【瓔珞(エイラク)】63話・64話のあらすじとネタバレ感想。 | Dramas Note

【瓔珞(エイラク)】63話・64話のあらすじとネタバレ感想。

出典:www.amazon.co.jp


【瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~】ネタバレ感想63話・64話。

名玉の死から立ち直れない海蘭察は戦地へ行くことになった。

一方で、順嬪から駆け落ちをそそのかされた瓔珞と傅恒は心が揺れている様子!?

果たして、駆け落ちの行く末はどうなるのか!?

スポンサーリンク

【瓔珞(エイラク)】ネタバレ63話

乾隆帝の励まし

【瓔珞(エイラク)】あらすじ全話。キャストも総まとめ!
【瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~】あらすじ全話。本作は、2018年のグーグルで最も検索された超人気ドラマ!…

乾隆帝は、かつて瓔珞と一緒に書いた(蘭と蟷螂の絵)を眺めながら物思いにふける。

数日後。

名玉の死からいまだ立ち直れない海蘭察は、宿直だというのに深酒をして眠りこけてしまい乾隆帝に咎められる。

乾隆帝は、「どんな女子おなごであれ、そちの豪気を奪うことはできぬ」と海蘭察を励まし戦に送り出すことにした。

珍児・・・2代目皇后の侍女

袁春望に好意を持つ珍児は、(手縫いの?)手巾を渡して気持ちを伝えた。

袁春望はその場では感じよく接するが、珍児が去ったあと険しい表情で手巾をつまむ。

駆け落ちの行く末

瓔珞はいまだに延禧宮で軟禁されている。

衰弱する瓔珞に会いにきた順嬪は、「傅恒は今でもあなたを愛しているわ」と言って駆け落ちをするようそそのかす

「自分の幸せのために逃げて傅恒と永遠に暮らせばいい」

そんな順嬪の言葉を聞きながら、瓔珞は涙を流した。

一方で順嬪は、傅恒にも駆け落ちをすすめていた。

“瓔珞が駆け落ちを了承した証”として彼女のイヤリングを見せられた傅恒は動揺した様子を見せる。

その後 順嬪は、具体的な駆け落ちの段取りを瓔珞と傅恒それぞれに伝えた。

その計画とは、皇太后の外出により警備が手薄になる日に、瓔珞が水桶に身を隠して紫禁城を出るというもの。

当日。

順嬪は2人の駆け落ちを画策する一方で、乾隆帝に駆け落ちを告げ口する。

駆け落ちのことを聞いた乾隆帝は、門を封鎖し水桶を自分のもとへ持ってこさせる。

すると、水桶の中から小全子が出てきた。

小全子いわく、瓔珞を陥れようとする人物(順嬪)と決着をつけるために、瓔珞の命令で水桶に身を隠したとのこと。

近くで隠れていた瓔珞も現れて、駆け落ちをそそのかして自分を陥れようとした順嬪を責める。

さらに傅恒も現れ、順嬪に駆け落ちをすすめられたと証言した。

それまで黙っていた乾隆帝は、ひそかに“順嬪の過去”を調べさせていたことを明かす。

どうやら乾隆帝は、初めから順嬪を疑っていたようだ。

順嬪の過去を調べた海蘭察の報告によると、順嬪には結婚歴があるらしい。

過去を知られた順嬪は、開き直って本心を話す。

かつて、死のうとしたのに傅恒に助けられ、そのせいで地獄のような日々を送ることになったから傅恒に復讐をしたかったのだと。

スポンサーリンク

【瓔珞(エイラク)】ネタバレ64話

試し合った2人

すべてがバレてしまった順嬪は、簪で乾隆帝を刺そうとする。

そばにいた傅恒がとっさに身を挺してかばったため乾隆帝は無事だったが、傅恒はケガを負った。

順嬪は監禁を言い渡される。

2人きりになった乾隆帝と瓔珞は、互いに「いつから順嬪の罠だと気づいていたのか?」と聞き合う。

乾隆帝は、わざと罠にかかったフリをしたのは朕を焦らせるためだろうと推測を述べる。

対して瓔珞は、陛下こそ順嬪を疑いながらも駆け落ちの成り行きを見たのは私を試すためでしょうと言い、さらに言葉を続けた。

先ほど隠れて見ておりましたが、陛下は水桶の中を確認する勇気もなかったみたいですね。

順嬪を寵愛したのは私に嫉妬させるためでしょう。その証拠に、順嬪への下賜品はすべて装飾品。私に見せつけるためですよね。

乾隆帝は、「バカを申すな。思い上がりも甚だしい」と言いながらも完全に図星をつかれたようだ。

愛する男のために

皇太后は瓔珞に激怒している。

なぜなら、「順嬪が公主(娘)の生まれ変わり」という瓔珞の言葉がウソだと気づいたからだ。

