『ノーサイド・ゲーム』7話のネタバレ感想。裏切り者、引き抜きで窮地に!? 視聴率9.7%のあらすじとは? | Dramas Note

『ノーサイド・ゲーム』7話のネタバレ感想。裏切り者、引き抜きで窮地に!? 視聴率9.7%のあらすじとは?

©TBS

 公式サイト

『ノーサイド・ゲーム』7話。

次回こそは優勝を狙うアストロズ。

サイクロンズ側は阻止するために、アストロズのスター選手を引き抜く作戦を練っていました。

浜畑を引き抜かれるのではと焦る君島でしたが、サイクロンズは里村にも声をかけていて……。

ここでは、『ノーサイド・ゲーム』ネタバレ感想をお届けします。

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲーム』のあらすじ

七尾が加わり勢いを増すアストロズ。

君島は、今年度はエースの浜畑と里村を中心にチームの知名度を上げようとしていました。

そんな中、浜畑がサイクロンズの津田と密会していたと聞いた君島。

慌てて浜畑に引き抜きの件を断るようお願いしました。

津田と会ってその場でオファーを断っていたと聞いた君島は胸をなでおろします。

しかし、実はサイクロンズは浜畑だけでなく、唯一の日本代表選手である里村にも声をかけていたのです……。

一方、カザマ商事買収の件で、カザマ商事がタンカー座礁事件と関わっているかもしれないと聞いた君島。

再度、研究所の星野に確認しに行くと、事故の原因とカザマ商事のオイルは関係ないという結論になったと聞かされます。

チームでは、里村が移籍することで険悪なムードが流れていました。

なんとか引き留める方法はないかと考える君島に、柴門は移籍承諾書(リリースレター)を君島が出さなければ、里村は一年間公式試合に出れないと言われます。

アストロズを守るためには、リリースレターを渡さない方針がベストだと考える君島でしたが…。

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲーム』7話の見どころ

二人のエースの選んだ道

サイクロンズ・津田は、アストロズを弱くさせるという理由で、浜畑と里村の引き抜きを計画していました。

オファーを受けた二人ですが、それぞれ正反対の決断をすることになります。

浜畑は、キッパリと断り、アストロズで日本代表になるという道を選びます。

一方里中は、自分の更なるスキルアップを選びサイクロンズに移籍することに決めました。

前回までは、浜畑の移籍騒動で揺れていくのかと思いましたが、7話冒頭で浜畑の移籍の件はあっさり解決。

あれれ?と思っていたら、まさかの里村の移籍問題で荒れていくという展開に。

里村に対して、会社もチームメイトも冷たい態度をとる中、浜畑の取った行動には拍手です!

里村移籍決断の本当の理由

里村が移籍するなら、リリースレターを渡さないのが妥当だと判断する君島でしたが、里村が移籍を決断した理由は他にもありました。

君島の意見に賛同するチームのメンバー達でしたが、ここで浜畑と君島が動きます。

浜畑はチームを集めて、「里村は、今がラグビー選手として全盛期。自分がどこまでやれるのか試したい、もっともっと上のステージで戦いたい。そう思う気持ちは自分も分かる。」といいました。

それは、チームのみんなもそう思っていることでした。

しかし、家族のような関係だった自分たちを捨てて出ていくことが悔しくて、なかなか認めてあげれない、その気持ちもよく分かりますね。

結局、チーム全員の意向として、快く送り出してあげることにしたアストロズのメンバーでした。

チームは、里村がいるサイクロンズに勝って優勝する!という新たな目標も見つけたのでした。

里村が抜け、大きな柱を失ったと落胆する君島に、柴門は里村が出て行った本当の理由は佐々の飛躍的な成長と、佐々のプレースタイルの方がアストロズに合っていると感じていたから身を引いたのだと説明しました。

浜畑と比べて、悪者扱いだった里村。

実は一番チームの事を考えていたことが最後に判明したときは、涙した視聴者も多かったようです。

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲーム』サウンド情報

【ミニ情報①】『ノーサイド・ゲーム』オリジナル・サウンドトラック

『ノーサイド・ゲーム』のオリジナル・サウンドトラックが9月4日(水)に発売されることが決定しました。

iTunesでは、8月21日(水)よりメインテーマの先行配信もスタートしています。

【タイトル】TBS系 日曜劇場『ノーサイドゲーム』オリジナル・サウンドトラック

【ミニ情報②】米津玄師/シングルリリース

【メーカー特典あり】 馬と鹿 (映像盤(初回限定)) (CD+DVD(紙ジャケ)) (ラバーバンド付)(出典:Amazon)
『ノーサイド・ゲーム』主題歌として書き下ろされている「馬と鹿」が”ノーサイド盤” ”映像盤” ”通常版” の3形態で発売されます。

”ノーサイド盤”は、音の鳴る「ホイッスル型ペンダント」が付属されたレザージャケット

”映像盤”は、「米津玄師 2019TOUR/脊椎がオパールになる頃」LIVE映像のティザーを収録した紙ジャケット

ジャケットは、米津玄師さん描きおろしのイラストです。

どれにするか迷ってしまいそうですね!

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲーム』7話の視聴率

『ノーサイド・ゲーム』7話の視聴率は、9.7%でした。

初回 13.5%
第2回 11.8%
第3回 10.9%
第4回 10.6%
第5回 11.4%
第6回 13.0%

そして今回は、3.3%の大幅ダウンで初の1ケタ台となりました。

24時間テレビの駅伝アンカーのゴール場面と重なった影響があるとみられます。

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲーム』7話の感想

チームの移籍問題は、選手個人だけでなく周りも大変なんだなと、スポーツ界の内情が垣間見れた気がします。

里村を快く送り出してあげたアストロズのメンバー達。

次は、敵チームとして戦うことになりますが、アストロズには絶対に勝ってほしいですね!

カザマ商事の買収計画も着々と進んで、正式契約目前です。

でも、タンカーの座礁事故と絶対に関わっているはず!

タンカー事故との関係をチらつかせておきながら、やっぱり関係ありませんでした、で終わるわけありませんよね。

どのような形でボロが出てくるのか、こちらの動きも楽しみです。