【ザ・ストレンジャー】7話・8話。コリンヌ殺害犯はまさかの人物だった! | Dramas Note

【ザ・ストレンジャー】7話・8話。コリンヌ殺害犯はまさかの人物だった!

ザ・ストレンジャー

作品紹介

【ザ・ストレンジャー】7話・8話ネタバレと感想。ダンテが昏睡から目覚め、あの夜の真相が語られます。さらに”ストレンジャー”の正体には衝撃の真実が隠されており、驚きを隠せないアダム。そして、コリンヌ失踪の謎も全て明らかとなる……!

©1997-2020 Netflix, lnc.
オフィシャルサイト

動画配信
The Stranger | Official Trailer | Netflix

当サイトでご紹介しているものは2020年10月現在のものになります。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

関連記事

【ホームカミング】
【キャッスルロック】

スポンサーリンク

【ザ・ストレンジャー】7話ネタバレ

ダンテ目覚める

ダンテが昏睡状態から目覚めたと聞き駆け付けたジョアンナは、あのパーティーの夜の出来事について尋ねます。

ダンテの記憶に残っていたのは、

  • 気になっていたデイジーと2人になりたくて森へ誘った
  • 湖で泳ごうとデイジーを誘い、先に洋服を脱いで湖に向かう
  • 振り返るとデイジーがダンテの洋服を持ち去ってしまった
  • デイジーを追いかけていたところ、サッカークラブの用務員であるマックスに鉢合わせて追いかけられる
  • マックスが追いかけてきたのは、監視カメラの映像をマックスがいじっていたとコリンヌに報告したから

ダンテはここまでは覚えているものの、その後倒れていたことは覚えていませんでした。

そこでジョアンナは、ダンテが最後に鉢合わせたマックスに話を聞きに行きました。

ジョアンナはダンテの話の裏を取るため、マックスに「あの夜なぜダンテを追いかけたのか」と問いかけます。

するとマックスは、「実際には監視カメラの修理をしていただけなのにダンテに誤解されて悪く言われたので、ダンテを追いかけたが何もしていない」と答えたのです。

それから、ふくよかで足の遅いマックスに対しダンテはとても足が速かったため、マックスはダンテに追いつけず後を走っていたところ、崖に差し掛かりダンテは足を踏み外して転げ落ちたとのことでした。

”ストレンジャー”はキレインの娘だった

ある日、アダムの父エドガーと彼の友人でもある私立探偵のピーターが、コリンヌの件を手伝うためアダムの元を訪れました。

アダムに起こったこれまでの出来事を整理していくと、”ストレンジャー”がエドガーの元にも現れていたことが明らかになります。

”ストレンジャー”は食事をするエドガーの目の前に現れ、不倫で子供ができたとだけ言うと立ち去った。

エドガーはその時、”ストレンジャー”の写真を撮っていたことから、アダムの元に現れた女と同一人物であることは間違いありませんでした。

さらに、昨日アダムがキレインの病院でストレンジャーを目撃していることから、キレインと彼女が手を組んでいてコリンヌ失踪に関わっている可能性が浮かび上がります。

そこでエドガーは、以前キレインの家を解体したときの彼の荷物を自分の会社で保管していることを思い出し、アダムと共に手掛かりを探しに倉庫へやって来ました。

すると、アダムが1枚の写真を見つけます。

そこには、なんとキレインと一緒に写る”ストレンジャー”の姿があったのです。

そして、キレインの病室を訪れた”ストレンジャー”は、彼を見るなり「お父さん」と呼びかけていました。

スポンサーリンク

【ザ・ストレンジャー】8話ネタバレ

”ストレンジャー”はアダムと異母兄妹

アダムは、父エドガーの友人で私立探偵のピーターが”ストレンジャー”の正体について突き止めた情報を聞き出し、”ストレンジャー”の名前がクリスティン・キレインだということに加え、彼女の住所もわかりました。

そして、クリッシー(クリスティン)の家へと急ぎ、コリンヌ失踪事件の担当であるジョアンナに”ストレンジャー”の住所を突き止めたことを連絡しますが、ジョアンナの携帯に出たのはカッツだったのです。

