『偽装不倫』4話のネタバレあらすじと感想。鐘子(杏)が丈(宮沢氷魚)につく嘘に終わりはあるのか? | Dramas Note
「独孤伽羅」2020年12月30日(金)~BS12で放送スタート!記事はここから

『偽装不倫』4話のネタバレあらすじと感想。鐘子(杏)が丈(宮沢氷魚)につく嘘に終わりはあるのか?

『偽装不倫』4話のネタバレあらすじと感想。

丈が好きだという気持ちに素直になると決めた鐘子。

連絡先も交換し、一緒に岩手に旅行の約束もした2人。

しかし、好きになればなるほどウソを重ねてしまう鐘子に幸せは待っていなかった!?

鐘子が丈につき続ける嘘に終わりはあるのか……。

ここではドラマ『偽装不倫』4話のネタバレをお届けします。

『偽装不倫』ネタバレ

スポンサーリンク

『偽装不倫』4話のあらすじ

『偽装不倫』4話のネタバレあらすじと感想。鐘子(杏)が丈(宮沢氷魚)につく嘘に終わりはあるのか?

姉が自分の気持ちに正直に生きる姿を見て、自分も丈に本当の事を告げようと会いに行った鐘子。

既婚者ではないとは言えないままでしたが、丈と想いを通じ合わせることができました。

週末の2人旅に向けてウキウキで準備する鐘子は、丈とのメールのやり取りだけで幸せ度マックスになっていきます。

しかしその頃、丈はひとり大学病院の脳神経外科にいました。

検査結果で「おそらくスペインで検査を受けた結果と同じ」と言われる丈。

実は、丈は脳に腫瘍を抱えていたのです。

一方、夫に秘密で不倫中の葉子。会いたいという風太の願いを断れず、夫が出張中に会いに行きます。

出張先から葉子に電話した賢治は、電話の先で聞こえてきた風太の声に不安を抱き始めるのでした。

スポンサーリンク

『偽装不倫』4話の見どころ

リア充を満喫する鐘子

丈と想いが通じ、一緒に岩手へ銀河鉄道に乗りに行く約束をした鐘子。連絡先も交換したので、丈といつでもメールでやり取りできます。

丈と一晩共にし、家に帰りつくと嬉しい気持ちと、結婚してるとウソをついたままだという罪悪感が入り混じっていました。

鐘子は、丈からメールが来ないか部屋で待っていましたが、彼からのメールは来ず。

歯を磨きながら「こっちからしてみようかな。いいよね、そのために教えてくれたんだし。」と携帯を手にすると、「鐘子さん、もう家についた?」と丈からのメールが入ります。

「キターーーー!!」

と、嬉しさのあまり歯ブラシを落としつつも返信する鐘子。

先ほどまでの罪悪感は一気に吹き飛び、丈とのメールのやりとりを楽しみます。

「あ~楽しい!まだ旅行前だけども、どこにも行かなくてもすでに楽しい。メールするだけでこんなに楽しいものなのか。全国の恋するみなさーん!これがリア充ってやつですか~。」(鐘子心の声)

と、丈の存在が、鐘子の普段の生活全てを楽しくしてくれます。

恋する鐘子の浮かれる姿を見て、ウキウキ恋する気分を思い出した視聴者も多かったのではないでしょうか。

一方、丈はその時、大学病院の脳神経外科で検査を受けていました。

検査中に携帯の電源を切っていた丈。

検査の結果は「おそらくスペインで検査を受けた結果を同じ」と言われました。

そして、丈は「病気の事は誰にも言う気はない。」と医者に告げるのです。

いつもすぐに返ってくるメールの返信がないことに、鐘子は不安を感じていました。

葉子の様子を疑う賢治

結婚記念日のお詫びに賢治の肉じゃがを作った葉子。

「別に葉子のせいじゃないのに」といいながら話す賢治の表情が微妙です。

優しい賢治は、直接葉子に色々問いただしたりはしませんが、言葉の端々から若干疑っている感じが見て取れます。

いつも寂しそうな表情を浮かべている賢治がどんどん不憫に思えてきてしまいました。

そんな中、出張先の大阪から葉子に電話した賢治。

その時、葉子は風太の元にいたのです。

「騒がしいけど今、外?」と尋ねる賢治に「そうなの。買い物でちょっと渋谷まで出てきててその帰り。」と、葉子は普通にウソをつきました。

しかし、電話の切り際に「葉子さーん」という風太の声が電話の向こうから聞こえた賢治。

時が止まり、賢治に不安が押し寄せてくるのでした。

いよいよ銀河鉄道への旅行当日

その日鐘子は、早起きしてお弁当を作りました。

出かけようとすると、同じく出張で出かける賢治から一緒に東京駅までタクシーで行こうと誘われます。

嫌な予感がしつつ、賢治とタクシーで東京駅へ向かった鐘子。

到着すると慌ててタクシーを降り賢治と別れようとした鐘子でしたが、うっかりお弁当をタクシーに忘れてしまいます。

賢治は鐘子を追いかけてお弁当を渡しますが、その様子を丈に見られてしまいました。

旦那と言って賢治の写真を丈に見せた、お弁当をタクシーに忘れてしまった、そして賢治が優しすぎた!(普通、肩からずれたバックの紐を掛けなおしてくれる義兄なんて、なかなかいません!)鐘子、痛恨のミス連発。

鐘子と賢治の姿を見た丈は、そのまま立ち去ってしまいました。

丈は鐘子が既婚だって知っていたはずですが、やはり目の前で見てしまうとショックだったようです。

丈を見失った鐘子は、落ち込みながらひとりでお弁当を食べて帰宅します。

一方で、検査結果が良くなく病院から急遽呼び出されることになった丈は、医師から予想より脳の腫瘍が早く進行していることを伝えられます。

スペインでこの病気を知り自分はもう長くないと思った丈は、やり残したことを叶えるべく日本に帰国していたのです。

丈のやり残したことは、

生まれ育った町をもう一度見て美しい風景をたくさん撮る。

色々な国を旅して思い切り楽しむ。

そして、最後の恋。

しかし、もし自分がいなくなったら愛する人をひとりぼっちにしてしまう。

そう思っていた時に、空港で”不倫ブーム”というテレビを偶然見かけました。

僕がいなくなっても平気な人がいる(=既婚者)。

そんな時に偶然出会ったのが鐘子だったのです。

スポンサーリンク

『偽装不倫』4話の感想

天国から一気に地獄へ……という回でした。

メールが来ないからと丈が居候している姉のスペイン料理店へ行ってしまう鐘子は、丈の姉が心配するように、ちょっとヤバい女だと思われてしまう危険が。

しかし、そんなことも気にせず受け入れた丈は、更に好感度アップです!

丈が鐘子を選んだ理由がやっぱり自分の病気と関係していたことが判明し、結果としては鐘子が既婚者だとウソをついたままで正解でした。

しかし、走り出してしまった2人の恋。

燃え上がってしまった恋は、結婚しているとか、病気だからとか、そんな理由では止められない気がします。