最終回【F4 Thailand】13話・14話・15話・16話のあらすじとネタバレ感想。タイ版【花より男子】 | Dramas Note
スポンサーリンク

最終回【F4 Thailand】13話・14話・15話・16話のあらすじとネタバレ感想。タイ版【花より男子】

アジアドラマ
©神尾葉子/集英社 ©GMMTV ©神尾葉子・Leaf Production/集英社

タイドラマ【F4 Thailand/BOYS OVER FLOWERS】13話・14話・15話・16話(最終回)のあらすじとネタバレ感想。モーナーと再会してからというもの、ガウィンはどこか憂いている様子。一方、モーナーの話を聞いたカニンも様子が変で……!?

©神尾葉子/集英社 ©GMMTV
©神尾葉子・Leaf Production/集英社

全話あらすじ 前回の記事

スポンサーリンク

【F4 Thailand】13話の感想(ネタバレ有)

モーナーという女性

タームはゴーヤーと正式に付き合い始めたものの、まったく進展しない関係に悩んでいました。

どうすれば良いのかF4に相談してみたところ、サプライズパーティーを開いたらどうかと助言されます。

さっそくパーティーの準備にとりかかるタームですが、その準備をゴーヤー本人にさせているのが笑えました。

相変わらず、かわいらしいおバカさんです。

そんな中、どこか様子のおかしいガウィン……数日前にモーナーと再会したことが原因でしょう。

一方のカニンも、ガウィンのことで悩んでいました。

ガウィンがモーナーと再会したあの日、帰りの車の中でカニンはガウィンからモーナーの話を聞いていたのです。

  • モーナーという女性はガウィンが心を開いた女性であり愛してもいたけれど、彼女との友情が壊れてしまうのを恐れてずっと思いを秘めていた。
  • しかし、ある男性への嫉妬が原因でモーナーとケンカ別れしそうになった際、モーナーに思いを打ち明けた。
  • 後日、モーナーからある建物の屋上・・に呼び出されたもののそこへは行かず、それ以来会っていない。

話を聞いたカニンは、その屋上を探すことにしました。

それにしてもガウィンというキャラクターは、内面がかなり複雑なキャラクター。

演じるウィンは役の気持ちを理解するのに少し苦労したそうですが、その苦労が感じられないほど演じ切っていますね。

縮まる距離

サプライズパーティーが開かれました。

タームは色々なサプライズを用意していましたが、連絡の取れないカニンのことが気になって仕方ないゴーヤーはサプライズどころではありません。

1ミリもサプライズを見てもらえないタームが不憫!

結局ゴーヤーは、カニンから連絡があり飛び出してしまいます。

カニンはホテルの屋上に侵入しようとして警察沙汰になりかけたのですが、幸いにも、そのホテルはターム家が経営するホテルでした。

もちろん、タームの権限によりカニンはお咎めなし。

タームの“お金持ち設定”が、初めて役に立った気がします!

その頃、ガウィンのもとに再びモーナーが現れます。

モーナーの左手の薬指には指輪が……。

きっと今も彼女を忘れられないガウィンにとって、左手の指輪はショックだったはず。

でもその感情を表には出すまいと、どうにか飲み込もうとするガウィンの表情は見ていてつらいものがありました。

でも、モーナーの結婚を知ったことで、ようやく心から吹っ切ることができるのかもしれません。

一方、例の屋上を見つけたカニンはガウィンを呼び出します。

普段あまり心を開かないガウィンのようなタイプにとって、カニンのしたことは踏み込んでほしくない領域に入られたようなものではないか?と少し思ってしまいました。

実のところ、放っておいて欲しい気持ちもあったと思います。

それでも屋上へ行ったのは、ガウィンにとって、カニンという存在そのものが大きくなり初めているからかもしれません。

現に、ガウィンはカニンに「屋上に来たのはモーナーのためじゃない」と言っていました。

この時の、ガウィンの熱いまなざしにはトキメキ不回避!

