『あなたの番です』14話のネタバレ考察と伏線推理。児島佳世と甲野を殺した犯人はストーカー男(内山)! | Dramas Note

『あなたの番です』14話のネタバレ考察と伏線推理。児島佳世と甲野を殺した犯人はストーカー男(内山)!

あなたの番です(出典:Amazon)

『あなたの番です』14話ネタバレ考察。

児島佳世と甲野を殺した犯人は、黒島のストーカー男(内山)が濃厚。

その答えに行き着くまでの、推理と理由を解説しています。

また、今まで影の薄かった登場人物にもスポットを当て、各々の伏線や気になることをまとめました。

ドラマ『あなたの番です』

スポンサーリンク

推理表-最新版-

現時点での推理を表にまとめてみました。●印は確定している名前。赤字は死亡者。

参加した人書いた名前引いた名前
管理人吉村?石崎洋子?
藤井淳史山際祐太郎タナカマサオ
シンイータナカマサオ袴田吉彦|縦
浮田啓輔赤家美里●赤池幸子
久住譲袴田吉彦|縦細川朝男
手塚菜奈細川朝男こうのたかふみ|縦
田宮淳一郎こうのたかふみ|縦 DVの彼氏?|縦
石崎洋子●石崎洋子吉村
黒島沙和DVの彼氏?|縦児嶋佳世?
尾野幹葉白紙?赤池美里
北川澄香児嶋佳世白紙?
榎本早苗管理人さん山際裕太郎
赤池美里赤池幸子?管理人さん

細かい推理

“石橋洋子”と書かれた紙を引いた人物は、紙についていた指紋から【北川、管理人、尾野】の誰かだと推測できます。尾野は“赤池美里”を引いているので除外(理由は過去記事で何度も書いています)。

ですので、“石橋洋子”と書かれた紙を引いたのは、北川か管理人の2択ですね。もしくは、石崎が自分で自分の紙を引いた可能性もアリ。

それから、ストーカー男・内山が、児島佳世を殺した可能性が出てきました。内山が殺したとすると、理由はひとつ「黒島が“児島佳世”の紙を引いたから、代わりに殺してあげた」。

よって、黒島が引いた紙は児島佳世だと推測します。

各々の、紙の折りかた

※紙を引いた順番になっています。

参加した人書いた紙引いた紙
石崎洋子片手におさまるサイズ極小
榎本早苗2つ折り?4つ折り
手塚奈菜不明三角
北川澄香4つ折り?2つ折り
黒島沙和2つ折り?不明
藤井淳史4つ折り4つ折り
浮田啓輔4つ折り4つ折り
シンイー4つ折り不明
尾野幹葉2つ折り or 4つ折り4つ折り
田宮淳一郎三角4つ折り
赤池美里4つ折り or 極小2つ折り
床島管理人不明4つ折り
久住譲不明不明
スポンサーリンク

『あなたの番です』14話のネタバレ考察と伏線

14話の伏線まとめ

翔太は、江藤に「“誰かに褒めてもらった”って幸子が言ってたけど誰のことか分かる?」と聞くと、奈菜だと答える
→→奈菜だけじゃなく、江藤も褒めていたのに隠すのはなぜ?

久住は病院で目が覚めるが、自身のことを18才の袴田吉彦だと思い込んでいる
→→細川を殺した罪から逃れるために、袴田のフリをしている可能性あり

“石崎洋子”と書かれた紙の指紋。北川、久住、管理人、田宮、藤井、尾野、木下。
→→え?書いた石崎本人の指紋は?

尾野、急に鼻血が出て止まらない

尾野は、略奪愛のターゲットを翔太から二階堂に変更した

田宮は住民会で怒りを爆発させようとするが、黒島が笑っているのを見て思いとどまる

桜木るり「手塚さんは殺したい人いますか?」。かつての尾野と同じセリフ

黒島は大食い。それを見ているストーカー男・内山

内山は、田宮の家に“こうのたかふみの名札”を届ける
→→なぜ名札が血まみれだった?なぜ内山が交換殺人のことを知っているの?

奈菜のクローゼットには、完成したパズルがあった。(本当は1年ぐらいかかるはず?)
→→1ピースだけ色が違う。奈菜は脅されている状況下だったはずなので、パズルに何か仕込むことはできなさそう。

302の写真たてが、奈菜と翔太の2ショットに戻っていた
→→尾野が別の写真に差し替えていたが、翔太に興味がなくなったので写真を戻した??

14話で判明したこと

児島佳世が死亡したのは5月21日だった

北川は5月21日のアリバイがある(ラジオ生放送)

翔太のお見舞いに毎日来ていたのは奈菜だった

奈菜が死亡したとき、総一は施設にいた

看護士が、翔太が目覚めてすぐ奈菜に電話をすると「すぐに行きます」と言っていた
→→電話のときには奈菜は死亡しているはずなので、やはり女性が奈菜殺害に関わっている?

総一は昔から動物を虐待しており「人が死ぬところも見てみたい」と思っていた

早苗夫婦は、猟奇性のある総一を、世の中から隔離するために監禁していた

総一は、学校の友達を道路に突き飛ばした
→→その子の父親が南?

スポンサーリンク

『あなたの番です』14話の推理と考察。

黒島を線路に突き飛ばしたのは誰?