ジョアンナは最近様子のおかしいカッツを心配して彼の元を訪れたが、ロスからの電話でドイルが殺害された日の近所の監視カメラにカッツが映っていたと知らされる。

その電話をスピーカーホンにしていたため、それを聞いたカッツが逆上してジョアンナに襲い掛かっていた。

「ジョアンナは手が離せない。伝言する」というカッツの言葉を受けたアダムは、”ストレンジャー”(クリッシー)の家に向かうことや、後で住所を連絡することを伝えました。

アダムは、クリッシーの家についてすぐジョアンナに住所を送り部屋に向かおうとしましたが、その途中 背後からイングリットに襲われ拘束されてしまったのです。

アダムは、コリンヌ失踪についての情報を得ようとクリッシーを問い詰めました。

ところが、クリッシーはコリンヌの件は何も知らないどころか、クリッシーはアダムの異母兄妹だと言う衝撃の真実を口にしたのです。

クリッシーが、そのことに気付いた経緯を話し始めようとしたその時、取り乱した様子のカッツが銃を持って現れ、イングリットに発砲。

カッツはドイルの件の情報を持っているクリッシーたちを排除しにきたようで、口を挟むアダムにイラついて銃を向けます。

しかし、カッツの発砲と同時にクリッシーが身を挺してアダムを守ったのです。

その直後、ジョアンナの携帯のGPSを追ってきた警察によりカッツは取り押さられ、ドイル殺害の疑いで逮捕されました。

クリッシーはコリンヌを調査していた

クリッシーは銃弾を受けたものの大事には至りませんでしたが、イングリットは致命傷を受けそのまま亡くなってしまいました。

その後、アダムは病院でクリッシーから全ての話を聞くこととなります。

私立探偵をしているクリッシーは、ボブ(サッカークラブのコーチ)から依頼を受けてコリンヌのアラを探すべく徹底的に調べていました。

その中で、コリンヌの夫であるアダムからエドガーの存在にまで辿り着いたのです。

ボブがコリンヌの調査を依頼した理由については、次項で詳しく解説しています。

エドガーは、クリッシーの母が持っていた写真の男性と同一人物だったため、エドガーの存在が気になっていました。

そこで彼に接触して密かに採取したDNAで鑑定し、エドガーが実の父親だという事実を知ったのです。

そして、クリッシーは異母兄妹のアダムが妻コリンヌに騙されている(偽装妊娠の件)ことを知り、兄のことを思って伝えることにしました。

コリンヌは殺害されていた、犯人は……

全てを聞いたアダムは、ボブにコリンヌの調査を依頼した理由を聞きに行きました。

ボブは、クラブのお金がなくなった横領事件のことを自分のせいにされるとトリップから聞き、自衛のためコリンヌのアラ探しを依頼したのだと答えます。

その言葉に、アダムは憤りを感じながらトリップの元へと急ぎ、怒りを露わにトリップに詰め寄りました。

するとトリップは「ここでは話せない、コリンヌの元へ連れて行く」と、アダムを車に乗せました。

アダムがトリップに連れて来られたのはコリンヌの父の別荘のある貯水池。

森の中を進み少し開けたところでトリップが足を止め、コリンヌが失踪したあの日の真相について話し始めました。

  • クラブの横領事件は、お金に困ったトリップの仕業
  • それがコリンヌにバレて猶予をもらうが返す当てもなく、逆にコリンヌをはめることに
  • 帳簿を書き換えてコリンヌを責めた
  • 探偵のクリッシーに依頼したのはトリップだとコリンヌに勘違いされる
  • 激怒するコリンヌを見て全てバラされると悟ったトリップがコリンヌを殺害

