ドラマ『初めて恋をした日に読む話』9話ネタバレ感想。雅志と順子が結婚!? 匡平の恋はどうなっちゃうの? | Dramas Note

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』9話ネタバレ感想。雅志と順子が結婚!? 匡平の恋はどうなっちゃうの?

いよいよ大詰めを迎えた胸きゅんドラマ『初めて恋をした日に読む話』9話。雅志の願いが叶いついに順子と結婚!? それってまさか!?ドラマ『はじこい』9話はいったいどうなっちゃうの??のネタバレ感想をお届けします。

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』

スポンサーリンク

9話あらすじ

匡平の勉強の遅れを取り戻すため、順子は匡平と美香、牧瀬に部屋を開放して勉強会を行いました。

そんな中、ロシアへ転勤の辞令を受け肩を落とした雅志が順子の部屋にやってきます。

時間も遅いことから、順子は勉強会を切り上げいつになく思いつめた様子の雅志に、匡平や牧瀬の話を聞き出そうとしました。

その時、雅志が順子にキス。突然のことで順子は驚きましたが、雅志からロシア転勤の話、子供のころから順子のことを好きだったという話を聞いて考えます。

後日、順子は雅志とのことを美和に話すと、美和は一度でも相手の事を真剣に考えたことがあるのか?と言われ、恋愛から逃げていた自分に気づいたのです。

そして12月。結婚式で親戚一同が春見家に集まった時、30歳過ぎても独身の雅志と順子の話題となり、順子は部屋に避難し、続けて雅志もやってきます。

ふたりきりになった部屋の中で、雅志は順子にプロポーズ。順子は、美和に言われたこともあり、本気で雅志のことを考えることにしたのです。

そしてセンター試験当日。江外を叶えるために尽力した匡平は1次試験を見事合格。しかし喜ぶのもつかの間。まだまだ2次試験が残っているため、最後まで気を抜くことは出来ません。

2次試験会場には、順子も必ず一緒に行くと待ち合わせしていたものの、時間になっても順子はやってきません。心配になった匡平は、美和に電話するのですが……。

スポンサーリンク

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』9話の見どころ

やっぱり山下くんは大人だ!

匡平、そして愛する順子のために、自らを犠牲にして元妻とよりを戻す決意をし、匡平の父の汚名をぬぐった山下。

彼はとても潔く、順子を本当に好きだったからこそ彼女の幸せを願うといった大人の男性でした。今回は、その思いを封印し匡平をからかう場面もありました。

匡平が気になっていたのは、山下が順子の部屋の止まったあの日のこと。山下は、「何もなかったから心配するな」といいつつ、ちょっと触ったかも……なんて、匡平をからかったりする余裕さえありました。

ここまでスッパリ諦めがいいと、気持ちがいい反面切ない思いも溢れてきます。順子への思いが本気だったからこそ、彼女の幸せを一番に願ったのでしょうね。

やっぱり山下くんは大人です。としみじみ思えるシーンは見どころのひとつです。

雅志が順子にキス&プロポーズ!

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』8話ネタバレ感想。切なさ過ぎて涙が止まらない!? その理由とは?
恋に無縁で勉強一筋の学生時代を送っていた主人公が、突然モテモテになってしまう。恋愛経験のない彼女は、...…

雅志がいきなり順子にキスなんて驚きでした。恋愛下手な男性ではなかったということか……。

順子でさえも、「雅志じゃない」と言っていましたし、今回の雅志は別人のように積極的でした。

これも、ロシア転勤という崖っぷちに立たされたのが原因でしょう。

ロシアに行って帰ってきたときには、もしかしたら順子が誰かのものになっているかもしれない。

そんな思いが彼を強くしたのかもしれませんね。恐るべし愛の力です。

モジモジしている雅志ではなく、積極的で男らしい雅志も魅力的でした。

18歳になった匡平。ついに順子に告白!

節分になり、18歳の誕生日を迎えた匡平は、ついに順子にその思いを告白しました。匡平に抱きしめられた順子は、思わず彼の背中に手を回し、匡平の顔には優しい笑みが浮かびます。

順子も、潜在意識のなかで匡平を好きなのでは?と思う瞬間でありました。恋というものに鈍感な順子は、その思いに気づいてないだけで、彼女の中でも匡平を求めていることに間違いないでしょう。

また、ラストで順子がバイク事故に遭ったものの、匡平は順子の思いに応えるように涙をこらえて試験に臨みます。

一緒に歩んできた時間。匡平にとって東大合格とは、自分のためでもありますが何より順子のため。

次週の合格発表の結果が気になるところですね。

スポンサーリンク

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』9話の感想

衝撃的な展開で幕を閉じた『初めて恋をした日に読む話』9話でしたが、予告では最終回ということもあり、ほとんどの内容が伏せられていました。

「選ぶということは捨てること」かつて順子に言われた言葉を思い出した匡平は、順子ではなく受験を選んだけど、後悔はしていないと……。

それはふたりで歩んできた大切な時間を選んだことであり、順子が最も望むことを選んだという結果でしょう。

2人は結ばれないのか?という展開が脳裏をよぎります。もしかしたら、ハッピーエンドというのは迎えないのかもしれませんね。

それぞれが答えを出す瞬間。

雅志は、ロシア転勤が決定するレセプションを投げ出して病院に駆け付けたとあります。流れから言うと、両親は雅志との幸せを……と薦めるかもしれませんが、意外や意外で順子が記憶を失ってしまうとか?

美和が”命には”別条はないと言っていたので、そんな展開になったらちょっと面白いかもしれませんね。そうすれば、匡平か雅志かを選ばなくても済みますし、2人とも諦めがつくのではないかなと……。

次週はついに最終回。公式ページでも詳しい情報は載っていないので、順子の状態はどうなったのか、雅志のロシア行きや匡平の結果も気になります。

誰とも結ばれなければ、誰も傷つかないきれいな終わり方ですが……。でも、それが一番いいのかもしれませんね。