『CROSSING/未来からの漂流者』4話ネタバレと考察。【クロッシング】 | Dramas Note

『CROSSING/未来からの漂流者』4話ネタバレと考察。【クロッシング】

海外ドラマ『CROSSING/未来からの漂流者』【クロッシング】4話。

生存者47名、彼らは何者で何の目的で過去にやってきたのか。

今回、それぞれが隠したい過去も垣間見える展開となりました。

その一方で、息子を誘拐したリースとの取引にジュードは……。

海外ドラマ『クロッシング/未来からの漂流者』

スポンサーリンク

4話あらすじ

ジュードの息子オリバーがリースに誘拐されてしまいました。リースは娘と引き換えに息子を渡すという取引をジュードの持ち掛けます。

誰かに話したら息子の命はないというリースと、息子に何かあったら地球上に居場所はないとというジュードの駆け引きが始まります。

【キャンプ内】

ケイレブ(マーキス・ハリス)はひとり、礼拝堂で右手首に掘られたタトゥーを見ていました。すると、ハンナを脅したあの男がやってきていいます。

「そのタトゥはAZ隊にいた証だ。エイペックスや裏切り者を始末してきた。なぜ隠すのか」

そう言うと男は、聖書を蹴飛ばしてその場を立ち去ります。

どうやらAZ隊というのは、未来でエイペックスと戦うと同時に、エイペックスに協力していた言わば裏切り者を始末する役目を担っていた警察のようなもの。

一方で、ハンナの事が気になっていたマーシャルは、彼女のことを探っていました。ハンナは観光客ではなく生存者のひとりではないかと推測。

彼女がキャビンや湖の話をしていたことから、考えられる場所はキャンプ・タマノワスに絞り込みます。なぜそんなに彼女にこだわるのか?という友人にマーシャルは、「わからない、でも気になって仕方がない」と答えたのです。

【ジュード】

ジュードはリースの娘レアを連れ出そうとキャンプに向かいますが、警備隊により中に入れてもらえません。しかし、ここで諦めるわけにはいきません。

帰るふりして車に乗り、強行突破に出たのです。レン捜査官に、誘拐された息子と交換するのにレアが必要だから渡すよう言いますが、レン捜査官は首を縦に振りません。

それもそのはず。レアはマントル病を発症しており、本人も危険な状態。さらに、彼女を出してしまったらマントル病が蔓延してしまうと拒否したのです。

スポンサーリンク

『クロッシング/未来からの漂流者』4話の解説と感想

マーシャルとハンナ

なぜかハンナが気になって仕方ないマーシャル。一緒にいた友人に、なぜそんなにハンナが気になるのか聞かれますが、マーシャル自身もその理由は分からないとのこと。

ハンナが未来の誰かに聞いたかにもよりますが、既に未来から来ている人物が何人もいるということは、そこから情報を得た可能性もあるでしょう。

もしくは、ハンナはマーシャルの子孫という可能性も……。ハンナが生まれたのはマーシャルの時代から少なくとも150年以上は経過しています。

ハンナにとってマーシャルは、曽祖父あたりの年齢になると思われますが、一体2人の関係は何なのか……。

レン捜査官死亡か?

ポールは、ひとりの捜査官に似顔絵を渡し、お金を渡すから人を探して欲しいと頼みます。捜査官から報告を受けたレン捜査官は、彼女の似顔絵を顔認証システムに掛けて探すことに……。

しかし、これまでの出来事を振り返りすべてはリンダウァーに繋がっていると気づいたレン捜査官は、慌ててオンライン認証をキャンセルし、オフラインで探すことにしたのです。

そして後日。ポールが探していた女性の居所を発見したレン捜査官は、ひとりで彼女の自宅に向かいました。

その女性はポールを知っていて、夫だとも話していましたが、なぜかポールはカルトにのめり込んで……というような話を切り出します。

あくまでも「未来から来た」というポールの思想は、カルトの影響によるものだと、未来から来たとは認めなかったのです。

女性は、その証拠を見せるからと席を立ったあと、レン捜査官は意外なものを見てしまいます。壁にはなんと、リンダウァーと一緒に写っている写真が飾られていたのです。

その瞬間レン捜査官は、背後から一発銃弾を浴びてしまいます。床に倒れ込むレン捜査官……。彼女はこのまま死んでしまうのか、女性とリンダウァーとの関係は?

スポンサーリンク

『クロッシング/未来からの漂流者』4話を観た感想

未来を知ろうとすれば、誰かが何かが阻止しようとします。リンダウァーは未来を変えるために過去に潜入してのではない可能性も捨てきれません。

本当に未来を変えるつもりならば、現代人の誰かの協力を仰いだ方がいい方向に進むと思われますが、彼らの目的が違うとすれば未来だけではなく現代も危機的状況に陥ることはじゅううぶんに考えられます。

また、レン捜査官を撃った女性は、ポールと再会を望むのではなく既にリンダウァーと深い関係にあるか、もしくは彼の妻になっているかも……。

だとすれば、彼らにとってレン捜査官は目の上のたんこぶ。彼女は、未来から来たということをうすら信じ始めているようですし、好奇心も旺盛なのでこの先、計画の邪魔になると考えられていたかもしれませんね。

いずれにしろまだ4話。分からない事ばかりです。

ただ、本作はシーズン1で打ち切りが決定しており、全11話ということなので、そろそろ謎もバラ撒かれ始めるかもしれません。