昔から公主のことに関して過敏な皇太后は、瓔珞を殺しかねない勢いで問い詰める。

その場に居合わせた乾隆帝は「この件は朕も承知でした」と瓔珞をかばうが、皇太后の怒りはなかなか収まらない。

そんな中、突然倒れた瓔珞を侍医に見てもらうと妊娠3か月であることが判明。

これにより、瓔珞は皇太后の逆鱗から逃れられたのだった。

懐妊を喜ぶ乾隆帝に、瓔珞は軟禁中に餓死しそうだったと不満をもらす。

「私は陛下のためにお産で命を投げだす所存でした。なのに陛下は」

「そなたを冷遇して試そうとしたのは、知りたかったからだ。そなたの心に朕がいるかを」

愛する男のために、女は子を産むのですよ」

乾隆帝は瓔珞を抱きしめた。

袁春望は、軟禁中の瓔珞を苦しめた罪で杖刑200回に処された。

袁春望のもとにやってきた小全子は、刑を取りやめさせた後 瓔珞からの伝言を伝える。

「借りはこれで全て返した。今日からは赤の他人」

瓔珞は、監禁された順嬪に会いにいく。

順嬪は、息子を盾に後宮入りを強制されたと話す。

しかし息子が死んだと知り、生きる理由も守るものもなくなった彼女は、自分をこんな目にあわせた人間すべてに復讐しようと考えたらしい。

順嬪が乾隆帝に襲いかかったことで親族はみな処罰されたのだが、それは、順嬪を利用して地位を固めようとした親族たちへの復讐だった。

瓔珞は去り際に夫について問う。

「夫はいない。綺麗な顔であることが良いこととは限らないのよ……」

休戦

皇后は、懐妊祝いという名目で瓔珞に会いに行くが本題は別にあった。

「皇后の座は奪わせない」

すると瓔珞は、何をしようとも許されるのが寵妃、でも皇后になってしまえばしがらみばかりで息が詰まると言う。

そして、皇后さまが波風を立てない限りはその座を奪ったりはしないと言葉を続けた。

休戦を申し出にきたのだろうと見抜いた瓔珞は、1つだけ条件があると皇后にいう。

何があろうとも、妃嬪たちの子供に決して手を出さないこと。

皇后はその条件を受け入れ、両者は休戦することとなった。

10年後

皇子たちは弓矢の訓練をしている。

名前特徴母親
第4皇子
(永城)
文武いまいち・生母は嘉嬪(姉)
・養母は2代目皇后
第5皇子
(永琪)
文武両道・生母は愉妃
・養母は瓔珞
第12皇子
(永璂)
努力家生母は2代目皇后
第15皇子
(永琰)
まだ幼い・生母は瓔珞
・養母は慶妃

老いを感じはじめた皇后は、いつまでたっても少女のような瓔珞に対して羨みと妬みを抱いているようだ。

スポンサーリンク

【瓔珞(エイラク)】感想63話

陛下は、以前に(48話)瓔珞と一緒に書いた絵を大事にしまっていたようで、その絵を眺める姿が愛おしい限りでした♥

望めば何でも手に入る皇帝ともあろう人が、ひとりの女子と書いた絵を後生大事に持っているなんて、どれほど瓔珞のことが好きなのでしょう。

一方の瓔珞は、順嬪から“傅恒との駆け落ち”をそそのかされて、ほんの少しだけ心が揺れていたように見えました。

傅恒×瓔珞の2人はお互いを深く理解しあう素敵なカップルで、視聴者からも根強い人気があります。

対して、陛下×瓔珞のカップルにも違った良さがあり2人を推すファンも少なくないため、どちらのカップルファンも傷つかないような結末であってほしいものです。

そしてどうやら、皇后の侍女である珍児は袁春望に恋をしているようです。

すっかり忘れていましたが、袁春望はイケメン設定で辛者庫でもアイドル並みにモテていましたから、いつも近くにいる珍児が彼に恋をするのも無理はないのかも。

スポンサーリンク

【瓔珞(エイラク)】感想64話

結局のところ乾隆帝も瓔珞も、お互いを試すために順嬪を利用したということのようです。

愛を確かめるにしてはだいぶ遠回りなやり方だった気もしますが、最終的に陛下の嬉しそうな笑顔が見られたので良しとします(笑)

ずっと“瓔珞の心に自分はいないかもしれない”と思い続けてきた陛下にとって、瓔珞の愛の言葉はどれほど嬉しかったことでしょう。

これが最終回でも問題ない!といえるぐらい、2人の愛の着地は心が和むものでした。

ちなみに順嬪役の女優は、エンディングのクレジット表記では「特別主演」となっているので、中国ではけっこうな大物女優なのかも!?

*次回65話・66話のネタバレ感想はこちら

記事内画像:公式サイト