【And Just Like That…/セックス・アンド・ザ・シティ新章】あらすじ&キャスト【SATC】続編はファンなら涙が止まらない。 | Dramas Note
スポンサーリンク

【And Just Like That…/セックス・アンド・ザ・シティ新章】あらすじ&キャスト【SATC】続編はファンなら涙が止まらない。

海外ドラマ
©2021 WarnerMedia Direct, LLC. All Rights Reserved. HBO Max™ is used under license.

【AND JUST LIKE THAT… / セックス・アンド・ザ・シティ新章】相変わらずニューヨークで暮らしているキャリー、ミランダ、シャーロット。年を重ねて悩みこそ変わったものの、友達が傍にいるのは変わらない50代になった彼女たち。新たな出会いと別れ、そしていくつになっても人生は驚きの連続。新たなライフステージを歩む彼女たちのストーリーが今始まる。

製作:2021年/アメリカ

原題:And Just Like That…

監督マイケル・パトリック・キング

キャスト:サラ・ジェシカ・パーカー、シンシア・ニクソン、クリスティン・デイビス、クリス・ノース、デヴィッド・エイゲンバーグ、エヴァン・ハンドラー、ウィリー・ガーソン、マリオ・カントーネ、ニコール・アリ・パーカー、マリオ・カントーネ、サラ・ラミレス、キャシー・アン、アレクサ・スウィントン

配信[U-NEXT]

「SATC」の記事一覧

スポンサーリンク

【AND JUST LIKE THAT… / セックス・アンド・ザ・シティ新章】

Try something else, start a new chapter. #AndJustLikeThat… new episode this Thursday, only on @hbomax! pic.twitter.com/Ac3vFPgvur

— And Just Like That… (@AndJustLikeThat) January 4, 2022

1998年から2004年にかけて、ケーブルテレビ局HBOで全6シーズン放送され、その後映画も製作された大人気ドラマ【セックス・アンド・ザ・シティ】。

ニューヨーク・マンハッタンを舞台にして、30代独身女性たちのリアルライフを赤裸々に描き、瞬く間に世界中の女性たちの共感を集めたドラマです。

あれから今年で24年という月日が流れ、世界中のファン待望の【セックス・アンド・ザ・シティ】続編である【And Just Like That…】が現在日本でも絶賛配信中です。

新章である【And Just Like That…】では、50代になったキャリー、ミランダ、シャーロットが“パンデミック後”のNYに暮らし、その意味を見つけ出そうとする姿が描かれています。

登場するキャストもオリジナルのキャストが大集結。

共演のスタンフォード・ブラッチ役を演じたウィリー・ガーソンが、2021年9月21日(現地時間)の午後、家族に囲まれながらお亡くなりになってしまい、この役を長年演じたウィリー・ガーソンの遺作にもなってしまった本作。

Friends that show up without you even having to call >>>> pic.twitter.com/nkTQLV008s

— HBO Max (@hbomax) December 10, 2021

ただ、ファン待望ではあるものの公式トレーラーをご覧になっていただけるとお分かりになると思いますが、「長い年月が流れ、いろいろ変わったけれど、あなたはあなたのまま」というキャリーの言葉がとても印象的です。

おそらくエピソード1をご覧になっていただけると本作のタイトルである【And Just Like That…】の意味がお分かりになるはずです。

ちなみに、日本語に訳すと「そしてそんな風に」とか「そしてあっけなく」なんて意味に訳されるのかもしれません。

スポンサーリンク

【セックス・アンド・ザ・シティ】とは?

Your favorite ladies are back and full of surprises.

