『3年A組 今から皆さんは、人質です』8話ネタバレ考察。新たな事実続出!最終目的は復讐ではない!? | Dramas Note

『3年A組 今から皆さんは、人質です』8話ネタバレ考察。新たな事実続出!最終目的は復讐ではない!?

防犯カメラの映像がネット上で解析され、”武智が犯人”という証拠が固められつつあるなかで、警察で取り調べを受けていた武智は一貫として否定し続けていました。

また、景山澪奈のフェイク動画の真相にたどり着き、解放されると思っていた生徒たちでしたが、柊一颯はこれからが本番だと言うのです。

彼の目的とは一体!?

スポンサーリンク

『3年A組 今から皆さんは、人質です』8話あらすじ

魁皇高校の教師・武智大和が逮捕され、景山澪奈を殺害した犯人としてネット上で騒がれる中、武智は一貫として犯行を否認。”自分は悪くない”の一点張りでした。

その日、柊一颯は生徒たちに”俺の授業”はせず、携帯電話やカバンも渡し自習として、家族や友人に連絡を取るのも良し、SNSにあげるのも良しとしましたが、唯一ひとつだけ「自分に協力していることだけは隠せ」というのです。

この事件が終息すれば、生徒たちは元の生活に戻りますが、”柊の協力者”であることが分かれば危険が及ぶとのことでした。

何か大事なことをしようとするときは、グッとこらえて頭を一周させればパッと正しい答えが出る。

その忠告だけをすると、美術準備室に戻って行ったのです。

それぞれが自習の時間を楽しんでいる間、堀部瑠奈(森 七菜)はフェイク動画を見返していました。

すると、堀部瑠奈は気づいてしまったのです。

武智と言われていた男性と、景山澪奈らしき人物が写っているあの動画の驚愕の真実を……。

スポンサーリンク

『3年A組 今から皆さんは、人質です』8話で暴かれた真実

武智と景山澪奈の動画もフェイクだった。

武智が犯人だと証明する動画から、堀部瑠奈が見つけたのは柊一颯の顔に武智の顔を張り付けたものでした。

これにより、生徒たちの間では景山澪奈を殺害した人物は柊一颯というではないかという展開に。

ところが、景山澪奈らしき人物が持っているバッグに違和感を感じた甲斐が、動画に写っているのは、景山澪奈が亡くなった当日に持っていたバッグと違うと指摘。

また、撮られた映像の角度にあるクリーニングに防犯カメラがあるかを確認すると、そこには防犯カメラはないとのことでした。

すると生徒たちは、この動画自体がフェイク動画であることに気づき、柊一颯の目的は「復讐ではないか」を推測したのです。

五十嵐理事官と相楽文香は親子だった。

五十嵐理事官が、柊一颯の協力者であることに気づいた郡司は五十嵐を問い詰めます。

しかしまずは、相楽文香に話を聞いてから対処する方向でいたのですが、「場合によっては見過ごす」と思った宮城刑事(細田善彦)は、あろうことか上司に密告し五十嵐は逮捕。

五十嵐がなぜ柊に協力したのか。

それは、相楽文香が実の娘だったからで、現時点では文香が受けたことへの復讐という流れになっていますが、決して復讐が目的ではありません。

「それだけのために犯罪には加担しない」ということから彼らの目的は、全く別のもの。

逮捕間際「何が真実か、自分の目で確かめろ」と、郡司に言っていたので、もっと巨大な組織を炙り出そうとしているのかもしれません。

相楽文香は武智の裏の顔を知っていた。

相楽文香は、数年前から武智と知り合いましたが、彼女のクラスの生徒にある大学を推薦してきたのです。

文香は、その生徒がプロ野球選手を目指していることもあり、武智の話を断りました。

しかし、武智が何度もしつこく言ってきたので、思い切って興信所に頼んで武智の事を調べたのです。

すると武智が、元文部文化大臣の牧原と繋がっていることが判明。

しかも武智は、大学から多額の報酬を受け取り、生徒を商品として推薦入学させていたことを突き止めたのです。

文香が、この事実を武智に突きつけると武智は、自分と牧原たてつくとどうなるかと、文香を脅していました。

その後、文香が生徒とラブホに入るフェイク動画をネットに流し、文香の人生をぶち壊したのです。

スポンサーリンク

『3年A組 今から皆さんは、人質です』8話の考察

景山澪奈を殺害した本当の犯人は誰だ?

景山澪奈を殺害した犯人は武智でも、もちろん柊でもありません。

動画は、武智がベルムズにフェイク動画を依頼していることを自白させるために、柊がつくったニセ物で、そこに写っている生徒も、景山澪奈ではありませんでした。

では、景山澪奈を殺害した真犯人は一体誰なのか?証拠を残さず、人ひとりを簡単に始末できるとすれば、人物というより組織ではないかと推測します。

警察内部にも、裏の顔を持つ人物がいるとすれば、犯罪そのものをもみ消すのは簡単なことですが、一部警察の人間も関わっているのかもしれませんね。

本当の黒幕とは?

元文部文化大臣の牧原はまだ小物で、本当の黒幕はもっと大きな力を持っているとのこと。

元大臣が小物だとすると、本当の黒幕はそれよりももっと上の組織か人物ということになります。

さすがに、首相というわけは無いと思いますが、柊が命を懸け、五十嵐が刑事生命を失ってでも犯罪に加担。

さらには、相楽孝彦までもが破たんを承知で柊に手を貸しているとなれば、相当大きな力が働いていることは確実ですね。

ただ、正面から黒幕だと告発しても、すべてもみ消されることは間違いないので、立て籠もり事件から武智を引きずり出し、次に牧原から黒幕を炙り出していくという流れになるのかもしれません。

スポンサーリンク

危機一髪のところでヒーロー登場!

郡司に逮捕されそうになった柊を、危機一髪のところでヒーロー登場!

かつてヒーローの座を柊に譲ろうとしていた田中が、柊の協力者になるかもしれませんね。

ただ、彼がなぜここにやってきたのか……?

相楽孝彦が柊の協力者であり、彼らが何をしようとしているのかを知ったのか、それとも何も知らずにただ柊を助けようと思ったのか……。

いずれにしろ、五十嵐が動けなくなってしまったので、協力者はひとりでも多い方がいいでしょう。

しかし、ヒーローなのに犯罪者側って……。

アリですね!

スポンサーリンク

まとめ

いよいよクライマックスの幕が上がったという感じでしょうか。

五十嵐が逮捕され、別の理事官がやってきましたが、もしかして宮城も向こう側なのか?という風にも見えてしまいました。

警察内部にも、黒幕と繋がっている人物がいるとすれば、五十嵐の逮捕は柊にとって不利な状況になるかもしれませんね。