海外ドラマ『インポスターズ』シーズン1の見どころと感想。登場人物は全員詐欺師で予想外の連続! | Dramas Note

海外ドラマ『インポスターズ』シーズン1の見どころと感想。登場人物は全員詐欺師で予想外の連続!

『インポスターズ』シーズン1見どころと感想。

インポスターズ(出典:Amazon)
女詐欺師マディにカモられた被害者のエズラたちは、マディを探し出すための旅に出ます。

しかし、マディに全財産を奪われてお金がないエズラたちは、やむなく自分たちも詐欺を働くことに!?

エズラたちは無事に詐欺師マディを見つけ出すことができるのか。

それでは、『インポスターズ』シーズン1の見どころと感想をお伝えします。

海外ドラマ『インポスターズ』

スポンサーリンク

『インポスターズ』シーズン1の作品情報

作品概要(全10話)

【配信元】

huluにてシーズン2まで無料配信

U-NEXTにてレンタルで配信(シーズン1のみ)

【キャスト】

インバー・ラヴィ、ロブ・ヒープス、パーカー・ヤング、マリアン・レンドン

こんな人にオススメ

・ブラックコメディが好きな人

・おバカな登場人物に愛着がわく人

・どんでん返しが好きな人

スポンサーリンク

海外ドラマ『インポスターズ』シーズン1のあらすじ

エズラ・ブルームは、愛するエヴァを妻に迎え、幸せな新婚生活を送っていました。

ある日、妻エヴァへのサプライズのため、犬を購入しようと考えたエズラ。

エズラはペットショップにて、カードで精算しようとしますが、すべてのカードが使用不可だと店員に言われてしまいます。

慌てて近くのATMで残高を確認してみると、すべて0。

家の金庫も荒らされており、エズラが警察に通報しようとしたそのとき、冷蔵庫に書かれたURLが目に入ってきました。

URLにアクセスしてみるとビデオメッセージが流れ始め、そしてそこにはエヴァが映っていたのです。

ビデオメッセージを見たエズラは、エヴァの愛がすべて偽りだったと知り愕然とします。

同時に、自身が結婚詐欺の被害に遭ったことに気づくエズラ。

「私を探さないでね。私を探しちゃうと、あなたのお父さんの秘密が世界中に広がっちゃうから……冷蔵庫を見てみて」

言われたとおりに冷蔵庫を開けてみると、そこには父の浮気や不正の証拠資料が入っていたのでした。

数日後、エズラは現実を受け止めきれず、部屋で自殺を試みていました。すると突然、エズラの家にひとりの男が乗り込んできます。

その男の名はリチャード。話を聞くと、リチャードもエヴァに騙された“結婚詐欺の被害者”だと言うのです。

エズラとリチャードは、ふたりで手を組みエヴァを探し出そうとしますが、言い合いばかりでゴンビネーションはグダグダ。

果たしてふたりは、女詐欺師エヴァの居場所を突き止めることはできるのでしょうか!?

スポンサーリンク

海外ドラマ『インポスターズ』シーズン1の見どころ

※以下、女詐欺師の名前は、本名の“マディ”で統一します。

愛すべき3人の被害者たち

詐欺を題材にしたドラマはいくつかありますが、同じ女性に騙された被害者たちがチームを組むという構想が新しいです。しかも被害者たちは、それぞれ個性的で愛すべき人物ばかり。

エズラ:真面目でロマンチスト。仲間がマディのことを悪く言うと「悪く言うな!」と怒る。

リチャード:おバカな体育会系。女好きだけれど憎めない。

ジュールズ:冷静さと大胆さを併せ持つ女性。情緒のクセが強い。

3人は、結婚詐欺に遭ったからといってマディに復讐をしようとは考えていません。むしろ、いまだにマディに対して未練を抱いており、騙されたはずなのに再会を願っているのです。そんなお人良しの3人が、だんだん愛おしく見えてくることでしょう。

詐欺視点の物語も見ごたえあり

物語は、女詐欺師マディの視点でも進んでいきます。

次のターゲットは、銀行員のヘラー。マディは、アシスタントとしてヘラーに近づく算段なのですが、台本にはかなりの詳細内容が記されています。

マディは単独の詐欺師ではなく、詐欺組織に属しているので、そういった細かい攻略法が上から届くわけなのです。

ターゲットとの距離の縮め方は、詐欺というより恋愛テクニックに近いので、きっと興味深く見られるはず。

相手が得意分野の話をしているときに「すごい!○○のことなら何でも知ってるのね」と褒めちぎったり、自然なタイミングでボディタッチをしたりと、誰でも実践できるようなテニクックが満載です。

マディの演じ分けに脱帽!

マディは、行き付けのカフェで出会ったパトリックに恋心を抱きます。

しかし、詐欺仲間のマックスに「恋愛はするな」と警告されてしまいました。かつて、仲間が一般男性と恋に落ちたとき、ボスは男性を半殺しにしたのだそうです。

確かに、秘密が漏れる1番のルートは恋人や配偶者でしょうから、詐欺組織が”恋愛”を禁止するのも分かります。しかしマディは、恋はするなという忠告を受けながらも、パトリックに対する想いを止められなくて……!?

注目ポイントは、マディ役のインバー・ラヴィの演技です!詐欺対象と擬似恋愛をしているときの表情と、パトリックに向ける表情が完全に違うのです。

他にも、詐欺対象の相手によって細かく演じ分けています。性格や食べ物の好み、そしてアレルギーまでもを自在に操るマディの神演技が見どころです。

スポンサーリンク

海外ドラマ『インポスターズ』シーズン1の感想

※以下ネタバレを含みます。未視聴の方はご注意ください

とても面白かったです!詐欺師のマディは美しいうえに演じ分けが完璧で、その綿密な詐欺っぷりに見入ってしまいました。

一方の、騙された3人たちも、”そりゃあ騙されちゃうよ……”と納得してしまうぐらいのお人よし。人の良さと、愛に対する純粋さを見ていると、だんだん愛おしく思えてきます。

しかも、3人がマディを探し出したあとがまた神展開なのです!

マディが、新ターゲットのパトリックとの結婚を間近にひかえていたころ。

パトリックに「今日はサプライズがある」と言われてリビングに行ってみると、そこにはなんと、被害者のエズラたちの姿が!エズラたちは、マディの家族のフリをしてパトリックと接触していたのです。

これにはマディも真っ青。エズラたちに過去の詐欺を暴露されれば、パトリックとの結婚は水の泡になってしまいますからね。

これぞ“詐欺返し”という感じで、最高潮に盛り上がったシーンでした。

さらにそのあと、最高のどんでん返しが待っています。公式サイトに書いてある”全員詐欺師の騙しあい”とはこういうことだったのか!と合点がいきました。

ブラックコメディあり、笑いあり、涙あり、どんでん返しありで、最高に楽しめるドラマです。オススメ。