【花不棄〈カフキ〉】27話・28話のあらすじとネタバレ。莫若菲の再登場が熱い! | Dramas Note

【花不棄〈カフキ〉】27話・28話のあらすじとネタバレ。莫若菲の再登場が熱い!

出典:www.amazon.co.jp

作品紹介

【花不棄〈カフキ〉】あらすじ27話・28話。花不棄をさらった東方炻はすぐに彼女を解放したものの、後に朱家の商いを妨害します。さらには、入り婿になると朱家当主に宣言するのです。一方で陳煜は、出立するまえに花不棄に会いに行き……。この記事では、ネタバレ感想をお届けします。

花不棄<カフキ>作品情報 ➤

©2019 Kashi Feibao Culture Media Co., Ltd.
 公式サイト

製作

製作:2017年 中国

原題:小女花不弃

監督:チャー・チュンイー

キャスト:アリエル・リン、チャン・ビンビン、リン・ボーホン、クリス・スン、シン・オン、ソン・ウェンズオ、シャオ・シャンフェイ

動画配信

当サイトでご紹介しているものは2020年9月現在のものになります。状況により配信されていない場合がございますので各サービスでご確認ください。

関連記事

【月に咲く花の如く】
【永遠の桃花~三生三世~】

スポンサーリンク

【花不棄〈カフキ〉】あらすじ27話

東方炻の妨害

花不棄は東方炻とうほう・せきにさらわれてしまった。

蓮衣客れんいかく(=陳煜ちんいく)の配下が助けに現れるが、東方炻にバレてしまったため助けにきた男はその場で自死した。

東方炻は、蓮衣客がこれほどまでに花不棄を守ろうとするのを見て恋敵だと判断したようで、蓮衣客を殺すための策を考えはじめる。

花不棄の嘘の居場所を広めて蓮衣客をおびき出し、東方炻はそこで待ち伏せをして襲おうというのだ。

その策を聞いた花不棄は、激怒して東方炻の人間性を貶める。

「弱い者イジメしか能のない男なのね。あなたは蓮衣客と比べるのも失礼なほど最低な男」

すると、意外にも東方炻は考えを変えたようだ。

待ち伏せをやめて1人で蓮衣客を探すことにし、花不棄のこともすぐに朱家に帰すよう配下に命じた。

とはいえ、ただ素直に花不棄の言いなりになったわけでもない。

花不棄に「私を敵に回したことを後悔させてやる」と言い放った東方炻は、その後 朱家の商いを妨害しはじめた。

蓮衣客の正体

朱家に戻った花不棄は、さらった犯人を聞かれて「蓮衣客」だと答えたうえに、蓮衣客を賞金首にすると言う。

その理由は、東方炻が蓮衣客の命を狙っている今、蓮衣客に隠れていてほしいから。

蓮衣客を賞金首にすれば、蓮衣客はおのずと身を隠すだろうと読んでのことだった。

だが、その意図を知らない元崇げんすうは、蓮衣客が賞金首に仕立てあげられたことに激怒して朱家に乗り込んだ。

元崇は、蓮衣客の正体が陳煜だと知っているし、花不棄をさらった犯人が蓮衣客ではないことも知っている。

元崇に付き添っていた白漸飛はく・ざんひは、激怒した元崇の様子をみて疑問を抱く。

「なぜそんなに怒る?もしや、お前が蓮衣客なのか?」

蓮衣客の正体を言えない元崇はつい己が蓮衣客だと認めてしまい、その日から蓮衣客のフリをするハメになる。

蓮衣客に扮した元崇は、酔一台(飲食店)の大勢の客のまえで濡れ衣で賞金首になったと主張していた。

蓮衣客が酔一台にいるという噂はあっという間に広まり、ちょうど同じ町で花不棄を探していた雲瑯うんろうと丹沙の耳にも届く。

以前に花不棄に毒を盛ったのが蓮衣客だと思い込んでいる雲瑯は、すぐに酔一台へと向かい蓮衣客に戦いを挑んだ。

ところが、いざ戦った雲瑯は、蓮衣客の弱さから偽物だと見抜いて去った。

東方炻の申し出

東方炻の妨害により、朱家の商いはピンチに陥っていた。

花不棄は、数日前に自分をさらった本当の犯人が東方炻であることを朱家のみんなに打ち明け、そして東方炻が謎の男の孫であることも教えた。

そんな矢先、東方炻が朱家を訪ねてきて、当主の朱八華に「花不棄を娶りたい」と申し出る。

朱八華は、東方炻に対して厳しい態度で接した。

なぜなら、子供2人(朱華と薛菲せつひ)が死んだのは“謎の男“のせいだと思っているからだ。

そんな朱八華に、東方炻は言う。

「祖父(謎の男)は薛菲を愛していました。薛菲の亡骸をみつけた祖父の話によると、彼女は遅延性の毒を盛られていたらしい」と。

そしてその毒は、死にかけた花不棄が盛られた毒と同じものだという。

東方炻「薛菲を殺した本当の犯人が誰だか分かりましたね?」

花不棄に毒を盛ったのは莫夫人。
薛菲にも同じ毒が使われていたならば、薛菲を殺したのも莫夫人ということになる。