そこまで打ち明けたトリップは謝罪を口にするも、あろうことかこのまま何事もなかったように暮らそうとアダムに提案してきたのです。

何故なら、このまま通報しても捕まるのは夫婦喧嘩をしていたアダムだからと。

証拠として見つかるのはコリンヌの家の車庫に残っている血痕だけで、トリップに繋がるクラブの帳簿はすでに解読不能な状態のため証拠にならない。

その結果、「アダムが夫婦喧嘩の末コリンヌを殺害、彼女の車を空港付近に駐車しコリンヌの携帯からメールを送り自殺を偽装したということになる」とトリップは説明します。

アダムは、状況を受け入れて今まで通り過ごすか、通報して息子たちを残すかの2択だと迫られた末、カッツの銃でトリップを撃ち殺してしまいました。

カッツの銃はイングリットが死に際にクリッシーに託し、クリッシーは救急車に同行してきたアダムに手渡していた。

全ての罪はカッツ刑事へ

クリッシーの病院に居たジョアンナは、相棒のロスからサッカー場でアダムがボブを襲ったと報告を受けます。

さらに、カッツが逮捕された現場には彼の銃が見つかっていないことから、ジョアンナは表情をこわばらせながらアダムを探すべく、彼の長男トーマスの元へと向かいました。

ジョアンナはトーマスが通う学校に急行し、位置情報アプリを使ってアダムを探したいとトーマスから携帯電話を借ります。

位置情報で場所を特定し辿り着いた先には、カッツの銃を手にしたアダムと撃ち殺されたトリップの遺体がありました。

それを見たジョアンナは、アダムが持っていた銃から指紋をぬぐい取り、カッツが逮捕された現場に戻しました。

ジョアンナは、トリップ殺害の罪もカッツに着せたのです。

これで、たとえカッツがトリップ殺害を否定しよううとも、銃という証拠はカッツが犯人であることを結びつけました。

スポンサーリンク

【ザ・ストレンジャー】これまでの謎と答え合わせ

ダンテ昏睡の真相

湖のほとりで頭に怪我を負い、全裸で倒れていたダンテ。

彼の事件について知るものはおらず、直前まで一緒にいたデイジーはダンテが死んだら自分のせいだと思っていたりと、ダンテのことを多く語ろうとしないのが意味深さを増しました。

しかし、実際にはボブから追われたダンテが自ら足を滑らせて崖を転げ落ちただけでした。

デイジーが意味深に見えたのは、トーマスという彼氏がいながらダンテの誘いを受けたことが後ろめたくて言えなかったこと、ダンテが泳ごうとして脱いだ洋服を奪って逃げたことから、ダンテが死んだら自分のせいだと考えたのでしょう。

”ストレンジャー”の正体

”ストレンジャー”と名乗る野球帽の女の正体はクリスティン・キレイン、キレインの娘でアダムの異母兄妹でした。

正確にはクリッシー(クリスティン)は、キレインの娘ではあるもののキレインと血が繋がっておらず、母の浮気相手との間にできた子どもでした。

そして、その浮気相手がアダムの父エドガーという とんでもない展開を迎えます。

この事実をキレインは知らずにクリッシーを育ててきて、クリッシーも仕事の依頼でコリンヌを調査したことから偶然知ることとなったのです。

その後、クリッシーは密かにエドガーのDNAを入手。

DNA検査を行なったうえで、エドガーが実の父だと断定しているのでアダムと異母兄妹なのは間違いないようです。

コリンヌ失踪の真相

コリンヌ失踪事件の黒幕は、コリンヌたちの隣人トリップでした。

サッカークラブのお金を使い込んだトリップは、その行為がコリンヌにバレて自分の仕業だと公になるのを恐れ、咄嗟にコリンヌを殺害してしまいます。

そして、トリップは遺体を貯水池の近くの森に埋めて、コリンヌの携帯から夫婦喧嘩により距離を置きたいというメールを送っていたのです。

この時点でコリンヌはすでに亡くなっていましたが、アダムもメールの内容に違和感を感じていました。

コリンヌなら”息子たちをお願い”と書くところ、送られてきたメールには”子どもたちをお願い”と書かれていたことを不審に感じていたのです。

スポンサーリンク

【ザ・ストレンジャー】7話・8話の感想

最後まで先の展開が読めなかった【ザ・ストレンジャー】。

コリンヌの失踪事件の真相や”ストレンジャー”の正体には最後まで気づかなかったため、この展開にはとても驚きました。

トリップは私利私欲を満たすためにクラブのお金を横領して、それに気付いたコリンヌを殺害しただけでもひどいですが、さらに完全犯罪に仕立ててアダムが犯人となるように仕組んだとは恐ろしい人間だなと感じました。

それに対して、昏睡状態だったダンテの件には大した秘密がなかったのが逆に面白かったです。

【ザ・ストレンジャー】は全8話でサクッと観れるうえに、ストーリー展開もサクサク進んでいくので時間がない方にも是非おすすめしたい作品です!