【エカテリーナ】シーズン1(8話・9話・最終話)ピョートル3世の本当の死因は? | Dramas Note

【エカテリーナ】シーズン1(8話・9話・最終話)ピョートル3世の本当の死因は?

エカテリーナ

©RUSSIA TELEVISION AND RADIO

画像引用:https://russia.tv/brand/show/brand_id/58458

ドラマ【エカテリーナ】ネタバレ感想(8話・9話・最終回)シーズン1。

エリザヴェータ女帝の死期が近づき、宮廷ではさまざまな思惑が飛び交います。

エカテリーナと皇太子の行く末は果たしてどうなるのでしょうか!?


この記事ではあらすじの他、ピョートル3世の生涯についてお伝えします。

スポンサーリンク

【エカテリーナ】シーズン1第8話のあらすじネタバレ

エリザヴェータ女帝の死期が近いことが広まり、宮殿内では様々な思惑が飛び交いはじめます。

ベストュージェフ宰相は「今ならプロイセン王国を倒せる」と意気込みますが、ドイツびいきのフョードロヴィチ皇太子は賛成しません。

それどころか、プロイセンと和平を結ぶと言い出す始末。

そんな皇太子に見切りをつけたベストュージェフ宰相は、エカテリーナを抱きこむことに。

①幼きパーヴェルを王位につけ、エカテリーナが摂政する

②牢にいるイヴァン6世と再婚し、エカテリーナが摂政する

(いずれにしろフョードロヴィチを排除する策)

2つの案を提示されるエカテリーナですが、迷うことなく断りました。

その後、いつの間にか2人目を妊娠したエカテリーナは出産しますが、生まれた女児はすぐに亡くなってしまいます。

時期から推測すると、おそらくポーランド王子との子。

一方のフョードロヴィチ皇太子は、新しく侍女となったリザと恋に落ちました。

フョードロヴィチはリザを本気で愛しているようで、エカテリーナとの離婚を申し立てるのです。

スポンサーリンク

【エカテリーナ】シーズン1第9話のあらすじネタバレ

ロシアは、同盟国のオーストリアやフランスと共にプロイセンを撲滅しようとします。

撲滅まであと少しというところで、再びエリザヴェータ女帝が病に倒れました。

女帝は死の間際、口頭で情夫のラズモフスキーを皇帝に指名

ところが、その気のないラズモフスキーは王位を拒否し、その結果、法律にのっとりフョードロヴィチ皇太子が即位するのです。

即位したフョードロヴィチは、以降ピョートル3世の称号を名乗ります。

ピョートル3世は、以前からプロイセンの国王に心酔しており、政治面でもその心酔ぶりが表面化してきます。

つい最近まで敵国だったプロイセンと和平を結ぶばかりか、ロシアの占領地を無条件でプロイセンに返還する始末。

さらに、プロイセンに援軍を送るピョートル3世。

昨日まで敵として戦っていたプロイセンに援軍を送ることは、プロイセンとの戦いで戦死したロシア兵を侮辱する行為でもあります。

そうしたピョートル3世の行いは、ロシア全体(重臣・兵士・民)から“裏切り者”と見なされ……!?

その頃エカテリーナは、妊娠した3人目の子をひそかに出産しました。

子の父親は、時期から推測してオルロフ中尉で間違いないでしょう。

エカテリーナは男児を出産したあと、赤子をオルロフの兄弟に預けることにするのです。

スポンサーリンク

【エカテリーナ】最終回(10話)のあらすじネタバレ

以下、結末に関する重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。

リザを寵愛するピョートル3世は、教会の掟をやぶり近々結婚するつもりだと発表します。

祖父のピョートル大帝はかつて、正妻を修道院に送り、その間に愛人と結婚をしました。

ピョートル3世も祖父にならい、エカテリーナを修道院に送ろうと画策。

一方のエカテリーナは、ピョートル3世の結婚話を聞き、いよいよ命の危険を感じ始めます。

エカテリーナは、正妻でなくなった瞬間に始末されると思い、オルロフ中尉の手をかりて宮殿を逃亡することに。

オルロフやオルロフ兄弟をはじめとする将校たちは、ピョートル3世の政治に不満を感じており、一同はエカテリーナに忠誠を誓います。

エカテリーナ率いる反乱軍は次第に勢力を増していき、やがてピョートル3世を捕らえました。

エカテリーナはピョートル3世を殺すつもりはありませんでしたが、オルロフの兄弟が独断でピョートル3世を絞殺してしまいます。

その瞬間、エカテリーナが新たな女帝となるのでした。

スポンサーリンク

【エカテリーナ】感想8話・9話・最終話

以下、結末に関する重要なネタバレを含んでいますので、未視聴の方はご注意ください。

エリザヴェータ女帝が倒れ、宮殿が一気に騒がしくなりました。

歴史ドラマはやはり、王座の変わり目が一番面白いですね。

史実としてエカテリーナが王座につくと分かっていても、陰謀や思惑がはびこる様は見ごたえがあります。

興味深いのは、女帝の情夫であるラズモフスキー伯爵。

女帝は死に際にラズモフスキーを次期皇帝に指名しますが、ラズモフスキーにその気はまったく無いらしく、女帝の遺言を無かったことにします。

このことから、ラズモフスキーが女帝に尽くしていたのは野心のためではなく、純粋な愛ゆえだったのだと分かる瞬間でした。

野心がないからこそ、これまで他の重臣から目の敵にされることもなかったのでしょう。

一方、恋とは無縁のように思えたフョードロヴィチ皇太子は、侍女のリサを愛するようになりました。

変わり者同士、軍隊ごっこをして遊ぶ2人は息ぴったりでしたし、楽しそうで何より。

フョードロヴィチは王族としては不適格な人物でしたが、気の優しいところもあり最後まで憎めませんでした。

だからこそ、最終話で彼が暗殺されたことがとてもショックです。

フョードロヴィチの死の瞬間はエカテリーナが女帝になった瞬間でもあり、何とも悲しい幕の閉じ方でした。

シーズン2は、女帝としてのエカテリーナの生き様が描かれることになりそうです。

スポンサーリンク

ピョートル3世の本当の死因は?

最終話のラストで絞殺されてしまったピョートル3世。

しかし公式な記録では、痔の激痛により突然死したと記されているようです。

痔が原因かどうかはともかく、この時期のピョートル3世はかなりの体調不良だったとされています。

体調不良による突然死であれば不思議はありませんが、実際には暗殺されたという説も根強く残っており、本作でもピョートル3世の最期は暗殺でした。

ただ1995年に、暗殺の根拠となるエカテリーナ宛の手紙が偽造であると判明しています。

また、ピョートル3世の解剖結果からは、心機能不全・腸炎・脳卒中といった兆候が認められたとのこと。

これらのことから、現在では体調不良の突然死という見方が一般的だとされています。