時間軸が明確ではありませんが、シンプルに考えるなら、黒島を突き飛ばしたのは尾野でしょう。途中から尾野の姿が見えませんでしたし、黒島を突き飛ばす動機も一応あります。

どうやら尾野は、略奪愛のターゲットを翔太から二階堂に変更したようで。二階堂と良い雰囲気の黒島のことを邪魔に思ったのでしょうね。

それで突き飛ばしたのだとすれば、奈菜のことも邪魔だったから殺したのかもしれません。

次回予告や次回あらすじを見る限りでは、黒島について1ミリも触れられていないんですよね。なのでもしかしたら、ケガはしたけど生きているというパターンもありえそうです。

甲野と児島佳世を殺した犯人は、黒島のストーカー男(内山)

田宮のもとに、血まみれの“こうのたかふみの名札”が届きました。届けたのがまさかの内山。(黒島のストーカー)

内山は、黒島をストーキングしているとは言え、交換殺人ゲームのことまで知っているとは驚きです。盗撮や盗聴をしていないと、交換殺人ゲームのことを知ることはできないはずですが……。

桜木るり同様、住民の誰かと繋がっている可能性があるのかもしれません。繋がっている相手はわかりませんが、甲野のネームプレートの件から察するに、内山が甲野を殺害した可能性が出てきました。

内山が甲野を殺害した理由は、まぁ黒島のためなのでしょう。たとえば、黒島と田宮が、リアルに“交換殺人”の約束をしていたとか。

田宮が黒島のDV彼氏を殺したから、「代わりに甲野を殺してあげる」と黒島が約束したのかも。けれど、黒島の手を汚したくない内山が、代わりに実行したのではないか。

とすると、児島佳世のゴルフバックを郵送した20代の男も内山かもしれません。内山は、“児島佳世”の紙を引いた黒島のために、児島佳世を殺害。

とにかく内山は黒島のために動いているのでしょう。黒島と内山が結託しているかどうかはまだ謎です。

交換殺人ゲームのスタート

今回分かったのは、床島管理人が最初から総一の存在を知っていたということ。口止め料をゆすっていたこと。だから早苗が“管理人さん”と紙に書いてしまったこと。

ここまでは想定内ですが、問題は、床島が死んだあとに早苗に脅迫が届いていることです。

脅迫の内容は、総一の写真と「やるべきことをやれ」という文面。

総一の存在を知っている床島は死んでいるはずなのに、いったい誰が早苗に脅迫文を送ったのでしょう。

①床島が生前、麻雀仲間の西村にあずけていた?

②4本指の管理人が生きていて、4本指の管理人が脅迫文を送った(でも筆跡がさすがに違うっぽい)

③床島と尾野がグルで、尾野が脅迫文を送った

スポンサーリンク

考察/怪しい住人たちまとめ

前回の13話では、あまりスポットが当たっていなかった桜木るりが出てきました。

ですので今後も、影の薄い人物が犯人として出てくる可能性が高いです。

そこで今回は、今まで影が薄かった人物にスポットを当ててみました。

それぞれの伏線や気になる点をまとめています。

203 イクバル

床島管理人が死亡した前後、4Fから階段で降りてくる

イスラム教徒(扉の向こう)

イスラム教では“名誉殺人”というものが存在する

困ってる人を見捨てられず、面倒見がいい

PCの技術、半端ない

シンイーのためなら何でもする

赤池幸子を部屋まで運んだ人物

シンイーのためなら何でもしそう。さらに、“シンイーには犯罪をさせない”というこだわりを感じる。

201 妹尾あいり

1話。管理人室をのぞくそらくんと遭遇

激昂しやすいタイプ(扉の向こう)

針金で施錠できる(扉の向こう)

実の父親を本気で殺そうとしていた

3話にて、駐車場で北川にキレそうになるも、止められる

メンチカツ事件の際、イクバルと共にマンションから出てきた

浮田があいりのために何かしらの犯罪行為をした可能性あり。あいりのために嘘をついた可能性も。

204 西村

管理人が死亡した前後、管理人室から出てきた。(鍵ジャラジャラ)

管理人が死亡した翌朝、管理人室の前にいた

尾野と石崎が歩いているところを見張っている?

2話。茶封筒を誰かのポストに入れる

床島管理人とは麻雀仲間?

突然の事業拡大(賭け麻雀で儲けたから?)

104 石崎洋子

引いた紙は小さく折りたたまれていた

石崎の子供たちは、児島佳代の英語教室に行かなくなった(2話)

4話「誰の名前を書いたか、ゲームを始めたあなたが率先して言うべきでしょ」と奈菜に言う

4話。児嶋佳世が、石橋洋子の部屋の前に……。

5話。自分が死ぬことよりも殺人教唆(共犯)を気にする

「自分の命より、“共犯”を気にしている」と尾野に指摘されてから護身術を覚え始める

計画的な性格で、自分の人生に関しても綿密な計画を立てている(扉の向こう)

「公務員をやめて“縄文食堂”を始めたい」と夫に言われる。面と向かって否定はしないものの、夫がそれとなく公務員の道に戻るよう誘導。それは夫のためではなく、計画した“自分の人生設計”のため。

もしも微笑み犯が「ルール違反者」を殺しているのだとすれば、石橋洋子の人物像は大いに“微笑み犯”に当てはまる。なぜなら石橋洋子は、自分の計画通りに進まないと気がすまないタイプだから。