スポンサーリンク

【花不棄〈カフキ〉】あらすじ28話

入り婿

朱八華は、東方炻に何かを耳打ちされてから態度が軟化し、東方炻の帰宅後も顔のニヤつきが止まらずにいた。

何を耳打ちされたのか花不棄たちが問い詰めると、どうやら東方炻は「朱家の入り婿になる」と口にしたらしい。

この時代の男性が入り婿になることは己のプライドを捨てる行為といえるのだが、東方炻はそんなことは気にしていないようだ。

東方炻が入り婿となれば、謎の男との“結婚の約束“を果たしたことになり朱家の借金はなくなる。

そのうえ花不棄を手元に残しておけるのだから、朱八華からしてみれば悪くない条件なのだ。

しかし肝心の花不棄は、入り婿だろうと東方炻との結婚自体がありえないと憤る。

花不棄と陳煜の再会

ある晩。

陳煜は不棄に会いにいった。

実は2人は昼間も顔を合わせているのだが、その時は朱家の者が大勢いたため知らない者同士として振る舞った。

1対1で向き合った今、2人は言葉なく見つめあう。

先に口を開いたのは陳煜だった。

「父・信王は君を利用していた。この先は、決して誰にも君を利用させやしない」

花不棄はその言葉には応えず、「どうして同じ町にいながら会いに来てくれなかったの」と泣きながら陳煜の胸を叩いた。

そんな彼女の口をふさぐように、陳煜は口づけをした。

気持ちを確かめ合った2人は、これまでの出来事や将来のことを語らった。

陳煜は、東平郡での任務が終わったらこの地に戻ってきて花不棄と一緒に暮らすつもりだと話す。

花不棄はその言葉を聞いて喜んだ後、「でも実は借金返済のために結婚させられそうになっているの」と打ち明けた。

すると、陳煜は借金は一緒に返していこうと答えた。

翌日、陳煜は東平郡へ出立した。

柳青蕪の提案

陳煜に会いに来た柳青蕪りゅうせいぶは、柳明月を始末する策を思いついたから協力してほしいと申し出る。

その策を遂行するために、陳煜には柳青蕪に執心しているフリをしてほしいとのことだ。

陳煜はその策を了承し、惚れたフリを演じてみせる。

すると、柳青蕪は始終嬉しそうな表情を浮かべ、どうやら芝居を本気で受け取っている様子だ。

莫府。

柳青妍は、莫若菲ばく・じゃくひに捕らえられて軟禁されていた。

莫若菲は柳青妍に、明月山荘と戦うから協力してくれないかと話を持ちかける。

しかし柳青妍は、明月山荘には育ててもらった恩があると頑なだ。

すると莫若菲は、柳青妍の本当の両親を殺したのは柳明月であると話し、嘘だと思うなら自分で確かめてみるが良いと言うのだった。

スポンサーリンク

【花不棄〈カフキ〉】27話の感想

東方炻は、花不棄をさらったり商いを妨害したり、さらには蓮衣客を殺そうとしたりと悪役ポジションになりつつあります。

だからなのか、初めは可愛く見えていた純真スマイルが、今では邪悪スマイルに見えてきました。(同じ笑顔のはずなのに)

ただ彼は、花不棄の言葉を聞いて行動をあらためる素直さもあるので、まだ完全に悪人とは決めきれません。

それに、蓮衣客に殺意を抱いているのも、恋敵だからという彼なりの理由があり、裏を返せばそれだけ花不棄を好きだということ。

東方炻のその想いが、今後良いほうへ向かうのか悪いほうへ向かうのか、そのあたりも注目ポイントになりそうです。

近頃は元崇の存在感が増してきました。

賞金首の蓮衣客に扮すれば己の身が危険になるというのに、陳煜のために迷いなく扮する元崇の株が爆上がり

きっと、元崇自身はあまり深く考えていないのでしょうが、その屈託のなさが彼の良いところでもあります。

そんな彼だから、屈託のある陳煜との友情もうまくいっているのでしょう。

スポンサーリンク

【花不棄〈カフキ〉】28話の感想

ようやく花不棄と陳煜が再会しました!

言葉はなくとも2人の瞳からはいろいろな感情が感じられ、目ですべてを語る2人の演技に涙腺が緩みました。

2人の幸せなシーンをもう少し見ていたかったのですが、残念ながら陳煜は東平郡へ……。

すぐに離れ離れになってしまったのが惜しくはありますが、2人の愛はこの先も揺らぎそうにありません。

とはいえ、柳青蕪が陳煜を好きになったようなので、ラブラインに関してはまだまだ波乱が続きそうです。

そして、ようやく莫若菲が再登場しました!

中国ドラマでは、メインキャストであっても場合によっては数話の間 出演シーンがない、なんてことがザラにあります。

よくあることだと分かっていても推しキャラが出てこないのは寂しいもの。

きっと、多くの莫若菲ファンが彼女の再登場を待ちわびていたことでしょう。

*次回29話・30話のネタバレ感想はこちら。