PR

与君歌(よくんか)~乱世に舞う運命の姉妹~3・4・5話ネタバレ

歴史 / 時代劇
© H&R CENTURY PICTURES CO.,LTD
*記事にはプロモーションが含まれています
作品情報

与君歌~乱世に舞う運命の姉妹~3・4・5話ネタバレ。斉焱たちは酒店にいる時に刺客に襲われます。程若魚は仇煙織にこれまでの2度の襲撃と関係があるのではないかと言いますが、仇煙織はこっちの台詞だと言うのでした。

PR

3話あらすじネタバレ

蔡氏酒店

斉焱たちがビャンビャン麵で有名なさい氏酒店で食事をしていると、刺客が襲ってきます。程若魚と仇煙織が応戦し、厳修が逃げた刺客を追いました。

程若魚は仇煙織にこれまでの2度の襲撃と関係があるのではないかと言いますが、仇煙織はこっちの台詞だと言うのでした。

紫衣局に戻った程若魚は程兮に斉焱を守れるように解毒薬がほしいと言います。程兮は程若魚に解毒薬を渡しますが、解毒には3日かかると言いました。程若魚から襲撃の話を聞いた程兮は仇煙織の奸計だと推測します。

一方、厳修は仇煙織に今回の襲撃は程若魚に斉焱を助けさせて信頼を得るために紫衣局が仕組んだものだろうと言っていました。

しかし仇煙織は程若魚が武術ができない時に紫衣局がそんな芝居を打つはずないと反論し、黒幕は別にいると言います。

仇子梁の誕生日が近づき、斉焱に仇子梁から”紫衣局の若き女子の剣舞を見たいものだ”と伝言がありました。それを聞いた程若魚は、紫衣局は皇帝のための侍衛なのだから仇子梁が舞を見たいのなら妓女を呼んでは?と言います。

ところが斉焱は”決して失望させません”と仇子梁に伝えさせるのでした。

紫衣局が剣舞の準備をする中、程若魚は程兮に剣舞の最中に不意打ちで仇子梁を暗殺することを提案。程兮は激怒して程若魚から解毒薬を取り上げます。

紫衣局の剣舞

仇子梁の誕生日当日。剣舞の最中に程若魚の親友の関嫵かんむが突然仇子梁を襲いました。仇煙織と程若魚は身を挺して仇子梁を守ります。

厳修が関嫵を斬ろうとしますが、程若魚が止めました。誰の差し金かと問い詰められた関嫵は斉焱だと言って気を失います。

仇子梁が仇煙織に関嫵の尋問を命じると程若魚は自分も尋問に加わりたいと申し出ました。仇子梁は許可しますが、程若魚はその場で気絶してしまいます。

しばらくして目覚めた程若魚はすぐに関嫵の尋問に向いました。その後、斉焱も尋問に来ます。

程若魚は関嫵が昨晩、父の弔いをしていたことを思い出しました。厳修が弔いをしていた場所を調べに行くと鄭禄の位牌が見つかります。

関嫵の正体は鄭禄の娘の鄭嫵で、朝露の変で汚名を着せられた父の仇を討とうとしていたのです。程若魚は斉焱に鄭禄の件を再調査してほしいと言いました。斉焱は鄭嫵の手かせを解かせ、「よかろう」と答えます。

斉焱の言葉を聞いた鄭嫵は近くにいた兵の剣を奪って自害しました。それを見届けた斉焱は「本件はすでに落着した」と言って部屋を出て行きます。

程若魚は斉焱を追い、鄭嫵をだましたことを責めました。斉焱は「逆賊の娘は死んで当然だ」と答えて立ち去ります。

そこへ仇煙織が来て程若魚に問いかけました。

  • 一族皆殺しから鄭嫵はどう逃れたのか。
  • 誰が鄭嫵を紫衣局へ送り込んだのか
  • なぜ今鄭嫵は襲撃に及んだのか、鄭嫵の力では必ず失敗するのになぜあえて決行したのか。
PR

3話の感想

程若魚が暗殺を断念したのに、まさか紫衣局で親友だった関嫵が仇子梁を襲うとは!