Catch up with Carrie, Miranda, and Charlotte, and meet some new friends. The first two episodes of @andjustlikethat are now streaming on HBO Max. pic.twitter.com/L7hRB9U9oV

— HBO Max (@hbomax) December 9, 2021

【セックス・アンド・ザ・シティ】って?とご存じない方のために、簡単にちょっとだけご説明しておきます。

ドラマ【セックス・アンド・ザ・シティ】(通称SATC)ですが、このドラマの放送が始まった1998年当時は、テレビドラマで描かれる女性のストーリーというのは限定されていたそうです。

現代風に言うといわゆるアラサーやアラフォーなんて呼ばれている30~40代の女性たちを主人公にしたドラマは当時としてはとても珍しかったそう。

そして、主人公のキャリー・ブラッドショーをはじめとした本作に登場する女性達は、結婚することが女性の幸せだとは思っておらず、女性だってセックスを楽しんで、一般的な社会の常識にとらわれないファッションなどで個性を持つことがステイタスだと考えていました。

それは、それまでの女性というものの存在を根本からくつがえす女性たちのキャラクターだったのです。

それは同時に女性達から多くの共感を得て、彼女達に憧れ、彼女たちのようになりたいと思った女性も多かったのも事実。

【SATC】を見て彼女たちの結婚観、恋愛観、をはじめとして、4人の友情も見どころでした。

それは、この作品に登場していた4人のメインキャストのキャラクターを見てもお分かりになるはずです。

スポンサーリンク

主人公4人はどんなキャラ?

キャリー・ブラッドショー役/サラ・ジェシカ・パーカー

シャーロット・ヨーク役/クリスティン・デイビス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

And Just Like That…(@justlikethatmax)がシェアした投稿


アート・ギャラリーのディーラーをしている純愛主義で結婚願望が強いお嬢様のシャーロット(演:クリスティン・デイヴィス)。

ミランダ・ボッブス役/シンシア・ニクソン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

And Just Like That…(@justlikethatmax)がシェアした投稿


ハーバード大学出身の思ったことをすぐに口にしてしまうちょっと毒舌な弁護士のミランダ(演:シンシア・ニクソン)。

でも、キャリーが困っている時には必ず一番に駆け付ける優しいキャリーの相談相手でもあります。

サマンサ・ジョーンズ役/キム・キャトラル

残念ながら、本作には出演していませんが、他の3人よりもちょっとだけ年上で、PR会社の社長をしている自由奔放なサマンサ(演:キム・キャトラル)

という個性溢れる4人の女性が主人公となり、それまでは絶対に絵がれなかった女性の本音を赤裸々描いています。

おそらくこの作品は、テレビドラマの歴史を変えたと言っても過言ではないはずです。

スポンサーリンク

ストーリーのあらすじは?

ニューヨークで久しぶりのブランチに集合したキャリー、ミランダ、シャーロット。

話題は、現在キャリーは若者に人気のポッドキャスト番組(※下記に説明アリ)に出演しているました。

そして、セカンドキャリアを目指して博士号の勉強中のミランダは息子のガールフレンドのことで驚くことがあったと報告し、理想の母親像を追い続けるシャーロットは娘たちの学校や習い事のママ友のこと、そしてなによりも三人と疎遠になってしまったサマンサのことなどを話すことに。

その後、彼女たちが相変わらずニューヨークで暮らしている様子が描かれ、キャリー、ミランダ、シャーロットたちが年を重ねて悩みこそ変わったものの、大切な友達が傍にいるのは変わらない50代になった彼女たちがこの年齢だからこその悩みが沢山描かれています。

前作から時間が経過し、サマンサこそいないものの新たな出会いと別れ、そしていくつになっても人生は驚きの連続で、新たなライフステージを歩むことになっていく彼女たちの新しいストーリーが始まります。

※「ポッドキャストPodcast)」とは、「iPod」と「ブロードキャスト(broadcast)」(ラジオまたはテレビによって伝えられるメッセージ)が組み合わさった造語のこと。

音声や動画などのデータをネット上に公開する手段のひとつでオーディオやビデオでのウェブログ(ブログ)として位置付けられているインターネットラジオ・インターネットテレビの一種のことを言います。

スポンサーリンク

見どころは?