一方、タームとゴーヤーにも進展が。

ゴーヤーは「サプライズがある」と言うなりタームに不意打ちでキスをしました。

不意打ちは認めない!と言い出すタームが笑えましたし、「もう一回」とねだりまくるタームが可愛かったです。

結局、2人はもう1度キスをしました。

最終回なみの素晴らしいキスシーンでしたが、その余韻に浸る暇もなく、ラストシーンではゴーヤーの家が建て壊されており……。

スポンサーリンク

14話の感想(ネタバレ有)

タームの母ロサリンの指示により、ゴーヤーの家が建て壊されました。

住む家をなくしたゴーヤーは、バイト先の花屋の空き部屋で暮らすことに。

花屋のオーナーは、いざという時には力になってくれる頼もしい存在です。

F4のメンバーも家具を届けにきてくれたりと、皆が一丸となって戦ってくれている感じが心温まりました。

しかし 今回のロサリンはかなり本気のようで、タームの口座をストップさせたり、実力行使で花屋を立ち退かせたり、挙句の果てにはカニンの父親をクビにする始末。

ここまでするなんて容赦なさすぎる……。

でもゴーヤー相手には、ゴーヤー本人を傷つけるよりも 彼女の大事な人を傷つけるほうが効果あるんですよね。

居ても立っても居られなくなったゴーヤーはすぐにロサリンのもとへ。

「タームと別れる代わりに、みんなの人生を元に戻してほしい。でも私は負けてもタームは負けない」

ロサリンと対峙したゴーヤーは、本作が初の演技だとは思えないほど良い表情をしていましたし、「私は負けてもタームは負けない」というセリフも力強かったです。

いつもは氷のような表情のロサリンも、わずかに動揺したように見えました。

ロサリンは大事な話があると切り出し、ゴーヤーに末期がんだと打ち明けます。

そして、自分の死後はタームが事業を引き継ぐことになるが、今のタームのままでは敵に容赦なく潰されてしまうから“昔のタームに戻してほしい”とゴーヤーに頼んだのです。

了承したゴーヤーは、タームを呼び出して「別れよう」と告げ、手切れ金の小切手を受け取ったと嘘をつきタームを突き放しました。

わざわざそんな嘘をついたのは、昔のタームに戻ってもらうためなのでしょう。

雨に打たれながらの迫真の演技は見ていて胸が痛みました。

しかし冷静に考えてみると、わざわざ昔のタームに戻らなくても経営者として学ぶことはできるし、ライバル企業と戦うこともできたはず。

ともあれ、ゴーヤーは学校を退学して地方へと姿を消し、タームはシンガポールで経営を学ぶことになりました。

一方のロサリンは末期がんの診断書を燃やしていましたが、まさか末期がんの話は嘘だったのか……!?

だとすれば、あまりにも酷すぎるし怖すぎますね。

【F4 Thailand】も残り2話となりました。

ハッピーエンドで終わってくれると信じていますが、手強すぎるラスボスのロサリンにどう立ち向かうのか、まだまだ目が離せません!

スポンサーリンク

15話の感想(ネタバレ有)

テレビに映ったゴーヤーに気づいたレンは、彼女の居場所を突き止めタームに教えます。

「ゴーヤーが本当に手切れ金を受け取っていたら、こんなに貧しい生活はしていないはず」

しかしタームは「そんなに心配ならお前が行けばいい」と投げやりに答えます。

きっと 内心はゴーヤーのことが気になっているはずですが、今はまだ気持ちを認められないターム。

するとレンがパンチをかまし、「お前が選択を間違えるなら遠慮はしない」と宣言しました。

ゴーヤーの父にお金を貸したらしい住民たちが「借金を返せ」と家に押しかけてきます。

そこへレンが現れ、借金を肩代わりしました。

スタイル抜群のレンは、車から降りるという普通のシーンでさえ サマになっていて見惚れてしまいます。

しかも、まさかのお泊まり?!

条件反射でお泊まりをOKしてしまいそうな、破壊力抜群のレンの笑顔にやられました。

そう言えばレンは、ミラを追いかけてパリへ行ったこともありましたし、押すときは押す男性なんですよね。

その夜、レンはゴーヤーに「俺がいれば(ここでの暮らしは)大変じゃなくなる」と遠回しに告白します!