そういえば1話で程若魚が夜狩り中の斉焱に初めて会った時、もともと程若魚は山で関嫵に会う約束をしていたようでした。程若魚と斉焱の出会いは偶然じゃなかったのかもしれませんね……。

PR

4話あらすじネタバレ

身上調書

書庫を調べた仇煙織と程若魚は鄭嫵の身上調書の墨が他の身上調書と違うことに気づきます。また仇煙織は程若魚の身上調書の墨も違うと指摘しました。

程若魚は紫衣局に戻って身上調書の墨のことを尋ねます。程兮は虫干しの時に程若魚と鄭嫵の身上調書に茶をこぼしたので原本を書き写したと答えるのでした。

一方、仇煙織は以前は1,000人いたと記録されている紫衣局が今は100人しかいないことが気になります。表向きは厳しい審査で脱落したことになっていましたが、仇煙織は脱落者たちが家に帰っていないことを突き止めました。

また仇煙織は斉焱の狩りの出費が増えていることにも気づきます。そして仇煙織は斉焱が狩りのためとして支出した費用で紫衣局から消えた者たちを養っているのではないかと考えました。

程若魚が斉焱に身上調書のことを報告しに行くと、斉焱は書棚を蹴り倒し「この件は落着した」と言います。それでも程若魚は「襲撃が二度と起こらぬよう執剣人の私は必ず真相を明かします」と言い返しました。

すると斉焱は「程若魚の執剣人の職を解き平民に落とす 宮中から永久に追放する」と宣言します。

その後、程若魚が紫衣局に戻ると程兮は解毒薬を渡し、蔡氏酒店に身を寄せるように言います。蔡氏は程兮の配下の麗蓉れいようの兄嫁とのこと。程若魚は免職は皇宮の外で鄭嫵のことを調べるのに好都合だと考えました。

皇宮を出る前に程若魚は斉焱から授かった剣を返そうとしますが、程兮は斉焱が取り上げなかったのなら持っていなさいと言います。

鄭禄の屋敷

蔡氏酒店に身を寄せた程若魚は鄭禄の屋敷だった場所を調べに行きました。建物の中に入った程若魚は天井から垂れている布の下に何者かの足が見えていることに気づきます。

程若魚は紫衣局の帯を足に巻きつけ、その者を引きずり出しました。実はその者は覆面をした斉焱でしたが、程若魚は気づきません。斉焱は程若魚から剣を奪って突きつけます。

その時、程若魚の尾行をしていた者たちが建物の中に入って来ました。斉焱は程若魚の口を塞いで物陰に隠れます。尾行者たちが立ち去った後、斉焱は程若魚に剣を投げ返して立ち去るのでした。

翌朝、仇子梁の息がかかった宦官の高平こうへいは斉焱の靴に紫衣局の帯の糸が付いていることに気づきます。高平は糸を手の中に隠して持ち帰りました。

高平の報告を聞いた仇煙織は、程若魚が鄭禄の屋敷で斉焱と会っていたと推測します。

斉焱は追放された程若魚が”蔡氏酒店で酒を売っている”と程懐智から聞き、蔡氏酒店を訪ねました。斉焱は程若魚に酒を出させます。程若魚が斉焱に言われて酒の毒味をすると、その酒は水で薄めたものでした。

程若魚は慌てて別の酒を持ってきますが、その酒も水で薄められていました。その酒を飲んだ斉焱は役所に知らせてこの店を廃業にすると言い出します。斉焱と程若魚が口論している時、刺客が襲ってきました。

程若魚は自分はもう執剣人ではないと一旦は店から逃げ出しますが、引き返して斉焱を助けることにします。程若魚が刺客の1人を尋問しようとすると、その刺客は程若魚の名を口にしました。

自分の名を知っていることを驚く程若魚。その時、屋根の上にいた別の刺客が刺客全員を口封じしてしまいます。程若魚は逃げた屋根の上の刺客を追おうとしますが追いつけませんでした。

役所に運ばれた刺客の屍を調べた厳修は体内から毒鍼を見つけるのでした。

翌日、斉焱は弟の斉溶せいようが仇子梁に軟禁されたとの報告を受けます。

PR

4話の感想

斉焱は仇子梁に従順なようにみせかけて、実は紫衣局からわざと脱落させた者たちを護衛として養成しているのでしょうか。

またたびたび斉焱を襲ってくる刺客の黒幕は一体誰なのでしょうか。謎が多くてドキドキします。

PR

5話あらすじネタバレ

王揚の屋敷

街でつけられていることに気づいた程若魚は尾行者を路地に誘い込み、泥酔させて解放しました。程若魚が後をつけて行くと、その者は王揚の屋敷だった場所に入って行きます。

程若魚が忍び込むとその場所は今は仇子梁配下の”将棋営”の巣窟になっているようでした。程若魚はあの覆面の男が屋根の上で瓦を外して屋敷の中を覗いているのを見かけます。

