『Heven?~ご苦楽レストラン~』8話ネタバレ。【とんでもなく神回】といわれたゲストは?山縣のそっくりさん? 登場にも沸く! | Dramas Note

『Heven?~ご苦楽レストラン~』8話ネタバレ。【とんでもなく神回】といわれたゲストは?山縣のそっくりさん? 登場にも沸く!

『Heven?~ご苦楽レストラン~』8話のネタバレあらすじと感想。ワインのソムリエを目指している山縣。

宿命のライバルと再会したことで対抗心に火がついてしまいます。

その火は伊賀にも降りかかることとなってしまいました。

今回は、とんでもなく神回と話題になっている『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』8話の見どころと感想をお届けします。

『Heven?~ご苦楽レストラン~』

スポンサーリンク

『Heven?~ご苦楽レストラン~』8話のあらすじ

ある夜「ロワン・ディシー」では、山縣(岸部一徳)が険しい表情で一人の客の来店を待っていた。山縣の゛宿命のライバル″だというその客・浦海(岸部一徳)を見て、伊賀(福士蒼汰)や川合(志尊淳)らは唖然。なんとその男は山縣にそっくりだったのだ…。浦海の来店をきっかけに、山縣は伊賀を巻き込み、お互いのトラウマ克服のためあることに挑戦しようと決意する。そんな中、伊賀や山縣らは彦坂(平泉成)という老人と出会うが、なにやらいろいろと訳ありの様子で…。

出典:公式サイト

店で一番の年長者である山縣は、オーナー含めスタッフ達が伊賀を頼っていることに不満を感じていました。

そんなある日、山縣の銀行員時代の宿命のライバル・浦海が店を訪れてきます。

山縣に外見がそっくりな浦海をみて驚くスタッフ達。

しかも、浦海は山縣同様に資格マニアだったのです。

ライバルの浦海の影響を受けた山縣は、絶対にソムリエ試験を一発で合格したいと強く思います。

実務経験不足からまだ試験を受けれない山縣は、試験の情報収集のために伊賀と堤にソムリエ試験を受けさせることにします。

大学受験失敗のトラウマを未だ抱える伊賀は、試験に対して強い抵抗を感じますが、黒須からの励ましもあり受験することを決意するのでした。

スポンサーリンク

『Heven?~ご苦楽レストラン~』8話の見どころ

山縣のそっくりさん!?

山縣のライバルとして現れた浦海。

今回、岸部一徳さんが一人二役されています。

同じキャストなので、もちろんそっくりです。

違いは眼鏡の太さと、山縣は「ひとつよろしいかな?」という口癖に対し、浦海は「ひとつ言わせていただこう」となっているところです。

神回の8話。ゲストは?

毎回ゲストキャストが登場している『Heven?~ご苦楽レストラン~』ですが、今回は公式ツイッターでとんでもなく神回と紹介されていました。

その神回にふさわしいゲストは?

平泉成さん

都内の鮨店オーナーで、息子に資格を取らせようとするも拒否され、自らがソムリエ試験を受けるという役でした。

横澤夏子さん

伊賀が受ける最終試験の試験官でしたが、牡蠣にあたってトイレから出られず…という役でした。

屋良学さん

ソムリエ試験直前の集中セミナーの講師役でした。

沖縄の先生だからって、こんなに沖縄色だしてくる?という感じの濃いめキャラでした。

川合の笑顔が消える

『Heven?~ご苦楽レストラン~』7話。今回のブチ込み企画!餡フェア がネット上でトレンドワードに!
『Heven?~ご苦楽レストラン~』7話のネタバレあらすじと感想。 開店から1年が過ぎ...…

伊賀が試験当日にトラブルに巻き込まれるのは、母親・勝代がいつも関係してます。

2次試験まではなんとか邪魔されずにきましたが、最終試験当日、勝代が電話での様子がいつもと違った伊賀を心配して上京してきます。

伊賀を呼び出そうとする勝代でしたが、黒須が電話を切り、伊賀を最終試験へ送り出しました。

そこへ入れ替わりに店へ来た勝代。

そそくさと逃げていくスタッフの中で、川合が取り残されてしまいました……。

無事に試験を終えた伊賀でしたが、いつも伊賀が被るであろう災難を川合が代わって受け止めたことで、さすがの川合からも笑顔が消えグッタリ。

さすがの天然少年の川合も、勝代には勝てなかったようです。

トラウマを乗り越えた伊賀

結局ソムリエの最終試験に落ちてしまった伊賀でしたが、試験を最後までちゃんと受けれたことで満足な笑顔を浮かべます。

しかし、黒須の目的は伊賀を合格させることではなく、自信を取り戻させることだったのです。

黒須のおかげで苦手を克服することが伊賀。

もし伊賀がソムリエ試験に合格してしまうと、山縣はますます不要な存在となってしまうので、山縣にとっても伊賀が試験に落ちたことは結果オーライでしたね。

しかし、ワインをこぼしてしまったりとミスを連発した彦坂は、なぜか合格していたのが不思議です。

スポンサーリンク

【ミニ情報】ドラマで出てくるLINEスタンプ

今回、宣伝?とばかりにたくさんの川合くんのLINEスタンプがドラマの中に登場していました。

これを見て、欲しい!と思った方も多いのでは?

ロワン・デイジーの6人のスタンプ(伊賀・黒須・川合・小澤・山縣・堤)は、LINE公式スタンプとして発売されています。

■購入方法

「LINE」アプリ内「スタンプショップ」、または「LINE STORE」から購入

■価格
『Heven?~ご苦楽レストラン~』240円(税込み)または100コイン

■動作環境
Android端末、iOS端末のみ

それぞれのキャラクターの決めゼリフがたくさんあって、思わず使いたくなるスタンプばかりです。

スポンサーリンク

『Heven?~ご苦楽レストラン~』8話の感想

今回も、見ごたえのあるストーリーでした。

店長・堤が彦坂の真似をしていましたが、勝村さんが平泉さんのモノマネしてるように見えて笑ってしまいました。

平泉さんと絡むとモノマネしたくなりますよね。

黒須は、本職の執筆の方では多少行き詰っている感じがしています。

面白いネタなら店にたくさん転がっているという伊賀の言葉を聞いて、筆が乗ってきていた黒須でしたが、予告では仮名子、引退…。という文字が。

店の経営にもなにか波乱が起きそうな予告でした。

残すところあと2回となった『Heven?~ご苦楽レストラン~』。

視聴率は今回も7.5%と2桁に乗れず少し苦戦している感じもありますが、個性的なスタッフ達にも愛着がわいてきたので、これからもどんな波乱万丈なストーリーになるのか楽しみです。