【ベター・コール・ソウル】シーズン2ネタバレと解説。シミーとチャックの対立が先鋭化! | Dramas Note

【ベター・コール・ソウル】シーズン2ネタバレと解説。シミーとチャックの対立が先鋭化!

出典:www.amazon.co.jp

作品紹介

【ベター・コール・ソウル】シーズン2ネタバレ。ディビス&メインで訴訟人を増やす事に躍起となっていたジミーだったが、彼のやり方は会社に受け入れられなかった。キムはHMMを退社して仕事を獲得したがチャックに奪われてしまう。ジミーはHMMに奪われたキムの仕事を取り戻すためチャックの書類に細工。ジミーはHMMから仕事を奪回するのには成功したが……。

© Sony Pictures Television Inc.
 オフィシャルサイト

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2020年11月現在のものです。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

 

スポンサーリンク

【ベター・コール・ソウル】シーズン2のあらすじ

マイクとナッチョの話の流れ。

プライスのボディーガードを頼まれたマイクは、ナッチョとの取引で儲けた黄色の派手なランドクルーザー、ハマーで取引に向かうという。

プライスは、金を節約するためにマイクの護衛を断りひとりでナッチョと取引した。

しかし、ナッチョはハマーの車内を調べ、プライスの本名がダニエル・ウォーマルドである事を突き止める。

プライスの家屋は荒らされた。

また、あろうことか大切にしていた野球カードのコレクションを盗まれたため、プライスは警察に連絡してしまう。

駐車場に勤務しているマイクは、警察署に向かおうとしているプライスに出くわす。

マイクはプライスを厳しく叱責するが、プライスは事態を飲み込めていないようだった。

仕方なくナッチョにコンタクトを取ったマイクは、プライスの野球カードを返すように説得した。

ナッチョはプライスに野球カードを返したものの、プライスが警察に野球カードを盗まれた、と警察に届け出てしまった都合上 辻褄合わせが必要。

マイクはジミーにそれを頼んだ。

ジミーは、プライスは「実はアーティストで特殊な趣向のビデオを撮影していた」と言って警察をごまかした。

ナッチョはマイクにトゥコを消す依頼をしていた。

マイクはトゥコに、わざと自分を殴らせ”トゥコを懲役3年の実刑判決”に持ち込む事に成功しかけていた。

しかし、マイクが家のプールで孫娘と遊んでいると、リオネル・サラマンカとマルコ・サラマンカの双子が建物の屋上からこちらを見ている事に気付く。

マイクは仕方なく、トゥコの件は誤解だったとして訴えを取り下げざるを得なかった。

ジミーとディビス&メインの話の流れ。

ジミーは、サンドパイパーの案件で集団訴訟を有利に運ぶため訴訟人集めに躍起になっていたが、思うように老人の訴訟人は集まらずCMを作成することにした。

ところが、ジミーが作成したCMはディビス&メインの伝統に反するため受け入れられないと、厳重に注意された。

ジミーは伝統や規則を重んじる融通がきかない社風が気に入らず退職を画策する。

そこでジミーは、ただ退社するのではなくディビス&メインからクビにされるように振る舞い、違約金を手にする事に成功した。

HMMを退社したキムは、シュワーカート&コクニーのリッチから誘いを受けるが断わり、ジミーと共同のオフィスで独立した弁護士として起業する決意をする。

キムは、HMMの仕事であったメサ・ヴェルデの案件を独立後のの初仕事として獲得。

しかし、それを不満に思ったチャックは、メサ・ヴェルデを説得して再びHMMがメサ・ヴェルデの案件を取り扱うようにした。

それを知ったジミーは、メサ・ヴェルデの所在地の住所を数字を切り貼りしてモンタージュし1261番地を1216番地に偽造。

プリント店にある複写機を使いコピーして通常の書類を装ったが、数字の変更は裁判所では記入ミスとして扱われた。

更に裁判所は、書類のミスを訂正しても新たに正しい住所を調査せねばならないとして、チャックの仮認可申し立てを却下。

メサ/ヴェルデ新規出店の審議は6週間も先送りとなり、ケビン・ワクテル、ペイジ・ノヴィックはこれを見過ごせなかった。

そのため、メサ・ヴェルデの仕事は再びキムの物となったが、ジミーに後から事実を知らされたキムは激怒した。

スポンサーリンク

シーズン2の結末

チャックはプリント店の店長を何度も問い詰め、ジミーがこの店の複写機を使用したという証拠をつかもうとしたが、ジミーが機転を利かして店長を買収。

しかもジミーは、店の外に隠れて店長を見張っていた。

そこにチャックがやって来たが、ジミーに買収されている店長は口を割らない。

チャックは店長に食い下がったが、電気製品に囲まれたプリント店の電磁波アレルギーに陥って倒れてしまう。

仕方なくジミーはチャックを助けた。

チャックは病院へ運ばれたが、そこでも電磁波アレルギーを理由に医療機器の使用を拒む有様だった。

退院したチャックは落ち込みが酷く、ジミーは電磁波を避けるためのシートで覆われたチャックの部屋を訪れる。

「数字を間違えるような自分はもう弁護士を続けられない」と言うチャックに「数字に細工をしたのは自分だ」と、ジミーはチャックに真実を話してしまう。

ジミーは証拠はなにもないと確信していたので事実をチャックに語ったのだが、電磁波アレルギーのはずのチャックはカセット式のボイスレコーダーでジミーの言動を録音していた……。

チャックの罠だった。

シーズン3へと続く……。

スポンサーリンク

【ベター・コール・ソウル】シーズン2を見た感想。

サフィロ・アネホ(【ブレイキング・バッド】にも登場した架空の酒でリシン入のタバコも架空の銘柄)がグラス50ドルもする高級テキーラと知り、キムとジミーが金持ち風を吹かすビジネスマンを騙してテキーラを奢らせるエピソードやプライスを弁護するシーンでジミーが警察に話を取り繕うためにスクワット・コブラーなどと即興で単語を作って嘘をでっちあげるシーンは楽しめました。

シーズン1、2はまだまだ【ブレイキング・バッド】色が薄く、人によってはコメディー色が濃い分、こちらの方が面白いと感じるかも知れません。

クレジットに名前のない撮影チームと、ジミーのCM撮影のシーンも楽しい。

Fifiは現存するB-29の中で唯一現在も飛行可能な貴重な機体。

そんな機体もジミーにとってはただの宣伝材料でしかなかった。

映画好きのキムとジミーが一緒に見ている映画は【北極の基地/潜航大作戦】

Ice Station Zebra(1968)米 ロック・ハドソン主演