『グッドワイフ』第5話ネタバレ解説と考察。正妻vs愛人の資産争い!壮一郎の真の敵も明らかに! | Dramas Note

『グッドワイフ』第5話ネタバレ解説と考察。正妻vs愛人の資産争い!壮一郎の真の敵も明らかに!

資産20億円のロックスター東城夫婦の離婚訴訟を担当することになった神山多田法律事務所。

妻側の代理人を杏子が担当することになります。財産分与をめぐって争う両弁護士でしたが、離婚成立直前に東城が突然の事故に。

そして、壮一郎VS脇坂の戦いに終止符!?

前半クライマックスとなる『グッドワイフ』第5話ネタバレ考察と感想をお伝えします。

スポンサーリンク

『グッドワイフ』第5話の見どころ

正妻VS愛人

今回のクライアントは、資産20億円のロックスター東城夫婦の離婚訴訟。東城は、長年連れ添った妻ちなみとは別居し、新しい恋人唯奈との結婚を考えていたため、早急に離婚したいと希望していました。

事情を知った杏子たちは、東城側に希望額を上げてもらい離婚成立まで持っていくことに成功します。しかし、正式な手続きを終える直前に東城がバイク事故を起こして意識不明の重体に。延命治療をめぐって正妻と愛人の争いが始まります。

一縷の望みをかけて延命治療を望む正妻と、かっこよく生きてきた彼に延命治療は必要ないという愛人。東城の生死によってお金の損得に直接関わってくることから、弁護士達の争いも激化していきます。

そんな中、東城の事故が単なるアクシデントではなく、睡眠薬を飲まされていたということが判明。殺人事件という線が浮上し、正妻、愛人、二人にも疑惑がかけられますが、真犯人はマネージャーの三宅でした。

東城、ちなみ、三宅の3人は、東城が売れない頃から苦楽を共にし、その感謝から東城は遺産を三宅にも残すと遺書を書いていました。

しかし、唯奈との再婚で、遺産は、ちなみ、唯奈、そして唯奈のおなかの中にいる子どもの3人に渡すと遺言を書き換えられると知った三宅は、遺言が書き換えられる前に東城を殺害しようと計画、実行したのです。

それを知ったちなみは、全相続を放棄。唯奈とおなかの子どもへ譲ることを決めたのでした。長年連れ添った東城の良い所も悪い所も知り尽くしていたちなみ。

本当に愛していたからこその決断だったのだと思います。その決断を唯奈はどう思ったのかはクローズアップされませんでしたが、延命治療についても、二人が納得する方向で考えようとちなみが提案したことから、二人の関係は良い方向へ進む雰囲気を感じました。

「全額放棄させたら事務所の報酬も入らないし、きれいごとで一時の感情だ」と、いう相手弁護士に対し、「きれいごとを本音だって言い張って、歯を食いしばって生きていきたいときもある。そういう潔さも尊いと思う」という杏子。

この言葉は、杏子が自分自身にいっていた言葉でもあると感じました。

脇坂にも離婚問題が浮上

『グッドワイフ』第4話ネタバレ解説と感想。杏子の気転で事件解決に導く!朝飛に一歩リードか?
壮一郎が自分を利用して脇坂を陥れたと知ってショックを受けた杏子。 そんな杏子に多田は違う道をい...…

脇坂の妻・怜子が、夫と離婚したいから手を貸してくれと杏子の元へやってきます。

動揺して事務所へやってきた脇坂。離婚はしないと強い口調でいう脇坂でしたが、怜子から離婚してくれなかったら、自宅にあるパソコンに入っている壮一郎の情報を流すといわれ、窮地に落とされます。

結果、脇坂はパソコンに入っている情報は口外しないとの条件で離婚に応じることにしたのですが、怜子はその書類にサインする前に、脇坂の悪事を杏子に伝えたのでした。

脇坂の違法行為が暴露される

杏子は、脇坂の妻・怜子から、脇坂が杏子の家に盗聴器をしかけているということを聞きます。驚いて家を調べてみると2つの盗聴器が発見されました。

杏子はそのことを壮一郎にも伝えます。壮一郎は早速脇坂と面会し、違法行為を黙っているかわりに保釈の要求が通るよう交渉しました。

そして遂に壮一郎の保釈が決まります。

壮一郎の本当の敵が明らかに

壮一郎の顧問弁護士・林は、壮一郎の逮捕には何か裏があると睨んでいます。それを壮一郎に問いただしても、壮一郎は何も言わず。

林は、杏子の元も訪れて、なにか思い当たることはないか尋ねます。政治が絡んでいるのではないかと林から聞いた杏子は、壮一郎は自分が思っている以上に大変な状況にあるのではないかと思い始めます。

検事の佐々木が、壮一郎の元へ調査結果をもってやってきます。そして、遂に壮一郎の逮捕劇の全容が明らかになりました。

地検特捜部長だった壮一郎は内閣官房副長官である南原の不正を内密に捜査していました。そのことに気づいた南原はイーデンス社に捜査を阻止するよう依頼しました。

そして、イーデンス者はトミオカ精工を使って賄賂を壮一郎に渡し、それを世間に漏らしたのでした。全ては、南原によって仕組まれていたことを知った壮一郎。保釈も決まり、次にどんな手を使って来るのか?

スポンサーリンク

原作との比較

ロックスターのエピソードは、アメリカ版の原作『グッドワイフ』シーズン1第21話”最終宣告”を元にしています。

本妻と愛人の離婚調停、ロックスターの事故、犯人はマネージャーなど、大まかな設定は同じです。

アメリカ版では、愛人にはすでに小さな子がいるというところが少し違う所です。

スポンサーリンク

『グッドワイフ』第5話の感想

遂に壮一郎を陥れた黒幕が明らかになりました。

保釈され家に帰ってくる壮一郎と杏子の関係はどうなるのでしょうか?予告では、多田が杏子に告白していました。

壮一郎の事件解明と共に、杏子をめぐる三角関係も複雑になっていく予感がします!