。

クエンティンとアリスは処罰を受ける事に……。

ところがそのあと、イライザという教官に出会ったクエンティンは「あなたが学園に来た事は意味がありビーストを倒す為に強くなりなさい」と言われたのです。

スポンサーリンク

【マジシャンズ】登場人物

クエンティン/ジェイソン・ラルフ

クエンティンは、子供の頃からフィロリーの本が大好きで、カバンに入れていつも持ち歩いています。

みんなと馴染む事が出来ずに孤独を感じ、うつ病の診断を受けていましたが、グレイヴス魔法学校へ入学した事で次第に自分に自信を持ち始め……。

クエンティン役のジェイソン・ラルフは、映画【Those People】(2015)や【アメリカン・ドリーマー 理想の代償】(2014)などに出演していました。

ジュリア/ステラ・マイーブ

ジュリアは、クエンティンと子供の頃からの親友で、成績も優秀でハーバード大学を目指していました。

魔法が実在すると知り、憑りつかれたように魔術にのめり込んでいき……。

ジュリア役のステラ・マイーブは、映画【クロッシング】(2009)と【ランナウェイズ】(2010)などに出演していました。

ペニー/アルジュン・グプタ

ペニーは、とても珍しいトラベラーの魔法使いで地球や宇宙に関係なく移動する事が出来ます。

クエンティンたちと一緒に行動していて、心の声などを聴く事も出来ます。

ペニー役のアルジュン・グプタは、ドラマ【ナース・ジャッキー】(2009)や【ディアボリカル】(2015)などに出演していました。

アリス/オリビア・ダッドリー

クエンティンやペニーと同じクラスの生徒で、魔法使いの一族として有名です。

アリスは、次第にクエンティンに惹かれていき……。

アリス役のオリビア・ダッドリーは、ドラマ【チェルノブイリ・ダイアリー】(2012)や【パラノーマル・アクティビティ】(2015)などに出演していました。

エリオット/ヘイル・アップマン

エイリオットは、クエンティンたちの先輩で物理的な魔法を使う魔法使いです。

エリオットは、マーゴと一緒に行動している事が多くパーティーとお酒が大好き。

楽観的で基本的にふざけている事が多いですが、クエンティンたちに協力し……。

エリオット役のヘイル・アップマンは、映画【女性鬼】(2007)や【Padro】(2008)などに出演していました。

マーゴ/サマー・ビジル

マーゴは、エリオットと一緒に行動している女性で、クエンティンをからかっていました。

とても強気な性格をしていますが、危険な事をするクエンティンたちを放っておけず……。

マーゴ役のサマー・ビジルは、映画【エアベンダー】(2010)や【メガストーム】(2013)などに出演していました。

スポンサーリンク

【マジシャンズ】シーズン1ネタバレ

悪魔の儀式

クエンティンが学園生活で魔法を覚えていく中で、ジュリアはリチャードという男性に出会います。

リチャードは、ブレイクビルズの出身で牧師をしていました。

彼は、ジュリアに神を呼び出す儀式をして人々を助けようと持ち掛けると、ジュリアは人助けが出来るならと、神の儀式をする事にしたのです。

神の儀式は成功し、ジュリアは悩んでいる人々を救い喜びます。

その一方で、解き放たれたビーストは学園卒業生の体を乗っ取り、学園内に侵入していました。

しかし、学園を訪れたイライザに正体がバレてしまい、ビーストは彼女を殺害。

その後、イライザが殺された事を知ったクエンティンたちは、ビーストを倒す為の作戦を練りました。

作戦を立てる為、クエンティンたちはフィロリーの作家のプロヴァンスの家に向かいます。

さらにそこで衝撃の事実を知ることになるのです。

プロヴァンスは、フィロリーに行く為に魔法の事を研究していました。

ところが彼は魔法の研究をしていただけでなく、自分が養子に迎えた子供たちに性的虐待をしていたのです。

その事を知ったクエンティンは、プロヴァンスを尊敬していた自分に嫌気がさし落ち込みますが、書斎を探りプロヴァンスがビーストだと推測しました。

魔法の国フィロリー

