【武則天-The Empress-】あらすじネタバレ37話・38話。 | Dramas Note

【武則天-The Empress-】あらすじネタバレ37話・38話。

©2014 ZheJiang Talent Television & Film Co., Ltd. All Rights Reserved

 オフィシャルサイト


【武則天-The Empress-】37話・38話。

皇太子にふさわしいと言われても気が乗らない稚奴でしたが、武媚娘を守るためならとやる気になります。

一方で、韋貴妃と李泰は悪事がバレて失脚寸前に!?

この記事ではネタバレ感想をお届けします。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ37話

武媚娘のために

【武則天 The Empress】あらすじ全話一覧。キャストも総まとめ!
【武則天 The Empress】あらすじ全話エピソード一覧。中国で歴代1位(時代劇部門)の視聴率を記録し、絢爛豪華な衣…

武媚娘ぶびじょうは、あなたこそが皇太子にふさわしいと稚奴ちぬを説得しようとしますが、彼は乗り気ではない様子。

兄弟と争いたくないという稚奴に、武媚娘は言います。

後継者がいないからこそ争うのだ、稚奴が皇太子になれば兄3人は平穏に暮らせるはずだと。

稚奴は武媚娘の話に納得はしたものの、やはり期待には応えられないと拒みました。

「じゃあ、私のためなら?」

「武ねえさん(武媚娘)を傷つけさせやしない」

おそらく稚奴は、武媚娘を守るためなら皇太子になっても良いと思ったのかも。

一方で、「武媚娘は皇太子の謀反に関与していなかった」と報告を受けた陛下は、武媚娘の死罪は免じたものの才人の位をはく奪したのです。

韋貴妃の失脚

韋源承い・げんしょう……貴妃の伯父。

長孫無忌ちょうそんむきは、韋源承の長年の悪事(後宮と結託して不正を働いたことなど)の証拠をすべて押さえていると陛下に報告をします。

そして、韋源承の背後にいたのが第4皇子の李泰り・たいだと判明し、陛下は激怒しました。

なぜなら、陛下は韋一族を排除したいと願い続けてきたというのに、李泰はその韋一族と結託をして陛下を欺き続けていたからです。

さらに、牢で武媚娘を殺しかけた人物が韋貴妃の部下だということも分かり、韋一族の悪事の証拠が次々と出てきます。

近くで聞き耳を立てていた徐慧は、韋一族の没落が近いと判断し、とある行動に出ました。

“機は熟した”と書いたふみを、蕭薔しょうそくに届けたのです。

徐慧は以前に、時期がきたら故意に流産して韋貴妃に罪をかぶせるよう蕭薔に入れ知恵していたのです。

徐慧からの文を読んだ蕭薔は、作戦を決行。

出産を事故に見せかけて蕭薔を殺すという韋貴妃の計画を壊すためには、自分が流産するしかないと腹をくくったのです。

蕭薔は以前に徐慧から届けられた五行草(流産させる草)を薬に混ぜて飲み、薬房にも五行草を仕込んでおきます。

翌朝、蕭薔は流産しました。

香り袋に入っていた五行草が原因だと知った韋貴妃は、香り袋を届けた武媚娘を呼び出して痛めつけます。(届けたのは武媚娘ですが、五行草を入れたのは徐慧)

そこに陛下が現れて、流産の件は自分で調べると言うと宮のなかに入っていきました。

すると……。

錯乱したフリをした蕭薔が現れて、流産が韋貴妃の仕わざであるかのように芝居をします。

「お腹が痛むあの薬だけは飲みたくありません!許して下さい!」

不審に思った陛下が、昨夜の薬を侍医に調べさせると五行草が入っていました。

韋貴妃は自分は犯人ではないと必死に主張をしますが、薬房からも五行草が見つかってしまい……!?

