『インハンド』5話のネタバレと視聴率。紐倉の右腕の秘密が明らかに!5年前、彼に何が!? | Dramas Note

『インハンド』5話のネタバレと視聴率。紐倉の右腕の秘密が明らかに!5年前、彼に何が!?

インハンド/朱戸アオ(出典:Amazon)
ドラマ『インハンド』5話。

アメリカの新聞記事を見た牧野は、入谷を自殺に追い込んだのは紐倉かも……と疑いを向ける。

5年前、紐倉に何があったのか、彼はなぜ右腕を失ったのか。

入谷はなぜ紐倉を罵倒したのか……その理由が今明かされたのです。

ドラマ『インハンド』

スポンサーリンク

5話あらすじ

牧野は、紐倉に関するアメリカの新聞記事を高家に見せ、入谷を自殺に追い込んだのは紐倉かも……と疑いを向けるようになるも、高家はそうは思いませんでした。

「お前と出会わなければ、こんなことにならなかった」そう言って、命を落とした入谷。紐倉と入谷、2人の間に何があったのか、牧野と高家はかつて紐倉の恩師だったという福山和成(時任三郎)を訪ねることに。

福山は、世界中の有名企業や投資家が注目している、最先端の科学技術を駆使して現実的なビジネスを成功させている企業フューチャージーンのCEOを務めていました。

福山は、CDC時代紐倉の上司であり、彼をCDCに誘ったのも福山だったのです。更に、福山は入谷をアメリカに連れて行くことには反対だったとのこと。

その理由は、入谷がクローン病だということから。

クローン病とは、免疫系の異常で消化器官の至るところに炎症が起きてしまう難病『インハンド』より

それはさておき。高家は当時、紐倉と入谷に何があったのか福山に直球で問いかけます。

「フィリピン沖のマリアナ海に小さな島があってね……」

福山は重い口を開きました。

【5年前】

福山と紐倉、入谷はCDCの仕事で島民を一人ずつ検診し、アジアで流行が見られる感染症を調査していました。

紐倉と入谷は兄弟のように仲が良く、入谷は「お前が世界に出るのを傍で見ていたいんだ。」と言い、いつも紐倉を支えていたのです。

入谷は明るくて正義感が強く情に厚い男だったと福山は言います。

不愛想な紐倉とは正反対に、いつも彼を照らす太陽のような存在。お互いを心の底から分かり合う、最高の研究者と最高の助手という関係だったのです

そしてある日、そんな小さな孤島で最初の犠牲者が出ました。

マリアという7歳の少女、彼女はエボラウイルスに感染してしまったのです。

スポンサーリンク

『インハンド』5話ネタバレ

エボラウイルスの感染源は?

マリアの感染が確認され、過去フィリピンでエボラに感染したコウモリの例があることから、福山はすぐにCDCに連絡を取ります。

すると翌日、キャラウェイ指揮官率いるアメリカ陸軍が大勢でやってきたのです。紐倉たちは、島民の感染の有無を優先して行うよう指示されているなか、入谷はアリスの容態を診ようと彼女が隔離されているテントに向かいます。

しかし、兵士に阻止され会うことも出来ません。兵士の話によると、ワクチンはアメリカ軍からフィリピン政府に要請してあるとのこと。

それでも、重症患者だけでも空送できないかと紐倉はキャラウェイに聞いてみるも、さっさと感染者の特定を急げと拒否されてしまいます。

入谷が、患者を見殺しにするのかと問い詰めましたが、キャラウェイはその場を立ち去ってしまったのです。

このことから紐倉は、すべてが妙だと気づきます。

「CDCに報告したのは昨日。なのになぜ、陸軍はこんなに早くフィリピンの孤島に大勢で乗り込んでくるんだ?」

ドラマ『インハンド』5話から引用

米軍は、最初からこの島でエボラが発症すると知っていたのか……。そんな疑惑が浮かび上がりました。

ならば、マリアはどうやって感染したのか?紐倉と入谷は、2人で内密に感染源について調べてみたのです。

マリアの兄マニーによると、彼女はいつもジャングルのハーポン川で遊んでいたとのこと。紐倉たちはすぐにジャングルに入り調査してみたのです。

するとそこで、墜落した米軍機の残骸を発見。さらに、その米軍機がエボラウイルスを輸送していたことが分かったのです。

秘密裏に細菌兵器開発か?

ドラマ『インハンド』4話のネタバレと視聴率。村の消滅は紐倉が原因? あのとき何があったのか!?
インハンド/朱戸アオ(出典:Amazon)ドラマ『インハンド』4話ネタバレ。 5年前、アメリカ...…

なぜエボラウイルスを輸送していたのか。

「新たな生物兵器として開発するつもりだったのかもしれない…」

陸軍は、エボラウイルスの回収に向かっている途中で、感染の報告が入った。そこで回収ではなく、計画自体を隠蔽しようとしていたのでしょう。

紐倉たちが村に戻ったころ、マリアは既に亡くなっており、入谷は打ちひしがれてしまいます。そんな中、CDCから撤退命令が下ります。

いま撤退すればこの村を見殺しにすることになると、帰還を拒否する入谷に「自分たちに出来ることはない」という紐倉。

それに対し入谷は、エボラウイルスを持ち帰り自分たちで治療薬を作ろうと言うのです。紐倉は、自分たちにそんな力はないし、キャラウェイに知られればただじゃすまない。と入谷を説得したのです。

