『Heven?~ご苦楽レストラン~』7話。今回のブチ込み企画!餡フェア がネット上でトレンドワードに! | Dramas Note
「独孤伽羅」2020年12月30日(金)~BS12で放送スタート!記事はここから

『Heven?~ご苦楽レストラン~』7話。今回のブチ込み企画!餡フェア がネット上でトレンドワードに!

heavenご苦楽レストラン

『Heven?~ご苦楽レストラン~』7話のネタバレあらすじと感想。

開店から1年が過ぎ、常連客や新しい客で賑わい、順調に経営しているフレンチレストラン”ロワン・ディシー”。

今回はシェフドランの伊賀がサービスマンとしての存在意義について悩み始めることに……。

この記事では『Heaven~ご苦楽レストラン~』7話についてご紹介します。

『Heven?~ご苦楽レストラン~』ネタバレ

スポンサーリンク

『Heven?~ご苦楽レストラン~』7話のあらすじ

「ロワン・ディシー」開店から一年。店は鱸(田口浩正)や小枝(矢柴俊博)といった常連客や新規のお客様で賑わっている。そんな中、店でハプニングが発生。仮名子(石原さとみ)の機転でこと無きを得るが、伊賀(福士蒼汰)は、サービスマンの存在意義について悩み始める。一方、シェフの小澤(段田安則)は伊賀とは対称的にテンション高め。なぜなら従業員たちが「火曜日の君」と呼ぶ美くしすぎる常連客・香宮(相武紗季)が来店する火曜だからだ。仮名子は、特定のお客様だけをえこひいきするのは最高のサービスとは言えない。特別扱いはダメだ、と言うのだが…。

出典:『Heaven?~ご苦楽レストラン~』公式サイト

開店から1年がたち安定した経営を続けている”ロワン・ディシー”。

いつもと変わらず賑わう店内で、妊婦さんが産気づいてしまうというハプニングが起こってしまいます。

常連客の小枝が医師(と言っても、耳鼻咽喉科)だったため、なんとか対処することができましたが、この時何も役に立てなかったと感じる伊賀は、サービスマンとしての存在意義について悩み始めます。

そんな中、毎週火曜日に来店する神谷(相武紗季)のファンとなっている従業員たち。

シェフの小澤は、神谷に食べてもらう穴子新メニュー作りに張り切りますが、黒須からことごとくダメ出しを受け、だんだん自信を無くしてしまいます。

そこで、外でのランチにスタッフを連れ出した伊賀。

すると偶然、神谷の姿を目撃。

しかし普段とは全く違う姿の神谷の姿に一同は驚きます。

一方、レストランには俳優の湯浅が来店。

横柄な振る舞いをする湯浅に手を焼く従業員でしたが、湯浅は常連客に大女優の古瀬がいることに気づき……。

スポンサーリンク

『Heven?~ご苦楽レストラン~』7話のネタバレ

接客業の難しさに悩む伊賀

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』6話ネタバレあらすじと感想。お客さまファーストで変化!? ロワン・ディシーに学ぶ本当のおもてなしとは?
自分のための理想のレストランをつくるべく、フレンチレストラン”ロワン・ディジー”のオーナーと...…

妊婦の陣痛事件をきっかけに、伊賀は自分たちの仕事は余裕があってこそ成り立つ仕事なのだと思います。

肝心な時に役に立たないと感じる伊賀に、黒須は「役に立たないことの何が悪いのか。」と言い放ちます。

シェフの小澤からも「役に立たないことは悪いことではない。文化や芸術はそういうものだ。」と言われますが、伊賀は納得できない様子です。

そんな中、外の公園にランチへ出かけた一同の前に、来店する姿とは似ても似つかない神谷の姿を目撃します。

あんな姿を見られたくなかっただろうから、もう店には来てくれないだろうとテンションが下がるスタッフに、「たった1人のためにウジウジしてヒマなんてない!」と黒須が一喝。

その言葉に「今日いらっしゃるお客様に最高のおもてなしをしよう!」とスタッフ一同一致団結するのでした。

そんな中、店には俳優の湯浅が来店してきます。

「俺の事知らないの?」と、有名人だという事で横柄なふるまいをする湯浅。

有名人の中でも、気づいてもらって特別扱いを要求するタイプと、普通に扱ってほしいタイプと2通りに分かれますね。

超有名人は、逆に普通に扱ってほしいと思う人が多いかも(?)

湯浅はまさに前者のタイプ。

彼が大女優・古瀬が来店していることに気づいて、パパラッチを呼びスクープを狙うのですが、スタッフが全力で阻止しました。

伊賀はこの一件で、サービスマンとしての自分の在り方に気づいたようです。

直接人の命に関わるような仕事ではないサービスマンですが、人の心を豊かにし心地良い場所を提供してくれるサービスマンは、なくてはならない存在ですね。

アンフェア×餡フェア

黒須が穴子を使った新メニューのダメ出しを連発し、塩気がまた減り始めたシェフ。

心配した伊賀は、明日の昼は新メニューもまかないもお休みして、外に食べに行こうと提案しました。

黒須とフロアのメンバーで訪れた場所は公園。

そこでは、”餡フェア”というフードフェアをやっていたのです。

ドラマ『アンフェア』と掛けたとしか思えないワード”餡フェア”は、すぐさまネットでもトレンドワードとなりました。

素敵なゲスト出演者

今回は、相武紗季さんと加賀まりこさんというビックゲストが登場しました。

相武さん演じる神谷は、いつもオシャレで髪はツヤツヤ、よく食べてよく飲んで決して残さず、映画・スポーツ・ユーチューバーに株価といつも話題は豊富、従業員たちから”火曜日の君”と呼ばれて慕われていました。

黒須も自分も同じだと張り合いますが、予約なしで来店してきた客に席を譲らない黒須に対し快く席を譲る神谷。

ここで勝敗あり。

そんな神谷には秘密がありました。

それは、最後に明かされるのですが、実は神谷の正体はホラー漫画家・海苔佃煮(のりのつくだに)だったのです。

そして、加賀まりこさん演じる古瀬はヒット作”楽しい夜をありがとう”に出演、人気絶頂で引退した大女優・久世光代。

加賀さんはまだまだ現役ですが、大女優というところは実際と同じです。

久しぶりに画面で見た加賀さんは相変わらずお綺麗でした!

【ミニ情報】オリジナル・サウンドトラックが発売

TBS系 火曜ドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」オリジナル・サウンドトラック(出典:Amazon)
『Heven?~ご苦楽レストラン~』のオリジナル・サウンドトラックが9月4日(水)に発売されます。

iTunesでは、8月21日(水)よりメインテーマの配信がスタート!

 

【タイトル】

TBS系 火曜ドラマ『Heven?~ご苦楽レストラン~』オリジナル・サウンドトラック

 

オープニングテーマをBGMに、ご自宅でお料理するのも楽しそうですね!

スポンサーリンク

『Heven?~ご苦楽レストラン~』7話の感想

今回は、伊賀の悩みを通して、サービスマンの仕事の意義を考えるストーリーでした。

サービスマンは、同じことを繰り返しサービスするのではなく、その時の状況やお客さまのタイプに応じたサービスを提供しなくてはなりません。

ドクターなど人の命を預かる仕事も大切な仕事ですが、心を豊かにしてくれるサービスマンの仕事もとても魅力的ですね。

今回も、他局のアンフェアをもじったと思われる餡フェアや、ホラー漫画の御茶漬海苔さんから取ったであろう海苔佃煮など、ちょこっとネタが入っていて面白かったです。