学園で作戦を立ててフィロリーへ向かったクエンティンたちは、井戸の所で待ち構えていた敵に囲まれてしまいます。

ペニーたちはなんとか図書館へ逃げ込みましたが、クエンティンは学園へ戻されてしまいました。

学園へ戻されたクエンティンは、校長に質問に答える魔法をかけ、フィロリーへの行き方を聞き出すと同時に、イライザがジェーン・チャットウィンだという事を知ったのです。

ジェーン・チャットウィンは、フィロリーの絵本の主人公

イライザは、クエンティンがビーストに殺される度に時間をループさせていました。

今クエンティンが生きているこの次元は、既に40回目

そして、イライザが殺されてしまった事で次に死ねば生き返る事はないと知ったのです。

クエンティンは、ペニーたちを助けに行くためジュリアに事情を話し、彼女とフィロリーへ行くことに……。

また、ペニーたちは図書館でビーストを倒す糸口を探っていましたが、ハイになったエリオットが本を傷つけて4人とも追い出されてしまいました。

追い出された4人がビーストの手下から逃げていると、学園で行方不明になっていた生徒と出くわします。

行方不明になった生徒たちは、フィロリーへ来ていたのです。

その頃、フィロリーの行き方を探っていたクエンティンたちは絵本からヒントを得ました。

クエンティンとジュリアは、魔法を使って過去にタイムスリップして、ジェーンがフィロリーへのドアを開いた時に一緒に飛び込む事にします。

作戦は成功し、ジェーンの後に続いてフィロリーに行ったクエンティンは、自分がフィロリーの絵本の第7巻を書く事にしました。

クエンティンたちがフィロリーを探索していると、エリオットの紙飛行機が飛んできます。

エリオットの紙飛行機には魔法がかかっていて、クエンティンとジュリアは現在に戻り合流する事が出来たのです。

スポンサーリンク

【マジシャンズ】シーズン1結末

エリオットの決断

その後クエンティンたちは、ビーストを倒す為の剣を見つける事が出来ましたが、剣と引き換えにフィロリーの王家の血を継ぐ者を差し出せと言われます。

自分だと確信していたクエンティンでしたが、選ばれたのはエリオットだったのです。

エリオットは、剣を手に入れる為フィロリーに一生居ることを決意します。

一方で、ビーストに閉じ込められている学園の生徒を助けに行ったペニーとアリスは、生徒と一緒に監禁されていた男性を見つけました。

なんとその男性は、フィロリーの作者プロヴァンスだったのです。

*ジュリアとクエンティンたちは妖精の力を借りに行きました。

裏切り

妖精は、子供の頃からフィロリーを信じているクエンティンに力を分け与えます。

すると妖精は、ジュリアの記憶が改ざんされている事に気づき魔法を解きました。

ジュリアが儀式で呼んだのは女神ではなく邪悪な悪魔で、彼女は仲間を殺されただけでなく、その神に乱暴されたのです。

クエンティンは、ジュリアの様子がおかしくなり話しを聞こうとしましたが、「話したくない」と言われてしまいます。

ジュリアを連れ帰ってきたクエンティンは、ビーストがプロヴァンスではなくマーティンだった事を知り驚きました。

マーティンは、プロヴァンスに虐待されていたジェーン・チャットウィンの兄弟

プロヴァンスから話を聞き出したクエンティンたちは、マーティンが力を得た水銀の泉を探しに行きます。

そこにビーストのマーティンが現れました。

ビーストの力は強大で、アリスやエリオットやペニーたちはやられてしまいます。

そんな中ビーストに剣を突きつけたのはジュリアでした。

ジュリアは、ビーストを殺さずに自分を裏切った神に仕返しをする為に取引を申し出ると、傷ついたクエンティンたちを置いてビーストと去ってしまったのです。

スポンサーリンク

【マジシャンズ】シーズン1感想

クエンティンは、本が大好きでとても内気な性格をしていますが、魔法が実在する事を知り徐々に変化していきました。

ジュリアは、親友のクエンティンを裏切り徐々にダークサイドへ落ちて行ってしまいます。

シーズン1のラストでは、ジュリアがビーストと去ってしまい絶体絶命。

今後のクエンティンたちの活躍や、ジュリアとビーストの動向に注目してみてください!