近くに診療所を建てると語るレンは、本気でこの村に残るつもりのようです。

「ここで暮らして幸せな家庭を築きたい。君の人生に加えてくれ」

って、これはもはやプロポーズでは?!

ゴーヤーを心から愛おしく思っているかのような、レンの眼差しが素晴らしかったです。

もうこのまま、レンとゴーヤーがゴールインする結末でも良いと思ってしまったほど。

けれど、レンの告白を聞いたゴーヤーは、涙を流しながら“レンの未来に自分は入れない”と断ります。

レンはゴーヤーが断る前から、すべて分かっているというような顔をしていたのがまたつらい……。

ゴーヤーがまだタームを愛しているとお見通しのレンは、ゴーヤーに動画を見せます。

動画の中でタームは椅子に縛りつけられており、ガウィン先生から“愛の講義”を受けていました。

すべてを聞き終えたタームは、「ゴーヤーを忘れたことなどない」と自分の気持ちを認めて むせび泣きます。

それを見たゴーヤーは、すぐにバンコクへ戻ることにしました。

スポンサーリンク

最終回(16話)

あらすじネタバレ

本社ビルで何者かに刺されたタームは、意識を取り戻したものの4年分の記憶を失っていました。

母親のロサリンはそれをいいことに、タームを意のままに従わせ会社を継がせようと目論見ます。

ゴーヤーに関するものはすべて削除し、彼女と会わせないよう警備も厳重に。

そんななか、F4の協力を得たゴーヤーはタームの屋敷に侵入。

一緒に写っている写真を見せ「私はあんたの恋人よ」と教えます。

しかしタームは、自分が低レベルの女を相手にするはずがないと信じようとしません。

ゴーヤーはそんなタームに蹴りをかまして胸ぐらをつかむと、タームの記憶がうっすらと蘇りました。

そこにロサリンが現れ、ゴーヤーを屋敷から追い出します。

ゴーヤーは門の前に立ち続け、ロサリンに「タームは人形じゃない」と真っ向から非難。

しかし、ロサリンの反応から本当は彼女もタームを愛しているのだと気づきました。

「あなたはタームに全てを捧げ、後を継がせようとした。だって本当はタームを愛しているから。でもタームが求めているのは愛だけです」

そこへ、タームがやってきて強い口調でゴーヤーを追い払います。

その直後、タームは落ちていた“流れ星のネックレス”を拾い、記憶が戻りかけます。

その様子を見たロサリンは

「門を開けて」

と部下に指示をし、タームをゴーヤーのもとに行かせたのです。

ゴーヤーを追いかけたタームは、完全に記憶を取り戻しました。

タームは経営を学ぶためにアメリカへ旅立ちました。

それから1年が経ち、ゴーヤーの学校最後のプロムの日に タームがアメリカから戻ってきます。

ゴーヤーはプロムでF4と順番に踊りながら、彼らとの思い出を回想します。

最後は、タームと踊りキスをしました。

最終回の感想

最終話は冒頭からタームが刺されたり記憶喪失になったりと波乱の連続でしたが、緊迫した空気の中でも、たまに言い間違えをするタームがさすがでした(笑)

どうなることかと思ったロサリンとの関係も、いい方向に決着がついてよかったです。

彼女がタームやゴーヤーにしてきたことは独善的ではあるものの、タームを愛しているからこその行動だと分かり少しホッとしました。

どれだけ冷酷に見えても、子を愛する1人の母親だったのですね。

これからはタームの気持ちも尊重し、良い母子関係を築いてほしいものです。

ラストシーンの手前で、ゴーヤーがF4と順番に踊りながら思い出を回想するといった演出が素敵でした。

レンと踊るシーンは思わず涙……彼には素敵な女性を見つけて幸せになってもらいたいです!

全体の感想としては、とにかく魅力満載のF4に圧倒され、彼らの美しさを目で楽しめる作品でした。

ドラマの要となるゴーヤーも全話にわたって素晴らしい演技を見せてくれ、F4に負けない存在感がありました。

キャストそれぞれの今後の活躍がとても楽しみです。

次の話へ →

*本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況は[U-NEXT]  にてご確認ください。