[見どころ1]

キャリー、ミランダ、シャーロット、それぞれが思う幸せのカタチを追求して生きている3人。

カラフルなお洋服で自分を表現し、ファッションにも、キャリアにも、ロマンスにもこだわりを持つ彼女たちの姿には前作である【セックス・アンド・ザ・シティ】をご覧になっていた方はもちろんですが、まだドラマを観ていないという方もキャストの繋がりさえわかれば楽しめるはずです。

年を重ねても色褪せないそれぞれのキャラクターと共に新しいキャストがどんな風に彼女達と関わっていくのかも見どころです。

[見どころ2]

キャリーが悲しい時嬉しい時、傍にいてくれたスタンフォードと夫のアンソニー。

とても可愛らしくて天真爛漫なスタンフォードとちょっと毒舌なアンソニーは皮肉たっぷりで言いあう喧嘩も懐かしいです。

[見どころ3]

キャリーが出演しているのは時代の変化と共に当たり前になったポッドキャスト。

ノンバイナリー(女性または男性という2択の考えに当てはまらないジェンダーのこと)である上司のチェ・ディアスに放送後にもっと赤裸々になるようアドバイスされます。

それは同時に時代の変化と共にキャリーがこれまで慣れ親しんできたコラム執筆から離れざるを得なかったということも分かります。

[見どころ4]

ファンならきっと悲鳴をあげちゃうであろうキャリーが愛してやまないマノロ・ブラニクのお靴が登場するシーンは、ちょっとワクワクします。

結婚式でキャリーが履いたあのブルーの美しいお靴!必見です。

[見どころ5]

新シリーズには主演3人のキャリー、ミランダ、シャーロットの傍に新しい彼女たちの味方?となるキャラクターが勢ぞろい。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

And Just Like That…(@justlikethatmax)がシェアした投稿


新たな重要キャラクターたちは、キャリーの上司でノンバイナリーのコメディアン(全10話に登場予定)のチェ・ディアス(演:サラ・ラミレス)。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

And Just Like That…(@justlikethatmax)がシェアした投稿

社交界で広い人脈を持ちシャーロット憧れのママ友のリサ・トッド・ウェクスリー(演:ニコール・アリ・パーカー)。

実はこの役柄は、アメリカの銀行の役員で、NY市長選に出馬したレイモンド・マクガイアの妻にインスパイアされた役だとも言われています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

And Just Like That…(@justlikethatmax)がシェアした投稿


ミランダが通っているコロンビア大学の法学部の教授で、人権弁護士を目指しているミランダが尊敬する存在であるナヤ・ウォレス博士(演:カレン・ピットマン)。

For the record, I love Carrie the Columnist and Carrie the Podcaster just the same. pic.twitter.com/zVBKghFYle

— HBO Max (@hbomax) December 14, 2021

そして、まるでサマンサのキャラクターのような一代で成功した不動産ブローカーで、自信満々で、挑戦的で人間関係を自由に楽しんでいるシーマ・パテル(演:サリター・チョウドリー)という重要キャラクターも要チェックです。

キャストにつきましては、ご興味のある方は下記サイトでご覧になられてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

多くのトレンドの発信元となった【SATC】ですが、【AND JUST LIKE THAT… / セックス・アンド・ザ・シティ新章】でも、新しいブランドやデザイナーの起用を増やしており、全米ではファッション業界をすでに動かしているそうです。

パトリシア・フィールドの右腕としてオリジナル版でスタイリストを務めたモリー・ロジャーズを監修に迎えているため、次世代の注目ブランドも人気になりそうな予感です。

ドラマ【セックス・アンド・ザ・シティ】の続編【AND JUST LIKE THAT… / セックス・アンド・ザ・シティ新章】は、時代を超えキャリー、ミランダ、シャーロットたちが伝える女性たちのリアルなストーリーが描かれており、彼女達の子供たちもティ―ンになって様々な個性を発揮しています。

【SATC】ファンのお子様がいらっしゃる世代の方にとっては、「あるある」「そうそう」が満載かも?

ドラマ【AND JUST LIKE THAT… / セックス・アンド・ザ・シティ新章】は[U-NEXT] にて見放題で独占配信中です。

毎週水曜日に1話ずつ更新予定となっており、2022年1月6日現在エピソード2までご覧になれます。

U-NEXTでは前作であるドラマ【セックス・アンド・ザ・シティ】全6シーズンや映画2作も配信中です。

前作のファンだった方はもちろんですが、初めてご覧になる方も楽しめる作品です。