『ストロベリーナイト・サーガ』9話ネタバレと視聴率。姫川の強さと成長。失ったからこそ分かるものとは? | Dramas Note

『ストロベリーナイト・サーガ』9話ネタバレと視聴率。姫川の強さと成長。失ったからこそ分かるものとは?

『ストロベリーナイトサーガ』#9。

柳井健斗の一件から、過去の”冤罪”に関わった者、及び姫川班は解体となる事態に。

組織というものに溺れることなく、正義を貫いた和田課長の男らしさ、大切なものを失ったからこその姫川の強さと成長に感動すら覚えます。

『ストロベリーナイト・サーガ』

スポンサーリンク

9話あらすじ

小林充殺害、柳井健斗の死、西堂組傘下・極桜会会長・牧田勲殺害。長岡刑事課長は記者会見に対し、この一連の事件を柳井健斗の名を伏せ牧田の舎弟・川上義則の犯行だとして処理するよう、和田課長たちに伝えます。

9年前、柳井健斗の姉は小林充によって殺されました。

西堂組傘下の極桜会会長の牧田勲は、柳井の情報と引き換えに小林殺害を請け負います。実行犯は川上義則。

その後、川上は西堂組の跡目争いに紛れ、牧田と跡目を争うライバルの仁龍会会長の藤元を殺害し、柳井健斗を脅して偽の遺書を書かせ、小林と藤元殺害の罪を柳井にきせて、自殺を強要したのです。

そして、牧田に近づいた姫川を殺害しようとするも、彼女を庇った牧田を誤って刺してしまいます。

犯行は、全て敬愛する牧田に西堂組を継がせるための川上の単独犯行でした。

和田課長、今泉係長、橋爪管理官の3人が記者会見に臨んだものの、和田課長は長岡刑事部長の命令を無視し、今回の事件には柳井健斗が絡んでいることを説明しました。

すると記者の中にひとりだけ、事件のことを深く知っているような人物が、厳しく追及してきたのです。

和田課長は、9年前の事件が冤罪であったことなども包み隠さず伝えると、深く頭を下げて謝罪しました。

実はこの記者は、和田が懇意にしていた人物で、わざと厳しく質問をするよう前もって頼んでいたのです。

この一件で、過去の冤罪に関わった者、及び姫川班の刑事それぞれに移動辞令が出されることに……。

スポンサーリンク

『ストロベリーナイト・サーガ』9話の見どころと感想

和田課長の真っすぐな正義感に感服!

和田課長は、自分のことなど考えず過去の冤罪について明らかにした真っすぐな正義感にうたれました。柳井健斗のことが世間に知られれば、9年前に関わった人物も明らかになる。

そうなれば、警察組織としても大変なことになるから、柳井健斗のことに関して一切触れないよう忠告されていました。

その時、和田課長は納得しきれない様子を見せていましたが、まさか記者会見で明らかにするとは驚きです。ここで暴露してしまえば後には引けない。

警察組織の腐った部分を見て見ぬふりはしたくなかったのでしょうね。彼の真っすぐな正義感には感服しました。

長岡刑事部長のことについては、姫川に「ああいうのをのさばらしては世の中のためにならない。警察組織はしがみつくものでも、よじ登るものではない。地に足をつけて踏ん張って支えてできるものだ」

組織というものを勘違いしている長岡のような輩には、きっと和田課長の想いは届かないのかもしれませんね。

姫川玲子の強さと成長

『ストロベリーナイト・サーガ』8話インビジブルレイン後編。菊田(亀梨和也)の表情が切なさ過ぎる!
ドラマ『ストロベリーナイトサーガ』8話インビジブルレイン後編のネタバレと視聴率。 インジブルレ...…

「新しい捜査一課を作れ」和田課長から強い言葉をもらった姫川は、部署が変わっても”自分を信じる”真っすぐな刑事に成長していました。

彼女の強さは、人とのつながり。「自分は人と繋がって生きてきた。刑事を目指した時からひとりだと思ったことはない。人に守られたから生きてこられたし、自分が守れなかった命もあったけど、傍にいなくてもたくさんの人に支えられて生きている」と。

その中には、かつて励まし続けてくれた佐田刑事、自分を慕い信じてくれた部下の大塚、姫川が唯一愛した男・牧田。姫川班の部下、今泉係長や姫川の家族……。

過去をすべて受け入れ、沢山の人に支えられているからこそ今の自分がいるのだと分かったのでしょう。

その想いが彼女を強く成長させた。さらにパワーアップしたようにも思えます。

スポンサーリンク

『ストロベリーナイト・サーガ』アンダーカバーあらすじ

9話では、前回の「インジブルレイン」から、アンダーカバーに流れていきます。

姫川は単独で、トキワ硝子の赤城社長の一件を追っていました。

【事件内容】

妻と2人で、ガラス食器の卸問屋を営んでいた赤城芳弘(63歳)が首を吊って自殺を図りました。姫川の調べでは、最近になって赤城社長は妻の知らないところで大口の発注を繰り返しており、総額7000万円の負債を抱えていたことが分かります。

発注や在庫管理は赤城社長自身が行っていたため、妻は何も知りませんでした。姫川の推測によると、事件の流れはこのような形になります。

☑品物の発注先は恐らく赤城社長に300万円の融資をした今山商事の黒沢。

☑赤城社長は、黒澤から大口の取引を持ち掛けられ、融資を受けていたこともあり取引を受けたと思われる。

☑付き合いのあるガラスメーカーから商品を大量に仕入れ、黒沢に卸す。

☑7000万円分の商品を奪い取った直後、黒沢は姿をくらませた。

☑赤城社長は、騙されたことを苦に自殺。

姫川は、赤城社長が取り込み詐欺に遭ったと睨んでいました。黒沢は手に入れた商品を必ず売りさばいているはずだと、闇取引の業界を調査していたところ、北野という女にたどり着いたのです。

しかし、この女を尾行している途中で、捜査二課の土井(石井正則)と出くわします。これを機に姫川は、土井と協力して女が絡んだ事件を解決していくのです。

9話の視聴率は6.2%でした(ビデオリサーチ調べ、関東地区)