【デッドプール3】監督にショーン・レヴィが決定! | Dramas Note
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【デッドプール3】監督にショーン・レヴィが決定!

Movie/News
https://www.flickr.com/photos/154453197@N03/38435621172/(photo by Saban Community Clinic)|https://www.flickr.com/photos/larry_chen/4037158401/(photo by Larry Chen)|Rimixed by dramasnote

解説

【デッドプール3】の監督にショーン・レヴィが決定したとVariety誌が報じた。ショーン・レヴィは【フリーガイ】や【アダム&アダム】に続き再びライアン・レイノルズとタッグを組むことになる。ライアン・レイノルズもTwitterで、【デッドプール】、【アダム&アダム】、【フリーガイ】のキャラクターが登場する画像とともに、このニュースを伝えている。

*Dramasnote編集部

「デッドプール」オフィシャルサイト

© Disney All Rights Reserved.

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【デッドプール3】製作決定!

【デッドプール3】は、モリヌー姉妹(ウェンディ・モリヌーとリジー・モリヌー)が脚本を務めることになっていたが、代わりに【デッドプール】前2作を手がけたレット・リースとポール・ワーニックが3作目に戻ってくることになった。

また、現在ライアン・レイノルズ以外のキャストは未定となっている。

【デッドプール】シリーズは、【X-MEN】シリーズの中でも歴代トップの興行収入を記録する人気作で、前2作(2016年・2018年)は20世紀フォックスによって公開された(2019年にディズニーに買収)。

当初、ディズニーは【デッドプール】の”みだらな世界”から、ファミリー向けのイメージに変更しようとしていたが【デッドプール】の良さを失うとのことで懸念されていた。

これに対し、当時ディズニーのCEO兼会長を務めていたボブ・アイガー氏は、こうした懸念を取り払うため【デッドプール】を初めとする大人向けのマーベルの物語を作り続けていくと述べた。

アイガー氏は、「我々はビジネスを続けていく」と約束した上で、「その種の映画は確かに人気がある」とも認めた。

しかし、一方で「これらの作品は従来のマーベルやディズニーではなく(R指定作品の)ブランディングを慎重に行い、消費者を一切混乱させないように努力する」とも語っている。