【ザ・ボーイズ】シーズン1ネタバレと解説。新時代、異色のヒーロードラマ。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ザ・ボーイズ】シーズン1ネタバレと解説。新時代、異色のヒーロードラマ。

© 2021 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.|© 2010-2021 Amazon.com, Inc.

Writer:ゴー
Introduction

【ザ・ボーイズ】は、スーパーヒーローに恋人を殺された青年が、仲間と共にヒーローと腐敗した組織に立ち向かうDCコミックス原作のドラマ。シーズン3では新メンバーにジェンセン・アクレスが加わることでも注目されています。

© 2021 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.|© 2010-2021 Amazon.com, Inc.

Preview

Production

製作:2019年 アメリカ

原題:The Boys

監督:エリック・クリプキ

キャスト:ジャック・クエイド、カール・アーバン、アントニースター、エリン・モリアーティ、ドミニク・マケリゴット、ジェシー・T・アッシャー、ラズ・アロンソ、チェイス・クロフォード 

配信Amazon Prime Video

「ザ・ボーイズ」の記事一覧

スポンサーリンク

あらすじ

家電量販店で働いているヒューイ(ジャック・クエイド)は、彼女のロビン(ジェス・サルゲイロ)とデートしていました。

するとそこに、何かが猛スピードで突っ込できて、彼女は木っ端微塵こっぱみじんにされてしまいます。

これは、スーパーヒーローのAトレイン(ジェシー・T・アッシャー)が、高速で駆け抜けたことが原因でした。

為す術なく泣き寝入りかと思われたところに、FBIを名乗るウィリアム・ブッチャー(カール・アーバン)が現れます。

ブッチャーは、妻がホームランダーにレイプされた後に殺された恨みを持っていました。

「ヒーローが原因で毎年数百人が死亡するが、現実はほとんどが闇に葬られている。」

ブッチャーは、ヒーローとそのプロモーション会社である”ヴォート社”の闇を世間に公表しようと協力を求めてきました。

ヒューイは、ロビンを失ったことへの怒りと復讐からブッチャーの提案を受け入れます。

そしてブッチャーは、かつての仲間であったフレンチー(トマー・カポン)とマザーズミルク(ラズ・アロンソ)を加え ❞ザ・ボーイズ❞ を結成したのです。

 ザ・ボーイズのメンバー

ウィリアム・ブッチャー

© 2021 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 

妻をレイプした後に口封じのために殺害したホームランダーに復讐るためザ・ボーイズを結成しました。

言葉遣いが悪く粗暴な性格のイギリス人男性で、ザ・ボーイズのリーダー。

ヒューイ・キャンベル

優しく気弱な性格の青年。

かつてはヒーローに憧れていましたが恋人が殺害され、ブッチャーとの出会いからヴォート社とヒーローを倒すために行動します。

フレンチー

ブッチャーのかつての仲間。

ちょっとイカレたところがありますが、優しく人情に熱い面があるフランス人男性。

マザーズミルク

フレンチーと同様にブッチャーのかつての仲間である黒人男性。

少年院の刑務官をしていましたがブッチャーに誘われ、ボーイズに合流します。

妻と娘がいます。

キミコ

コンパウンドVを投与されたことから、身体能力と回復能力が高くなった日本人女性。

口をきくことができません。

セブン(能力)

ホームランダー

© 2021 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.

セブンのリーダー格でありヒーローの中でもトップレベルの強さを誇るヒーロー。

弾丸をも弾き空を飛べる体、数km離れた音をも聴き取れる聴覚能力、亜鉛を除く全ての物体の透視、目から強力なビームを出せる能力があります。

クイーン・メイヴ

両性愛者の女性。

ホームランダー同様に飛行能力と、銃弾や刃物を弾く体と怪力、高い身体能力を持っています。

ディープ

魚や水場に生息する生き物と会話をすることができる能力。

自身の体にエラがあるため、水中や海中も自由に泳ぐことができます。

Aトレイン

ロビンを殺した張本人。

世界最速のスピードを誇るヒーローですが、世界最速の座を維持するためある薬物を使用しています。

ブラックノワール

全身黒ずくめのヒーロー。

ほとんど喋ることはありませんが、任務に忠実に動くことからホームランダーからは一定の信頼を置かれています。

トランスルーセント

透明化できる能力を持つ男性。

後にブッチャーたちの捕えられ、ヒューイに爆破されて死亡。

スターライト(アニー)

電気を操り、手から光弾を出す能力があります。

セブンの一員になるのが夢でしたが、思っていた”ヒーロー”と違うことに苦悩します。

 ネタバレと結末

コンパウンドVの秘密

© 2021 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ロビンが殺害された日、Aトレインが”コンパウンドV”を求めて恋人の家に向かっていたことがわかりました。

ザ・ボーイズは、コンパウンドVの入手にあたって調べを進め驚愕の事実に辿り着きました。

実は、ヴォート社はコンパウンドVを胎児に投与し、人体実験を繰り返していたのです。

コンパウンドVとは

スーパーヒーローを生み出す薬品で、長期に渡り使用すると体に異変が起きるステロイド剤。

このことから、全てのヒーローの特殊能力は生まれ持ったものではなく人工的に作られたものであることは発覚します。

ベッカは生きていた

8年前、ブッチャーの妻ベッカはホームランダーにレイプされ、口封じのために殺されたものと考えられてきました。

ヴォート社や自身のことを嗅ぎ回っているのがブッチャーだと知ったホームランダーは、彼の妻がヴォート社のマーケティング部にいたことを思い出します。

一方で、ホームランダーの唯一の弱点が、彼と特別な関係を持つヴォート社副社長のマデリンであると推測したブッチャーは、マデリンの家に忍び込んで彼女を拘束しました。

そこにホームランダーが現れ、ブッチャーはマデリンを使って彼を脅します。

しかし、ホームランダーは、ベッカと自分との間に子どもがいたこと、ベッカが秘密保持契約をしてヴォート社の保護下で生きていることを聞き、激昂したホームランダーはマデリンを殺害してしまいました。

ブッチャーは、ホームランダーを巻き込んで自爆を図ろうとしましたが失敗に終わります。

目を覚ましたブッチャーの前にいたのは、ベッカ、ホームランダー、そしてベッカとホームランダーの間に出来た息子でした。

解説

【ザ・ボーイズ】は、スーパヒーローにも一般の人々と同じような葛藤や悩みがある、不祥事があればSNSですぐ拡散、そのヒーローたちを倒そうとする主人公側、などこれまでのスーパヒーローの作品とはどこか違った作風となっています。

通常、ヒーローたる者は人々や世界を守るイメージが強いものですが、本作はそういったよくあるヒーローものではありません。

セブンは人々からもてはやされているため「何をしても許される」と勝手に思い込んでいる反面、ブッチャーのようにセブンに反発する者も少なくないのです。

メンバーはホームランダーを恐れて意見は言えず、彼の一言で左右されることもある一方で、マデリンは金儲けにホームランダーを利用するなど、闇というより汚れきった組織とも言えるでしょう。

また、ブッチャーも目的を果たすためには手段を選ばない非道な一面があるため、ヒューイとスターライト(アニー)が人らしく感じられます。

【ザ・ボーイズ】は、最終話までテンポが落ちることなく一話一話が衝撃の連続です。

原作との違い

【ザ・ボーイズ】は、DCコミック原作のスーパーヒーロードラマで、原作とは異なる部分があります。

ドラマ:ニューヨークでロビンを失った後にブッチャーと出会い、セブンに復讐する。
原作:ヒューイがロビンを失ったのもブッチャーと出会ったのもスコットランドで、後にニューヨークにやってきました。
ドラマ:セブンに恋人や妻を殺されたことへの復讐としてザ・ボーイズを結成。目的を遂げるためには非道なやり方も厭わない。
原作:ザ・ボーイズは政府から依頼を受けてセブンを調査していた。彼らもまたコンパウンドVを使用して能力を強化している。
ドラマ:ディープは白人男性で、Aトレインは黒人男性
原作:ディープは黒人男性でAトレインは白人男性

ほかにも原作と違う点が多々ありますが、ドラマはドラマでクセになる面白さがあるので一度ご覧ください。