『3年A組 今から皆さんは、人質です』2話あらすじと感想。菅田vs川栄vs永野のガチ演技が凄い! | Dramas Note

『3年A組 今から皆さんは、人質です』2話あらすじと感想。菅田vs川栄vs永野のガチ演技が凄い!

菅田将暉主演のドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です』の2話が放送されました。

今回は、状況を打破しようと生徒が動き出す一方で、柊一颯からさらなる問題への解決を問われます。

それでは『3年A組-今から皆さんは、人質です』2話のあらすじと考察です。

スポンサーリンク

『3年A組 今から皆さんは、人質です』2話あらすじ

3年A組の生徒たちは、柊一颯が本当に生徒を殺害したのかを確かめるため、美術準備室を覗いてみることに。

一瞬でしたが、机の上に食べ残したパンが2つあったことから、実際に殺害されていないのではと考え始めます。

警察側も、手出しができずヤキモキする状態が続く中、柊一颯の本当の狙いを探ろうとしました。

また、3年A組の生徒たちの間で、殺害された生徒の事を巡って言い合いが始まっています。

そんな中、柊一颯が教壇に立ち”俺の授業”を始めました。

その日の問題は「ドーピング疑惑の件」。

SNSで、”景山澪奈がドーピングしている”とつぶやかれており、それが原因で景山澪奈は自殺したと柊一颯は言います。

犯人の名前は”やり逃げX”という名前をかたっており、1度だけ動画も公開されていました。

柊一颯は、「SNSにあげた人物はクラス内にいる」と、投稿者を名乗り出るよう促しましたが、誰も知らぬ存ぜん。

一体、誰がドーピング疑惑を流したのか……。

スポンサーリンク

『3年A組 今から皆さんは、人質です』の見どころと考察

柊一颯の過去が明かされる!?

今回は、柊一颯の過去が少しだけ明かされました。

魁皇高校に赴任する前、柊一颯は咲宮高校で教師をしていましたが、恋人で同じ高校の教師をしていた相楽文香とは恋人関係にあったようです。

警察の聞き込みによると、柊一颯は相楽文香に暴力をふるっていたとのこと。

生徒には一切そんなことはしなかったようなので、柊一颯と相楽文香の間に何があったのかが気になるところです。

ただ、柊一颯が元気だった頃の相楽文香の動画を見て、優しい笑みを浮かべていたこともあることから、2人の間には単なる暴力というものはなかったのではないかと推測します。

現代社会の闇を浮き彫りにする!

本作では、理不尽なクレームや、責任転換、何でも人のせいにする、人の心の痛みを考えられない、自分さえ良ければなどといった現代社会が抱える闇を浮き彫りにした作品でもあります。

柊一颯は、そんな大人になってほしくないという強い思いから、究極の選択をしたのではないでしょうか。

その行動と、景山澪奈、相楽文香の関係性はまだ不明ですが、最悪の事態にならないようにという思いが根底にあるのではないかと考えています。

・生徒は生きているのか?

・宇佐美はなぜ景山澪奈に執着したのか?

これらも、2話のポイントになります。

生徒2人が、美術準備室を覗いた結果”同じパンの食べかけがあった”ことから、前日に殺害されたであろう生徒は、生きていると結論づけました。

その理由としては単純で、”教師は生徒を殺したりしない”ということ。

確証は持てなかったものの、大きなカケに出てさらに危機に陥ります。

なお、宇佐美はなぜ影山澪奈に執着したのか。

宇佐美にとって景山澪奈は友人でもあり、全国大会で優勝したというアクセサリーでもあったのです。

ただ、アクセサリーという形が強く出すぎてしまったため、景山澪奈が離れていきました。

しかし、宇佐美は自分が悪かったことに気づいていません。

彼女は、自分で自分を見なかったため、逆恨み状態になったのです。

動画を撮影した人物は!?

今回、SNSの投稿者”やり逃げX”の正体が宇佐美であったことが発覚しました。

しかし、宇佐美によると動画はカバンに入っていたものを使用しただけで、撮影したのは自分ではないといいます。

柊一颯によると、動画は編集されているので犯人は別にいるということでした。

動画というと、クラス内に動画を撮るのが趣味の男子生徒が一人います。

彼は、宇佐美や景山澪奈の動画もよく撮っていたこともあり、一番犯人に近い存在ではありますが、逆に彼である可能性は低いかもしれません。

彼は、景山澪奈に恨みを持ってはいなかったので、犯人は別にいるのではないかと推測します。

共通点としては、”景山澪奈”を勝手に恨んでいる人物ですね。

川栄李奈と永野芽郁、菅田将暉のガチ演技に圧倒!

2話では、菅田将暉と川栄李奈、永野芽郁と川栄李奈のガチ演技が圧巻です。

張り詰めた緊張感、川栄李奈の鋭い目つきから凄まじいほどの狂気を感じましたし、彼女に食らいつく永野芽郁の演技も白熱していました。

また、菅田将暉も笑っているようで笑っていない、目の奥はさらに狂気を帯びていましたし、”閉じ込められた空間”の演出には最高の仕上がりになっています。