覆面の男が逃げたので程若魚はひょう(投てき武器)を投げつけますが、逃げられてしまいました。

程若魚が屋敷の中を見ると斉溶が軟禁されていたのです。斉溶は毒を飲まされているようでした。程若魚は斉溶を助け出すことにします。

逃げる途中、程若魚と斉溶は仇煙織に遭遇しました。仇煙織は意外にも2人を外に通じる抜け道に案内してくれます。

その後、厳修が仇煙織のところに、刺客の体内から見つかった鍼は鄭禄が作ったものだったと報告に来ました。仇煙織は誰かが鄭家に罪を着せようとしていると考えます。

程若魚は斉溶を紫衣局に連れ帰りました。斉溶の症状を見た程兮は、斉溶を山奥のとある家に連れて行きます。そこには斉焱と斉溶の叔父である斉宸せいしんが隠棲していました。

斉宸の顔を見た程若魚は”恩人様”と呼びます。程若魚はかつて斉宸に命を助けられたことがありました。

その後、斉宸は仇子梁に”斉溶は私が預かる”というふみを送ります。

文を受け取った仇子梁は仇煙織に、先帝は朝露の変の時に斉宸に皇位を継がせるという遺詔を書いて腹心の韓岳かんがくに託したという話をします。その後、仇子梁が先帝に遺詔を変えさせて斉焱を世継ぎにしたとのこと。

仇煙織は最初の遺詔の在りかを尋ねますが、仇子梁はわからないと答えるのでした。

無謀で命知らず

斉焱は斉宸が斉溶を治療したと聞いて山奥の家を訪ねます。程若魚を見た斉焱は程兮に連れて帰るように命じました。程若魚たちが帰った後、斉宸は斉焱に程若魚をこの件に巻き込みたくないのですねと言うのでした。

その後、斉焱は”先帝の遺詔”の話を持ち出して本来は斉宸が即位していたはずだと言いますが、斉宸は否定します。

その時、斉宸は斉焱の腕の傷に気づきました。傷を診た斉宸はそれが鏢による傷で、鏢を投げたのは程若魚ではないかと言い当てます。

斉焱は程若魚のことを無謀で命知らずだと批判しますが、斉宸は”かような者こそ肝心な時に身を挺して陛下を守るのです”と言いました。

一方、仇煙織はかつて紫衣局から消えた女子たちが蔡氏酒店に現れていたという事実を突き止めます。そして次のような出来事があったことも知りました。

ある中秋の夜、玉娘ぎょくじょうという女子が蔡氏酒店に現れ、男に絡まれのどを切られた。男は家に帰って3日後足を滑らせて水死した。

厳修は兵を連れて蔡氏酒店に踏み込み、酒税を納めていない疑いがあると言って蔡氏を連行します。

程若魚は紫衣局に蔡氏のことを伝えるために皇宮に忍び込みました。それを目撃した斉焱はまた覆面をして程若魚の後を追います。

麗蓉は程若魚が到着する前に蔡氏が連行されたことを知っていて、程兮に報告していました。麗蓉は蔡氏が拷問に耐え切れず玉娘のことを話してしまうのではないかと心配します。

程兮は麗蓉に、蔡氏に亡き夫の後を追わせては?と言いました。

程若魚が程兮たちがいる部屋に入ろうとした時、背後から斉焱が襲います。物音を聞いて廊下に出てきた程兮は程若魚とは気づかずに足に帯を巻き付けて引きずり倒しました。斉焱はその隙に逃げます。

その夜、蔡氏が拷問されている場所に1人の女子が忍び込み、蔡氏に薬を飲ませました。蔡氏は息絶えます。

厳修がその女子を尾行すると”玉真坊”と書かれた建物の中に入って行くのでした。

PR

5話の感想

仇子梁が配下のアジトにしているのが朝露の変で犠牲になった王揚の屋敷だった場所というのが因縁を感じます。そして仇煙織が程若魚たちを逃がした抜け道は王揚が孫娘を連れて逃げた抜け道のようでしたが……。

程兮は優しそうな顔をしているのに、今まで協力してくれていた蔡氏を口封じしてしまったのがショックでした。また程兮の命令を実行した謎の女子が入って行った玉真坊とは一体何なのでしょうか。

Photo:「与君歌」©H&R CENTURY PICTURES CO.,LTD