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】ネタバレ38話

やり直せるならあなたとは出会いたくない

以下、結末に関する重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。

絶大な勢力を持つ一族を失脚させるときには、反撃の隙を与えてはいけません。

そのことを分かっている陛下は、韋貴妃を廃して投獄し、一気に韋一族を追いつめました。

牢にいる韋貴妃のもとへ最初にやってきたのは楊淑妃でした。

長年争ってきた2人は、表面上は穏やかに振るまいながらもチクチクと言い合い、韋貴妃は最後に捨てゼリフを吐きます。

「あなたもいつか武媚娘の手にかかるわ!今日の私の姿は、未来のあなたよ!」

その後、第4皇子の李泰が牢に現れました。

彼は、韋貴妃が拷問に耐えられずに自分の名を吐いてしまうだろうと判断して殺しにきたのです。

痛みを経験せずに生きてきた韋貴妃は、拷問には耐えられないしあなたの名を吐きたくもないから、殺してくれるのは有り難いと言います。

そして、会いに来てくれて嬉しいとも。

李泰は、彼女の手首をひと思いに切って優しく抱き、出会った頃を振り返って言いました。

「父上がうらやましくて仕方なかった。この想いは何年たっても頭から離れない。もう一度やり直せるなら、あなたとは……」

この時、すでに韋貴妃は亡くなっていましたが李泰は言葉を続けます。

「出会いたくない」

徐慧への疑念

才人の位をはく奪された武媚娘は、さらに罰として蔵書閣で古書を筆写するよう命じられました。

第9皇子の稚奴は、そんな武媚娘のもとに通い、彼女から治国の才を学びます。

古い書を読むのはもちろんのこと、奏上文にも目を通して直近の議案だけでも押さえておくよう言われました。

中でも、北伐の件がもっとも重要だという武媚娘。

稚奴に学ばせる一方で、武媚娘は皇太子の謀反の調書に目を通します。

謀反のワナを仕掛けた黒幕が誰であるにせよ、情報が筒抜けだったことから自分の身近に敵がいるのかもしれないと判断し、細かく調べているのです。

白布&黒布について書いた紙片は、衣に紛れさせて皇太子妃に届けたはずでした。

それなのに、なぜ陛下があの紙片を持っていたのか不思議に思った武媚娘は、皇太子妃に届けた瑞安ずいあんに尋ねました。

「確かに届けたのよね?途中で誰かに会わなかった?」

瑞安は、途中で会った文娘が届け物の箱に近づいたことを思い出しました。

さらに、遺品の中に“文”と刻まれた燭台が見つからなかったことから、口封じのために文娘が殺されたのではないかという結論に達します。

「文娘は徐慧さんの侍女です。ということは……まさか徐慧さんが?」

武媚娘は、まさかそんなはずがないと否定しつつも、この件は徐慧には黙っていることにしたのです。

李牧という男

李故……李牧の偽名。武媚娘の幼なじみで、牢にいた彼女の命を救った。

武媚娘の身辺調査を命じていた陛下は、武媚娘の知り合いに李故という名の人物が見当たらないことに不信感を抱きます。

命がけで彼女を救ったからには絶対に関わりがある人物なはず、それなのに名前がないということは偽名を使っているに違いないと確信する陛下。

そんな時に徐慧が現れて、李牧(=李故)の身上書を渡して言いました。

「武媚娘は昔から、幼なじみの李牧の話をしていました。陛下の寵愛を得れば、李牧の恩赦が叶うかもしれないと」

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想37話

李泰が次の皇太子になるのか?というタイミングで彼の悪事がバレました。

彼と結託をしていた韋一族の悪事の証拠もそろっているようなので、今度こそ韋一族は没落するかもしれません。

もしも韋貴妃が失脚すれば後宮は楊淑妃の独断場になりますが、楊淑妃が何を考えているのかいまだに読めず。

武媚娘を助ける裏では武媚娘を陥れようともしており、一番心の内が見えない人物です。

それにしても、自分の命を守るためとはいえお腹の子を犠牲にした蕭薔の心情は計り知れません。

陰謀が渦巻く後宮ではやはり、子が無事に生まれてくること自体が稀なのかも……。

スポンサーリンク

【武則天-The Empress-】感想38話

以下、結末に関する重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。

韋貴妃が廃されてから死亡するまでの期間があっという間でした。

韋貴妃は普段のばっちりメイクよりも、(牢獄中の)薄めの化粧のほうが素敵かも。

それにしても、牢での韋貴妃と李泰のロマンスには不覚にもウルッときてしまいました。

いつの間にロマンスを育んでいたんだとツッコミを入れつつも、2人の名演技を見ているうちについつい涙腺が……。

中国ドラマでは、柱に頭をぶつけて自害するパターンが多いのですが、韋貴妃は愛する人(?)の腕の中で逝くことができて、悪役としては幸せな最期だったのではないかと思いました。

李泰も、韋貴妃が拷問で吐くことを恐れて殺しにきたものの、彼女が苦しまない方法で死なせてあげたいという思いもあったのではないでしょうか。

ちなみに、韋貴妃 役のチャン・ティンは、【則天武后】(2011)というドラマでは武則天を演じています。

【則天武后】ではあのヤン・ミーが悪女として出演しているのも注目ポイントです!

※次回39話・40話のネタバレ感想はこちらになります。

【武則天-The Empress-】あらすじネタバレ39話・40話。
【武則天-The Empress-】39話・40話のネタバレ感想は。今回は、稚奴が初めて朝議に参加をして北伐に関する意見…

記事内画像:公式サイト