ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』1話のネタバレあらすじと感想。ハチャメチャレストラン開店!原作ファンにも高評価。 | Dramas Note

ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』1話のネタバレあらすじと感想。ハチャメチャレストラン開店!原作ファンにも高評価。

Heaven~ご苦楽レストラン~(出典:Amazon)
人気漫画『Heven~ご苦楽レストラン~』が、石原さとみ主演でドラマ化されました。

自分の欲求をかなえるためだけに開いたフレンチレストランのオーナー黒須仮名子(石原さとみ)と、彼女に振り回される従業員たちのコメディドラマ。

初回からピンチの連続!?

今回はドラマ『Heven~ご苦楽レストラン~』1話のネタバレや見どころと感想をお伝えします。

『Heven~ご苦楽レストラン~』

スポンサーリンク

『Heven~ご苦楽レストラン~』作品概要

【放送】

初回2019年7月9日(火)放送

毎週火曜日よる10:00~

【原作】

佐々木倫子「Heven?ご苦楽レストラン」(小学館ビッグスピリッツコミックス刊)

【主題歌】

あいみょん「真夏の夜の匂いがする」

【キャスト】

石原さとみ、福士蒼汰、志尊淳、勝村政信、段田安則、岸部一徳、田口浩正、内田滋、大重わたる、松本ししまる、矢柴俊博、上田遥

スポンサーリンク

『Heven~ご苦楽レストラン~』1話のあらすじ

フレンチレストランの配膳係として働いていた伊賀観(福士蒼汰)。

仕事はきちんとこなすものの、社交的な性格ではなく、お客からもクレームが出る始末。しかし、そんな伊賀観を高く評価した黒須仮名子(石原さとみ)。

自分がオープンする予定のフレンチレストランで働かないかと誘います。

同僚とも仲良くなれていなかった伊賀観は、彼女の店への転職を決意します。

しかし、訪れた場所は駅からは遠く、繁華街からも住宅地からも離れた墓地の中。とてもレストランを開くような立地ではありませんでした。

しかも、新しい同僚は、シェフの小澤(段田安則)以外はフレンチでの仕事が未経験のスタッフばかり。

そんな仲間たちと開店にむけて準備していくことになった伊賀観でしたが、トラブルに次々と見舞われ……。

スポンサーリンク

『Heven~ご苦楽レストラン~』の見どころ

ハチャメチャなオーナー

自分が”心ゆくままにお酒と食事を楽しみたい”という理由で、フレンチレストラン”ロワン・ディシー”を開いたオーナーの黒須仮名子。

店の利益や営業戦略など、普通のオーナーが一番に考えそうなことは一切無視!

とにかく、自分の欲求を満たすことが最優先でした。

伊賀観をスカウトする時に「サービスマンだって笑いたくない時には笑わなくていいわ。」と言っておきながら、伊賀がやってきた時に「笑ってみて。サービスマンだったら笑えるでしょ。」と、全く自分の発言を覚えてないくらい超適当な女性です。

「レストランで一番必要なのは距離感よ。スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたは、いいサービスマンになるわ!きっと!」と、言ってくれたのに……。

仮名子がその時の思いつきで自分をスカウトしたのだと悟った伊賀は、諦観(ていかん)の笑みを浮かべるしかありませんでした。

そんな彼女なので、開店に向けての準備でもスタッフ達が振り回されることになります。

スタッフも訳ありな人ばかり

彼女の、その場での思いつきの言葉に惹かれて集まってきてしまったメンバー達。

どの人も普通じゃないようです。さらに、伊賀と小澤以外はフレンチレストランで働いたことがない人ばかりです。

川合太一(志尊淳)は元美容師。

無邪気な笑顔を浮かべる癒しキャラですが、高校卒業後、1年間美容師として働くも、シャンプーに飽きて転職。

”ロワン・ディシー”の店長を務める堤計太郎(勝村政信)は、5年ほど牛丼屋の店長として働いていましたが、その前も色々な店長として働いた経歴を持っています。

しかしフレンチレストランは未経験。

小澤幸應(段田安則)は、仮名子が”掘り出し物”として連れてきたシェフです。

三ツ星レストランでも働いていた経験があるので料理の腕はピカイチです。

しかし、働く店が次々と閉店に追い込まれるという疫病神的なジンクスを持っているため、雇い主から敬遠されていました。

山縣重臣(岸部一徳)は、元銀行員。できればワインの説明とテイスティングだけやりたいと思っています。

以上のような状況から、消去法で伊賀が責任者を務めることになりました。

客が来ない!?

なんとか開店準備に間に合うことができたスタッフ達でしたが、いざ開店時間を迎えても誰も来る気配がありません。

ポツポツと集まった顔ぶれは、仕入れ先の関係者のみ。

おかしいと思い、招待状を見ると、なんと案内が4月31日となっていました!(4月は30日までしかありません)しかも、仮名子は4月1日必着で全員に郵送していたのです。

その日は”エイプリルフール”。つまり、お客さまたちは仮名子の冗談と思ってしまったのでした。

フレンチレストランスタッフの名称

フレンチレストランでは、接客する人たちの名称も普通のレストランとは違う呼び名のようです。

伊賀は”シェフドラン”と呼ばれ、テーブルの配膳などを担当するホールの責任者。

”コミドラン”の川合は、直接お客様のテーブルに配膳することはなく、シェフドランのサポート役として、食事後のお皿を洗い場まで持っていくのがお仕事のようです。

その他、山縣の”ソムリエ”という名前はよく知られていますが、通常はシェフドランなどの責任者的立場の人が兼任することが多いようです。

スポンサーリンク

『Heven~ご苦楽レストラン~』1話の感想

原作にとても忠実なストーリーとなっており、原作ファンの方々からも高評価を得られたようです。

原作を知らずに視聴した方の中には、仮名子のキャラについていけない方もいるようですが、慣れてくると逆にファンが増えそうな予感もします。

漫画が原作ということで、登場人物の上にもう一つ顔が出てきて心の声を発したり、表現が文字となって浮かんできたりと、楽しい演出もたくさんありました。

超個性的なキャラ達が、終始楽しませてくれた第1話。あいみょんの主題歌も相まってこれからも盛り上がっていきそうです。

スポンサーリンク

主題歌も発売間近!

『Heaven~ご苦楽レストラン~』の主題歌になっているのは、あいみょんの新曲『真夏の匂いがする』。

2019年7月24日に発売が決定しており、現在Amazonでも予約受付中です!

主題歌もドラマと同時にお楽しみください。

真夏の匂いがする/あいみょん(出典:Amazon)
お墓の中に店をつくるというちょっと風変わりなオーナーに振り回されるスタッフたち。

あいみょんの高いメッセージ性と、ドラマの世界観を絶妙に表現されているのでおすすめです。

2019年7月24日にリリースとなりました【追記】