【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第1話ネタバレ。新たなボスキャラが入所、ヴェラを狙うのはまさかの! | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第1話ネタバレ。新たなボスキャラが入所、ヴェラを狙うのはまさかの!

「ウェントワース女子刑務所」出典:www.amazon.co.jp

作品紹介

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第1話のネタバレと見どころ。オーストラリアの女子刑務所を舞台に囚人たちが繰り広げる生き残りを賭けたサバイバルドラマ。ファイナルシーズンとなるシーズン8では、看守長から囚人となり皆を恐怖に陥れたファーガソンが復活。波乱の幕開けとなる第1話の見どころと感想をお伝えします。

© FremantleMedia Ltd.|© Hulu, LLC
オフィシャルサイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2021年2月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

*外部サイトへ移動します

関連作品
Amazon.co.jp

 

「ウェントワース女子刑務所」を検索
スポンサーリンク

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第1話「復活」あらすじ

ウェントワース女子刑務所に新たな囚人が収監されてきました。

その中には、ウェントワースでトップドックに君臨していた元囚人ルイーズ・ケリー(通称ルー)も含まれており、ルーの凶暴さを知っているブーマーは不安な気持ちになります。

刑務所に到着するや否や早速トラブルを起こしたルーに対し、トップドックとなったアリーは看守のウィルと対策を練ることに。

反抗的な態度をとるも、一緒に収監されたトランスジェンダーの恋人レベッカ・キーン(通称レブ)を守るため、アリーに従うことにするルー。

一方、産休を取って愛娘グレースの育児に忙しくも幸せな日々を送っているヴェラは、刑務所再建のために早期復職を依頼され悩みます。

そんな中、幸せなヴェラの姿をカメラで隠し撮りする怪しい姿が。

キャス・マクスウェルと名乗る女性は、なんと殺されたはずのファーガソンだったのです。

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第1話の解説と見どころ

生き残っている囚人たちの現在

ウェントワース女子刑務所アリー

© FremantleMedia Ltd.

キャズが亡くなった後、トップ・ドックを継いだのはアリーでした。

シーズン7までの優しく気の弱かったアリーの姿とは一変、金髪となり毅然とした態度で囚人たちをまとめています。

リズが去り、シーズン1からの唯一のレギュラーキャラとなったブーマー。

頼まれたからとはいえ、リズの命を自分の手で終わらせてしまった心の傷を引きずりつつ元気に囚人生活を送ってる様子。

マリーは、脱出計画が失敗した後 独房に入れられていましたが、ルーやレブらが収監されたタイミングで保護隔離棟へ移されます。

そこで、初めての囚人生活な上に頼みの綱であるルーとも引き離されて不安度マックスに達しているレブを発見。

早速、レブに近寄り優しい言葉をかけて操ろうともくろみます。

こういった人を見分ける鼻の良さとずる賢さは相変わらず健在です。

新たなヤバいキャラクターが仲間入り

ウェントワース女子刑務所ルー

© FremantleMedia Ltd.

今シーズンで間違いなくキーパーソンの1人となるであろう人物がルーです。

ルーは、ビーやジャックスの前にトップ・ドックに君臨していました。

フィンガーケリー”という異名を持ち、キレると指を切断するというクレイジーな女です。

ルーは、刑務所に到着するや否や、恋人レブに茶々を入れてきた囚人をボコボコに。

更に、レブとルーの関係を少しからかっただけのブーマーにすぐさまリンチするという、瞬間湯沸かし器みたいに切れやすい。

しかし、レブの事は本当に大切に思っているようなので、地雷を踏まずに仲間になったとしたら頼れる存在になるかもしれません。

そんな暴れん坊なルーを優しいアリーは対処できるのか?と気になるも、ブーマーに危害を加えた報復として、ルーの十八番である指を切断するという制裁を実行したアリー。

今後、この2人の上下関係がどのようになっていくのかは見どころのひとつです。

ファーガソン復活!

ウェントワース女子刑務所ファガーソン

© FremantleMedia Ltd.

【ウェントワース女子刑務所】全シーズンの中で、強烈キャラ上位に入るファーガソンが復活しました!

シーズン7最終話でホームレスとなった姿がチラッと映し出され、生きているのか幻なのかと気になるところでしたが、今回はバッチリ登場しています。

縛られて棺桶に入れられ、生き埋めとなったはずのファーガソン。

ウィルが掘り起こした時、確かにミイラとなった姿も映し出されていましたが、どうやって脱出したのでしょうか?

また、ヴェラと愛娘の幸せそうな姿を隠し撮りしていたのもファーガソンでした。

新しい名前に変えてパスポート取得の手続きをして、出来上がった自分のパスポートを眺めるファーガソン。

実は、もうひとつパスポートを作っていました

パスポートに映っている写真はヴェラの娘グレースです。

どうやらファーガソンは、グレースを誘拐して海外に逃亡する計画を練っている様子。

笑顔でパスポートを眺めるファーガソンの姿と共に流れた穏やかなBGM。

嵐の前の静けさといったなんとも不気味なシーンでした。

【ウェントワース女子刑務所】シーズン8第1話の感想

壮絶な最終話だったシーズン7から、心機一転でスタートしたシーズン8。

新所長や新しい囚人など、今後起こるであろう事件の伏線がたくさんある気がします。

優しくて気弱だったアリーがすっかり逞しい姿に変わってトップ・ドックとなっていましたが、芯の部分では優しさを忘れていないと思うので、そこを突かれて攻撃されないかが気になるところ。

そして、あの伝説の女ファーガソンが帰ってきました。

どうやって生き延びていたかは後々分かることだと思いますが、相変わらずのねっとり感で、ヴェラへの攻撃準備を整えていて怖いです。

一応、グレースの父親であるジェイクも引き続き看守として働いているようなので、しっかりと2人を守って欲しいです。