【ステーション・イレブン】日本語吹き替え版声優陣からコメント 吹替版予告動画も解禁! | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ステーション・イレブン】日本語吹き替え版声優陣からコメント 吹替版予告動画も解禁!

TV/News
©2021 Paramount Television Studios, a division of Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved

解説

2022年4月29日(金)からU-NEXTで配信がスタートする【ステーション・イレブン】の日本語吹き替え版の声優陣からコメントが到着し、吹き替え版の予告動画も解禁された。パンデミック後の文明崩壊後の世界を描く傑作SFサスペンスとして注目を集めている。

*Dramasnote編集部

「ステーション・イレブン」オフィシャルサイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本語吹き替え声優

早見沙織(キルステン役)

・本作の見どころ
ある出来事がきっかけで、それまでと全く変わってしまった世界が舞台となり物語が進んでいきます。過去と交差する様にストーリーが描かれていくのですが、今の時代を生きる人々に刺さる作品なのではないかと感じました。最初は謎多き雰囲気からはじまりますが、ぜひ物語の最後まで見届けて頂きたい作品です。

・演じた役柄について
落ち着いているけれど強い意志と行動力を持つ人だと思います。子供時代から様々な経験を経て大人になっているので、その複雑な背景を意識しながら声を当てさせて頂きました。静かな会話シーンが続いたと思えば、演劇の華やかなシーンがきたりするので、その緩急についていけるよう精一杯努めました。

細谷佳正(ジーヴァン役)

・本作の見どころ
本作には様々な国の俳優がキャスティングされています。それぞれの母国があり、俳優ではなく演じる役の国の文化もあると思います。そこを飛び越えて、シンプルに、人間の様子をドキュメンタリーの様な雰囲気で映し出そうとしているところは、この作品の個性だと感じました。

・演じた役柄について
最終回のあるシーンまでは、『中身がない男』だなと感じていました。これは悪い意味ではありません。最終回のそのシーンのために、彼の中に、序盤は、それこそ『ドラマ』や『歴史』を作っていくための作業をする必要があった役でした。いわゆる『演技』みたいなことを彼がしたのは本当に最終回の後半で、その時まで彼のアフレコをしてきたからこそ、そのシーンで『何か』が繋がったというか…。繋がった瞬間の感動は、自分でも意外に大きかった気がします。この役は『種まきの様子』を視聴者に見せる必要があるし、それが最後のシーンのギフトへと繋がると思います。色んなキャラクターが本作には登場しますが、よかったら、根気よく(笑)?彼の様子を追ってみて下さい。このコメントの真意を、その時感じられると思います。

安元洋貴(預言者役)

・本作の見どころ
とにかく言える事は、結末まで必ず見てください。そこに大きな何かがあります。個人的には昨今の世の中の状況の中、この作品に出会い、演じる機会をいただけたのはある種の運命的なものも感じます。だからこそ、とても難解なこの作品に必死に打ち込めたような気もします。言いたい事は山ほどあるんですが、些細な事もネタバレになりそうで、非常にコメントが難しいです。ですが、だからこそ、本当に一人でも多くの方に見ていただきたいです。

・演じた役柄について
達観している「ように」感じていただきたい。そう思いながら演じました。彼にもとてつもないドラマがあります。結末のそれに向けどんどん「熱」が高まっていくように感じていただけたら嬉しいです。

伊瀬茉莉也(キルステン/子ども時代役)

・本作の見どころ
この作品に登場する人物は皆どこか狂気を秘めている…。無情な世界に怒り、悲しみ、絶望した人間の姿がそこにあり、人ごとじゃないように感じます。退廃した現実の世界で、演劇を通し別の世界へ…別の人物に…そして過去に…トリップしているかのような。キルステンに待ち受ける未来は何なのか…そして「ステーション・イレブン」とは…謎多き作品です!そこが面白いところだと思います!

・演じた役柄について
幼少期の経験、記憶から大人のキルステンが形成されていると思うので、目の前で起こる一つ一つの出来事を丁寧に、感情に嘘偽りが無いように演じたつもりです。一番初めのジーヴァンに出会った時のキルステンと、それから2年後の少し成長している姿のキルステンにも少し変化が出るよう意識しました。

東地宏樹(クラーク役)

・本作の見どころ
見どころは、衝撃的な始まりから、回を追うごとにパズルがはまっていく感じでしょうか。
あとは、現代の状況下とリンクする世界観。そして、個人的には音楽のセンス、使い所がカッコいいと思います!

・演じた役柄について
僕が吹き替えるクラークは、舞台役者を退いた役ですが、ハムレットを上演するシーンなどもあり、吹き替えた上で、さらに演じるという貴重な体験をさせてもらえました。魅力的な作品なので、是非とも一気見をおすすめします!

佐々木望(アーサー役)

・本作の見どころ
『ステーション・イレブン』が描くパンデミック後の世界はもはや私たちの現実と地続きなのかもしれないと感じながら演じていました。作品世界と声優自身がいる世界との接続を常に意識させられるのは不思議な感覚でした。

・演じた役柄について
アーサーは高いスター性をもちながら、とてもチャーミングでかわいい人です。第一話冒頭のシーンでは驚きましたが、彼の存在が作品を通しての通奏低音になっていきます。登場シーン以外でもアーサーの気配がよぎるような演技を試みました。ガエル・ガルシア・ベルナル氏は以前から気になる俳優さんでしたので、吹替の機会をいただけてうれしく思います。ぜひお楽しみに!

【ステーション・イレブン】日本語吹き替え版予告動画

なお、[U-NEXT] では、原作となったエミリー・セントジョン・マンデル著書の「ステーション・イレブン」(小学館)も配信中!

Amazon Kindle版は以下から。

【ステーション・イレブン】作品概要

  • ステーション・イレブン<全10話>
  • 配信開始日:2022年4月29日(金)全話一挙配信
  • 配信形態:[U-NEXT] 見放題

企画・製作総指揮:パトリック・サマーヴィル(【LEFTOVERS/残された世界】【マニアック】)

製作総指揮:スコット・スタインドーフ、スコット・デルマン、ディラン・ラッセル、ジェシカ・ローズ、ヒロ・ムライ、ジェレミー・ポデスワ、ネイト・マッテソン

監督:ヒロ・ムライ、ジェレミー・ポデスワ、ヘレン・シェイヴァー、ルーシー・シャーニアク

製作会社:パラマウントテレビスタジオ

キャスト:マッケンジー・デイヴィス、ヒメーシュ・パテル、ダニエル・ゾヴァット、デヴィッド・ウィルモット、マチルダ・ローラー、フィリッピーヌ・ヴェルジュ、ナバーン・リズワン、ロリ・ペティ、ガエル・ガルシア・ベルナル、ダニエル・デッドワイラー

次の話へ →

本ページの情報は2022年4月22日時点のものです。最新の配信状況は[U-NEXT] にてご確認ください。

©2021 Paramount Television Studios, a division of Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved