【ザ・ボーイズ】シーズン2ネタバレ解説。新ヒーロー・謎の能力者の登場でザ・ボーイズ絶体絶命!? | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ザ・ボーイズ】シーズン2ネタバレ解説。新ヒーロー・謎の能力者の登場でザ・ボーイズ絶体絶命!?

© 2021 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.|© 2010-2021 Amazon.com, Inc.

Writer:ゴー

【ザ・ボーイズ】シーズン2ネタバレと解説。ホームランダーを道連れに自爆することに失敗したブッチャーは、意識を失いどこかに連れ去られてしまいます。しかし、目を覚ますと前にはベッカと、彼女とホームランダーの間に生まれた男の子の姿が……。シーズン2では新たなヒーローの登場でストーリーはより白熱していきます。

© 2021 SONY PICTURES ENTERTAINMENT (JAPAN) INC. ALL RIGHTS RESERVED.|© 2010-2021 Amazon.com, Inc.

動画配信Amazon Prime Video

「ザ・ボーイズ」の記事一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらすじ

ヴォート社はトランスルーセントの死亡を公表し、ストームフロントがその後継としてセブンに加わりました。

ブッチャーを欠いたザ・ボーイズは、CIAの副長官のレイナーと接触することが出来ました。

しかし、情報を得る前に彼女はその場で何者かに頭部を撃ち抜かれてしまいます。

一方で、ストームフロントの加入に納得いかなかったホームランダーは、ヴォート社の経営責任者であるエドガーに強く抗議しましたが、エドガーは「ヒーロー会社だと思われているが、ヴォートは製薬会社だ。」と、毅然とした態度でホームランダーの要求を突っぱねました。

その頃、アジトに戻ったザ・ボーイズの元へ1人の来訪者が……。

なんと、長らく姿を消していたブッチャーが戻ってきたのです。

新キャスト

ストームフロント

登場人物:手から雷を放つ能力に加え、高い身体能力と飛行能力を持つセブン新加入のヒーローです。

大衆を扇動しホームランダーの人気を脅かす存在となります。

キャスト名:アヤ・キャッシュ

出演作:【ウルフ・オブ・ウォールストリート】(2013)、【You’re the Worst】(2014)

ベッカ・ブッチャー

登場人物:ブッチャーの妻でありライアンの母。

元々はヴォート社に勤めていましたが、出産後はヴォートの施設内で秘密裏にライアンと暮らしていました。

キャスト名:シャンテル・ヴァンサンテン

出演作:【Final Destination4】(2009)、【Shooter】 (2016)

ランプライター

登場人物:自由に炎を操る能力を持つセブンの元メンバー。

セブン脱退後はセージ・グローブ・センターで職員をしています。

キャスト名:ショーン・アシュモア

出演作:【Cadet Kelly】(2002)、【Frozen】(2010)

ネタバレと結末

ストームフロントの正体

マロリーからの手がかりを元に、ヒューイ、マザーズミルク、スターライトはある黒人女性を訪ね、かつてのヒーローである”リバティー”が現在、「ストームフロントとして名前と姿を変えて生きている」という情報を掴みました。

一方で、秘密裏にセージ・グローブ・センターを訪れていたストームフロントは、ホームランダーにどこで何をしていたかを問い詰められます。

するとストームフロントは、自分は100歳を超えた元ナチス党員であり、フレデリック・ヴォートは自分の夫だったことを告白しました。

混沌とする公聴会

ブッチャーは、議会での公聴会の証人になってもらうため、フォーゲルバウム博士を説得することに成功し、多くの人が見守る中、ヴォートとコンパウンドVについての公聴会が始まります。

しかし、フォーゲルバウム博士が証言をしようとしその時、突然彼の頭が吹き飛ばされてしまいました。

そこから次々と、その場にいた多くの人々の頭が吹き飛ばされていきます。

公聴会は一瞬にして阿鼻叫喚の様相を呈しました。

これでヴォート社を追い詰められる、と期待していたザ・ボーイズもテレビ越しにその様子を見て呆然とします。

ライアンの覚醒

ブッチャー、ベッカ、ライアンの前に立ちはだかったストームフロントはベッカを殺害しようと試みます。

それを見ていたライアンの特殊能力が目覚めます。

ホームランダーと同様に、ライアンの目から放たれたビームはストームフロントを焼き焦がし、ベッカも巻き添えを食らってしまいました。

そこにホームランダーが現れ、ブッチャーとライアンに攻撃をしようとしますが、クイーンメイヴが「

攻撃をしようものなら飛行機墜落に関するビデオを公表する」とホームランダーを脅迫。

怯んだホームランダーは渋々その条件を飲みます。

ヴォート社の記者会見場でエドガーは「首都襲撃はストームフロントによるものだった。コンパウンドVの供給を無期限で停止する」述べました。

その制圧をしたとされるメイヴとスターライトは称賛され、スターライトがセブンに戻ることも発表されました。

同様に、共同教会に管理されていたストームフロントのファイルを盗み出したAトレインもセブン復帰が決定します。

共同教会の指導者であるアダナは能力者の情報を裏でニューマン議員に流していましたが、ニューマンとの電話を終えた直後に頭が吹き飛び、オフィスは血で染まりました。

外にはその様子を見つめて微笑むニューマンの姿が……。

MMは妻と娘の元に、フレンチーは恋人の元へそれぞれ戻りました。

ヴォート社から守るために、ブッチャーはライアンをマロリーとCIAに引き渡し、ヒューイは仕事を得るためニューマン議員を尋ねます。

ここでシーズン2は終了。

感想

ストームフロントを失ったホームランダー、ベッカを失ったブッチャー、後味が悪くもシーズン1から続く長い戦いに一度幕が落とされたシーズン2。

ニューマン議員が能力者だったことには特に衝撃を受けましたが、公聴会での一件はすべて彼女が行ったのか?と、考えるだけでゾッとしました。

Aトレインが復帰するもののセブンの空いた枠は2つ。

シーズン3ではまた新たなヒーローが登場し、セブンに加入することが予想されます。

また、それぞれの生活に戻ったザ・ボーイズの再集結も見どころのひとつになりそうです。

シーズン3からはジェンセン・アクレスの出演が決まり、今後も【ザ・ボーイズ】から目が離せません。