CDCに戻ったある日、紐倉の携帯に発信者不明の画像が送られてきました。そこには、紐倉と入谷とマリアで写っている写真、そして次々と感染して亡くなった島民と、村を焼き払っているアメリカ海軍の写真が写っていたのです。

紐倉は、ちょうど自分を訪ねてきたキャラウェイに、島はどうなったと聞いてみました。するとキャラウェイは「紐倉たちが帰った後、数人の感染者が出たが徐々に落ち着き、村は元に戻った」と嘘をついたのです。

やはり、アメリカ陸軍は島で起こったことやエボラウイルスのことなど、一連のことを”隠蔽”するつもりだったようです。

さらに、入谷は元気か?入谷はどうしてる?と、入谷のことを探りかけてきたため、紐倉は入谷がウイルスを持ち帰ったと確信したのです。

紐倉の腕の秘密

紐倉は、入谷の研究所に向かい写真が送られてきたことを話します。どうやら入谷は、村を撤退する前ニマリアの兄マニーに携帯を渡し、写真を撮って送るようよう話しておいたようでした。

その後、マニーとも連絡がつかないことから、彼もまた感染してしまったようだと……。また、入谷はエボラをこっそりと持ち帰り、単独で治療薬を研究していたとのこと。しかし、それにキャラウェイが気づいてしまい、彼は危機的な状況に陥ってしまったのです。

入谷の研究によると、あのエボラは普通のウイルスではなく、人工的に感染力も殺傷力も増幅させた新型のウイルス。しれを隠蔽するために、島ごと証拠を消したということでした。

紐倉は入谷に、すぐに研究を中止しろというも入谷は聞く耳を持ちません。しかし、キャラウェイはすでに部隊を率いて、CDCに乗り込んでいたのです。

入谷を抹殺するために。追い詰められた入谷は、屋上に向かい紐倉も後を追いますが、それを取り囲むように、兵士の銃口が入谷を狙います。

「お前には関係ない。お前のせいで俺の計画は台無しだ。お前と出会わなければこんなことにはならなかった。お前が憎い」と、紐倉に向かって叫ぶ入谷。

キャラウェイは、入谷だけを殺すよう兵士に指示。そんなとき、入谷が足を滑らせて落ちそうになり、紐倉が両手で彼を掴みます。

そして銃弾が放たれ……。銃弾は紐倉の右腕を破壊し、入谷は紐倉の腕をすり抜け落ちてしまったのです。

この瞬間、紐倉は右腕と大切な友を同時に失ってしまいました。

入谷は紐倉を恨んではいなかった

紐倉は、入谷に罵倒しされた言葉が忘れられず、思い出すたびに幻肢痛に襲われていたのです。自分が入谷を引き入れたから、彼が命を落とすことになった……そうやってずっと自分を責め続けていたようです。

しかし、入谷の遺留品から彼が紐倉を恨んでいなかったことが分かります。彼が遺した手帳からは、エボラ研究についてが掛かれていました。

さらに実験の際、誤ってエボラに感染してしまったことも……。紐倉に相談すれば、彼も共犯者となってしまう。そんな思いから、入谷はすべてを独断で進めていたのです。

入谷が屋上で紐倉を大声で罵倒したのも、陸軍に「紐倉は共犯者ではない」ことを示すためでした。

助手の仕事は、研究者を支えるのが仕事。足を引っ張ることは許せないと……。

紐倉は、落ちる直前で言った入谷の言葉が思い出せずに言いましたが、今回彼の手帳を診てハッキリと思い出したのです。

「哲の助手でよかった。哲、ありがとう。あとは頼んだぞ、世界を救ってくれ」

思い出した瞬間、紐倉は泣きました。感情に囚われるな、と言っていた彼が、感情をあらわにした瞬間でした。

犬かいっ!

紐倉を信じ、支えたのは高家でした。今度のことで紐倉は、高家を”仲間”として”友”として大切な存在であると確信しました。

かだ紐倉の性格からして、面と向かってお礼を言うタイプではありません。

「やっぱり僕が間違っていた。やはりひとりでは何もできない。君は優秀な助手であり、大切な仲間だ」

高家が嬉しそうに近づくと、なんと紐倉は愛犬に対して言っていたのです。「犬かい!」とツッコミたくなった瞬間です。

面と向かっては言わないけれど、紐倉の思いは高家に伝わっているようですが、やはり彼も面と向かって聞きたいようでした。

そしてもうひとつ。実は、エボラを持ち帰ったのは入谷だけではありませんでした。福山の研究所にもまた、あの死のウイルスが冷凍保存されていたのです。

スポンサーリンク

『インハンド』5話の感想

今回は、くーっ!と泣かされる展開でした。紐倉に何があったのか、腕の秘密も明かされ、彼の人間性というのも見えてきたのも良かったと思います。

上司役で、久々に登場した時任三郎もいい味を出していました。ただ、ウイルスを持ち帰ったのが入谷だけでなかったとは……。

研究者としてエボラの治療薬開発を目指しているのか、それともそのウイルスでビジネスを展開させようとしているのか、いずれにしろ彼も危ない存在なのかもしれません。

紐倉の右腕を失った理由は判明しましたが、まだ彼がCDCはもとより、他機関から抹消された理由がハッキリ明かされていないので、今後の展開も必見ですね。

『インハンド』5話の視聴率は9.0%でした(ビデオリサーチ調べ、関東地区)