【大唐女法医】7話・8話のネタバレ感想。 | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【大唐女法医】7話・8話のネタバレ感想。事件詳細のまとめも!

「大唐女法医」出典:Amazon.co.jp

作品紹介

【大唐女法医~Love&Truth~】7話・8話のネタバレ感想。殺人事件を調査する蕭頌は、手がかりは増えているものの真相を究明できずにいた。一方で殺し屋の蘇伏は、実は自分こそが結婚相手の蘇伏であると冉顔に打ち明け、2人は良い雰囲気に……!?

© Youku Information Technology (Beijing) Co., Ltd. & Shanghai Xingge Culture & Media Co., Ltd.

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2021年5月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

関連記事を検索 ➤

スポンサーリンク

【大唐女法医】7話のネタバレ解説

事件詳細まとめ

*BS放送は全33話ですが、本記事の内容はU-NEXTの動画(全36話)をベースにしています。

事件詳細のおさらい

4台の馬車の中から、直前まで生きていたはずの4名の骸が腐乱した状態で見つかった。

腐敗はかなり進んでいるが衣だけは朽ちていない。

4台の馬車の真ん中には、人形が自動で太鼓を叩く鼓車こしゃというものが置いてあった。

その太鼓の音は馬にしか聞こえないもので、おそらくこの音に操られて4台の馬車が集まってきたと思われる。

普通の人間には聞こえないはずなのだが、聴力が敏感な蕭頌は音を聞き取れた。

太鼓の音に隠された暗号を解くと「明日4人の人間に罰が下る」という文章が浮かび上がる。

急いで4人の身元を明らかにするべく、蕭頌と冉顔は聞き込み調査を始めた。

被害者まとめ

4人は全員1年前にこの地にきた。いずれの遺体も関節が太い。

魏四嬢ぎしじょう・・・助産師。同居する甥がおり弱々しく痩せていて関節の太い男だった。

花絮晩かじょばん・・・衣を縫う針子。

卜自孝ぼくじこう・・・長年胃薬を服用している叔母がおり、見つかった骸も胃が荒れていた。

荘篳凡そうひつぼん・・・彼の経営する金細工店には、隠し扉や銅銭のほかに“隋候の珠”の図案などが置いてあった。先日殺された柳粲の行きつけの店でもある。

上記の4名として見つかった骸は、すべて親族の身体的特徴と一致した。

そしてその親族たちは、全員 半年前に「法事に行く」と家を出たきり行方不明になっている。

蘇伏の境遇

冉顔に会いに来た蘇伏は、実は自分こそが結婚相手の蘇伏であることを打ち明け、不遇な環境で育ったことや、生きるために武芸を学んで悪人退治をしていることを話した。

話を聞いた冉顔は、家族の中で孤立している自分と似ていると言う。

【大唐女法医】ネタバレ8話

遺品の傘

【大唐女法医】あらすじ全話とキャスト情報を総まとめ。
【大唐女法医~Love&Truth~】あらすじ全話。唐の時代が舞台となっている本作は、検死人のヒロインが謎解きをするミス…

役所にいた桑辰そうしんは、突然大雨が降ってきたため 目についた“遺品”の傘を拝借することにし書き置きを残しておいた。

一方で聞き込み調査をしていた蕭頌は、「荘篳凡そうひつぼん(死人の1人)は、天候にかかわらず毎日を持ち歩いていた」と聞き、傘に重大な秘密が隠されているはずだと推測をする。

すぐに荘篳凡の遺品箱を確認してみると、「傘を借ります」という桑辰の書き置きがあった。

また、荘篳凡が毎月18日に決まって清鸝せいり館へ足を運んでいたとの情報を得た蕭頌は、清鸝館へ向かった。

すると、冉顔ぜんがんを探しに来たらしい蘇伏そふくと入口で鉢合わせる。

店の中では、冉顔を取り囲むように座っている客たちが意味深な目配せをし、明らかに彼女を狙っているようだ。

客たちが動き始めたのと同時に、蘇伏も動いて客たちを一掃する。

一方の蕭頌は、館内で桑辰が連れ去られるのを見て助けに行き、傘のある場所を尋ねた。

桑辰の話では、傘は何者かに奪われてしまったが、凶器が短いすきだと分かったと言う。

鋤は、墓の盗掘に使われるもの

それを聞いた蕭頌は、殺された4人は墓の盗掘をしていたのかもしれないと結論づける。

刀の欠片

初めのうちは死亡した4人には共通点がないように思えたが、徐々に接点が見えてきた。

やがて蕭頌は、以下のような推測に行き着く。

死人①が縫った衣を、助産師である死人②が取り上げた赤子に着せて、死人③が出産祝いの宴を手配し、死人④がその宴に参加する。

そして赤子の衣には、盗掘するための古墳の場所が示されている。

普段接点のない彼らは、いつもこのようにして(赤子の衣を通して)連絡を取り合っていたのだ。

そして、赤子に着せた衣には古墳の場所が示されていると突き止めた蕭頌は、冉顔とともにその古墳へと向かう。

するとそこには、4つの遺体があった。

そして地面には、普段 県役所の官吏が使っている刀の欠片が落ちていた。

翌日、県役所に足を運んだ蕭頌は、全員の刀を調べて刀が欠けていないかを確認するが、朱七がいないことに気づく。

ここのトップである李県丞りけんじょうによれば、朱七は妻の看病のため休暇をとっているとのこと。

役所に置いてあった朱七の刀を見せてもらうと、刀の先が欠けており、墓で見つけた欠片と一致した。

【大唐女法医】感想7話

今回の殺人事件はなかなか複雑で、今のところ真相が全く見えてきません。

ただ荘篳凡らの4人と、その身代わりで死んだ4人、つまり8人には間違いなく接点があるはず。

事件自体は、前回の連続殺人とは無関係なように見えて、実は微妙に繋がりがあります。(隋候の珠や清鸝館)

気になるラブラインのほうは、冉顔と蘇伏がかなり良い雰囲気に。

蘇伏はいつも無表情で恋愛に関しては不器用そうですが、意外と女心をつかむのが上手いです。

部屋で1度見ただけの菓子を覚えていて、次に会った時に「好物だろう」と同じ菓子を渡したり、どしゃ降りの日に冉顔を迎えに行ったりと、普段の無表情な彼とのギャップが萌えポイント。

一方の蕭頌は、冉顔に気があるのは明白ですが、表面上はいつも彼女をからかっています。

ゆえに、冉顔は彼の気持ちにまったく気づいていなさそうです。

【大唐女法医】感想8話

注目の桑辰は、1度見ただけの複雑な模様を完璧に覚えていたりと、かなり頭が良いようです。

蕭頌もまた天才的で、今回も素晴らしい推理を披露していました。

今回の事件はかなり難解で、ミステリー好きにとっては見ごたえ十分ですが、普段あまりミステリーを見ない方にとってはややこしすぎるかもしれません。

それでも少しずつ事件を解くヒントは増えていて、どうやら朱七も大きく関わっていそうです。

もしも朱七が犯人だとしたら、殺人の動機は妻の病気が関係しているかもしれません。

おそらく、次回には真相が明かされるでしょう。

*次回9話・10話のネタバレ感想はこちら