『家売るオンナの逆襲』9話の見どころと感想。ドジスケ、人生最大にドジる! | Dramas Note

『家売るオンナの逆襲』9話の見どころと感想。ドジスケ、人生最大にドジる!

夫婦関係に黄色信号がともっていた万智と屋代でしたが、前回めでたく仲直りすることができました。しかし、それを陰で見ていた留守堂の心に万智に対する新たな感情が芽生え始める!?『家売るオンナの逆襲』第9話の見どころと感想をお伝えします。

『家売るオンナの逆襲』第9話

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』第9話あらすじ

今回万智が担当することになったのは、高齢の母親と同居するための家を探している独身女性の馬場礼子(酒井若菜)。

庭野は、築45年の家をフルリノベーションした家の販売を進めていきます。

そして、足立は出産間近の新婚夫婦の家探しを担当するのですが、同じくして留守堂は離婚予定の女性から家の売却を相談されていて、偶然内見でバッタリ遭遇します。

それぞれが、それぞれの方法で仕事を頑張る中、留守堂は万智への想いを心に秘めていることに限界を感じ始めます。そして、遂に万智へ直接想いを伝えるのですが……。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』第9話の見どころ

第2の庭野登場!?

今回庭野が担当している中古物件。設計デザイナーとして独り立ちデビューに張り切る真壁は、自分のこだわりを詰め込んだ内装を完成させ、庭野と一緒に自信をもって売り出しにかかります。

真壁と庭野は同年代で話し方も同じ、性格も似ている似た者同士で意気投合。二人で行ったバーちちんぷいでは、自分の事を”自分”と呼ぶ二人に、バーのママこころはイライラします。

内見の予約を数件とった庭野でしたが、客たちは二人が思っていた反応とは真逆の反応を示すのでした。

凹む二人に、万智はその物件を自分が売ると言いました。喜ぶ真壁と庭野でしたが、せっかく真壁がこだわりを持って作った家を畳の部屋へ改装するといい、真壁は更に凹むことに・・・。

「友情ごっこで家は売れない!」と一喝されてしまった二人でしたが、万智の客の希望に合わせる販売方法をみて、家の販売、家づくりに対する心を改める二人でした。

職種が違えど、庭野と真壁の空回りする元気さがウザさ2倍となって襲ってきました。視聴者を代弁するようなこころの言葉で少しはスッキリ!べちゃっとする焼きそばしか作れないこころですが、必要不可欠な存在です。

白洲が本領発揮!?

宅間が現地販売している場所へ、白洲が差し入れをもってやってきました。「なんとなく、あんたの顔がみたくなったから」といいつつ、自分の愚痴を聞いてもらおうと思ってきたのでした。

その時、ふと通りがかった老人男性が、「買わないと思うけどみるだけ」と内見していく事に。一緒に内見に付き合う白洲は、黙ってろという宅間をよそに、冗舌にセールストークを繰り広げて聞きます。

二人の漫才のような会話にご機嫌になった男性は、なんと家をその場で即決購入することになりました。

テーコー不動産の社員だった頃は、家を一軒も売ることができなかった白洲美香でしたが、実は隠れた才能を持っていた!?テーコー不動産は惜しい人材を無くしていたのかもしれないと思った瞬間でした。

ドジすけの究極のドジとは!?

今回も、すべての顧客に満足する家を購入してもらうことが出来て、みんなスッキリ!社内は明るいムードに包まれます。しかし、最近の留守堂の様子が少し気になる足立。

ちちんぷいで、こころから留守堂が先日ドアを普通に開けて帰って行ったと聞いて、ますます心配になります。

そんな中、留守堂は万智に二人が通っていた小学校にいるので来てほしいとメールしていました。最近留守堂から頻繁に送られてきていた”おはよう”とか”おやすみ”の挨拶は無視していた万智でしたが、このメールには”仕事中です”と返事を送りました。

それでも、”待っています”と返事を送り、万智との思い出を思い返しながら一晩を小学校で過ごした留守堂。翌朝、万智がやってきました。

万智への想いがパンパンで、心も体も破裂しそうだと自分の想いを伝える留守堂に対し、万智は「迷惑です」といいます。

しかし、餃子をくれた万智、人工呼吸をしてくれた万智、今の万智も全て自分のものにしたいという留守堂に、万智は衝撃的な事実を伝えます。

それは、餃子もあげていないし、人工呼吸もしていない ということ。そう、留守堂がずっと思っていたことは全て留守堂の勘違い!

留守堂の本当の女神は、留守堂が名前も顔も全然記憶に残っていない女の子”山田かずこ”ちゃんだったのです。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』第9話の感想

ドジすけと小学校時代に呼ばれていた留守堂、大人になっても、引いて開けるドアを押したり、靴下が色違いだったり、と顔は変わっても相変わらずドジな面を見せていましたが、今回、最強のドジが発覚しました。

ずっと万智が自分を助けてくれた女神だと思っていて、万智のひとことで不動産屋という職業を選んで人生を送ってきた留守堂。

さらに、万智が探し当てた本当の女神である山田かずこちゃんは、お世辞にもカワイイ部類にはいる子ではありませんでした。

真実を知って気絶してしまうほどショックを受けた留守堂。

結局のところ、万智には全く非はなく、全ては留守堂の勘違いだったわけなのですが、留守堂の万智への愛情が憎しみへと変わっていくようです。

万智を愛していた分だけ、それが憎しみに変わった時、留守堂は、どれくらい恐ろしくなるのでしょうか。

次回は遂に最終回!どんな結末が待っているのか楽しみです。